卓球部

2013.11.15

全日本大学総合選手権個人の部 11月14日 兵庫・ベイコム総合体育館

全日学開幕!ダブルスは表彰台届かず

 あと一歩届かなかった。学生王者を決める全日本大学総合選手権個人の部(全日学)がことしも開幕。大会初日のきょうは、主にダブルスが行われた。ハイレベルな戦いが繰り広げられる中、早大勢は大島祐哉(スポ2=京都・東山)・山本勝也(スポ2=石川・遊学館)組、平舩亜美(社4=岩手・大野)・小室奈緒(スポ3=栃木・真岡女)組の2組がランク入り(※)。しかし、いずれもベスト4決定戦で敗れ、表彰台を逃した。

チキータする大島(左)・山本勝組

 またも、左に苦しんだ。大島・山本勝組は初戦こそ苦戦するものの、続く3、4回戦では余裕のストレート勝ち。練習期間、わずか2日と調整不足が懸念された中、2年連続のランク入りを決める。迎えた準々決勝、メダルをかけて対するは、因縁の相手、松生直明・藤木祥二(ともに中大)組。今季、春秋とも関東学生リーグ戦で黒星を喫しているペアに、今回も苦戦を強いられた。今までとは戦略を変え、レシーブから積極的に仕掛けにいくも、効果がない。何度もチキータを返されるなど、流れをつかむことができず、ゲームカウント1-3と惨敗。「左に対して、どうしたらいいのかまだ分からない」(山本勝)と、左利き・右利きのペアへの課題が浮き彫りとなった。

 女子は、リーグ戦レギュラーメンバーが結果を残せなかった。中尾優子(人4=岐阜・富田)・小道野結(スポ2=神奈川・横浜隼人)組はランク入りをかけた4回戦で、まさかの敗退。先日の秋季リーグ戦で最優秀ペア賞を獲得した2人が、早くも姿を消すこととなった。また、飛永亜希(スポ4=福岡・中村学園女)・佐藤風薫(スポ1=岡山・就実)組も、3回戦で終戦。「固くなっている自分がいた」(飛永)と、大舞台で実力を発揮できなかった。そんな中、昨年ベスト4の平舩・小室組が健闘。台から出るボールを積極的に打ちに行き、3年連続のランク入りを果たす。準々決勝で惜敗し、悔しさをにじませたが、「レベルは確実に上がった」(平舩)と2人で出場する最後の全日学を笑顔で締めくくった。

積極的に打ちにいく小室(左)・平舩組

 明日からは、本格的にシングルスが始まる。きょうのダブルスは1回戦から準々決勝まで行われたが、明日も一気にベスト8までを決める過密なタイムテーブルだ。体力が奪われていく中で、万全の態勢で臨めるかどうかが1つ、ポイントとなるだろう。また今回、今年度全日本選手権王者の丹羽孝希(明大)が出場するなど、例年以上にハイレベルな戦いが予想される。まずは最終日に残り、強豪たちと戦う切符を手にしたい。

(記事、写真 栗坂美祐)

※ ダブルスではベスト8以上、シングルスではベスト16以上を『ランク入り』と呼ぶ。

結果

▽男子ダブルス ベスト8 大島・山本勝組

▽女子ダブルス ベスト8 平舩・小室組

※ランク入り選手のみ掲載

コメント

平舩亜美(社4=岩手・大野)、小室奈緒(スポ3=栃木・真岡女)

――きょうの試合を振り返って

平舩 いつもは一回戦とかでつまずいたりするんですけど、一回目の入りから結構良かったので安定してた感があります。

小室 思ったよりも緊張しなくて、最初から自分のプレーができたと思います。

――置きに行くというよりはかなり強気に攻められていたと思いますが

平舩 そうですね。いつもは結構色々考えちゃうんですけど、今回は自然に体が動きました。結構練習でやっていたのは、試合に出たかなと思います。

小室 わたしはあんまりストップされなかったので台から出るボールを全部(打ちに)いこうと思ってて。それでつっつきとかフリックとかで台から出てきたので、ストップされなかったから自分の調子が上がってきたのかなと思います。

――かなり練習の期間は長かったのですか

平舩 わたしはリーグ戦終わってからフリーだったので(笑)、あんまりしなくて。でも試合前になったらちゃんとやり込んでいたので、感覚はちゃんと戻っていたし、練習も追い込んでいたので、練習していないという不安はなかったです。

――ベスト4を決める試合では、今大会初めて相手にリードを奪われる試合展開でしたが、その難しさはありましたか

平舩 結構私の体力とか集中力が薄れてきてたというのが本当に反省としてあるんですけど、戦い方としてもうちょっとこうしてれば良かったなというのがあります。1ゲーム目がすごくストップで点を取っていたので、それをもうちょっとできれば楽だったのかなって思います。

小室 調子が良かったのでいきすぎました。いきすぎたというか決めにいきすぎました。

――どうしてストップを使い続けなかったんですか?

平舩 ストップできるボールが来なかったというか、自分たちがストップできるボールを出せなかったというのがありますし、途中から回転が分からなくなってきて。ちょっと切れてると思ったらナックルで浮いてしまってというのがあったので、そこでストップで点を取りたいという頭が段々無くなってきて、打っちゃったボールがたくさんありました。

――昨年ベスト4に入った大会と今大会を比べて

平舩 相手が強かったので、結構対策とかしてて。でも意外と蓋を開けてみたら自分たちの出来が良かったので、レベルは確実に上がったかなと思えた試合でした。

小室 その分残りたかったですね。

――結果を除いては満足しているということですか

平舩 結果を除いては、意外と良かったよねという感じです。試合中もいつもより楽しんでできたので、結果を置いたら良かったなって思います。

――2人で出られる最後の全日学でしたが振り返って

平舩 私たちは全日学で結果が出るのに、他だとすぐ負けて、試合内容も意味が分からいといのが多くて(笑)。全日学なら勝てるという自信も多少あって、結果的にはいい思い出ばかりです。その過程に色々なことがあったので、結果に重みがあるというか、他では結果が出せなかったけど、自分たちでやってきたことが形になって、自信を持っていいのかなと思いました。

小室 きょうのラン決でエッジのボール一本取って、それがすごい印象的です。すごく覚えてます(笑)。振ったら入っちゃったみたいな。あの集中力を保っていかなければだめでしたね。

平舩 タイムテーブル的にも、一気に4回あってきつかったですね。練習不足がここで出たかという感じでした。

小室 トレーニング不足でしたね。

飛永亜希(スポ4=福岡・中村学園女)

――きょうの試合を振り返って

やっぱり最後の試合というので、固くなっている自分がいて、焦りとか色々あって思うようなプレーができないときとかあったんですけど、2人で声を掛け合ってできました。結果負けたんですけど、楽しく試合できたから良かったかなって思います。

――フルゲームとなって、かなり苦しい試合展開でしたが心境は

何としてでも前半離されずについてって、後半自分たちのペースでいきたかったんですけど、結構最後になって緊張とか力みとかがでてきてうまくいかないことが多かったので、ちょっと悔しいです。

――試合直後は肩を落とされていましたが、「もう少しできた」という思いがあったのでしょうか

思い切っていけない部分があって。打った後に「思い切っていけばよかった」って。安全策を取ってしまったので、安全じゃなくて攻めの気持ちでいかなきゃいけない場面が何回もあったのにいけなかった自分に後悔があります。最後、チャンスボール来てたのにうまく入れられなくて、あれから全然挽回のチャンスがあったのに、無駄にしてしまったのがとても悔しいです。

――あしたのシングルスに向けて

ダブルス負けて吹っ切れた部分があるので、もう緊張なんかせずに、勝ち負け気にせずに自分のプレーをすることを考えて、楽しんでやろうかなって思います。

――具体的な目標は

久々にいいところに入ったので、ランクできれば入りたいです。でも、意識しすぎるとどうしても固くなっちゃうと思うので、一戦一戦さっきよりもいい試合、さっきよりもいいボールが打てるように自分の中で調子を上げていって、ラン決でいいパフォーマンスができる状態に持っていきたいです。

山本勝也(スポ2=石川・遊学館)

――きょうの試合を振り返って

きょうの試合は第一戦目から競ってしまって。でも第二戦から切り替えて、第二戦、三戦はすごく良かったです。第四戦は、相手の力が上な気がしました。

――4試合目は今季、春秋とリーグ戦で負けている藤木・松生組との対戦でしたが、対策は

台上がうまいペアなので、今までは相手の台上に合わせてこっちも丁寧に丁寧に攻めてたんですけど、今回はレシーブを積極的に長くいくことを心がけました。

――チキータを返されるなど、積極的に仕掛けにいった球を返されることが多かったと思いますが

そうですね。チキータも全然効かないときがあって。だからといってストップしても自分らの展開に持っていけなくて、流れがつかめなかったです。

――左効きの選手がいるペアにまだ苦手意識があるということですか

そうですね。サーブもそうだし、3球目もそうだし、少し違うボールが返ってくるので。左に対してどういう風にしたらいいのかっていうのは、まだまだ分からないところが多いです。

――今回、2人で練習される時間はどれくらいありましたか

2日ぐらいしかやってないですね。大島(祐哉)が病気になってしまって、結局2日ぐらい練習して、試合に臨みました。

――限られた時間の中で調整も難しかったですか

そうですね。それで第一戦が思うようにいかなかったです。

――あしたのシングルスに向けて

あした一気にベスト8まで決めるので、最終日に残れるように頑張りたいです。