野球部

2013.11.06

秋季新人戦 11月5日 神宮球場

投手戦の末に…明大に悔しいサヨナラ負け

TEAM
早大
明大 ×1
竹内、●内田-道端
◇(二塁打)河原

 前日投手戦の末、慶大を下した早大は準決勝で明大と対戦した。試合はまたもや投手戦の展開に。両軍とも先発投手が好投し、スコアボードにはゼロ行進が続いた。しかし9回裏、2死満塁のピンチを迎えると最後は海部大斗に左前への適時打を許し、0-1でサヨナラ負け。決勝進出とはならず、翌日の3位決定戦に回ることとなった。

 飛び込んだ左翼手・重信慎之介(教2=東京・早実)のグラブにボールが収まることはなかった。同点で迎えた9回裏、8回からマウンドに上がった内田聖人(教2=東京・早実)は自らの悪送球を含む二つの失策と四球で2死満塁のピンチを迎える。暴投も四死球も許されないこの場面、海部に粘られると、フルカウントからの高めに入った6球目を左前に弾き返された。この打球に対し重信はダイビングキャッチを試みるも届かず、無念のサヨナラ負けとなった。先発の竹内諒(スポ1=三重・松阪)が再三のピンチを無得点に抑えていただけに最終回の守備の乱れが悔やまれる結果となった。

7回無失点の好投を見せた竹内

 先発の竹内は毎回のように走者を出しても要所をきっちりと締めた。立ち上がりは、3回まで得点圏に走者を背負う苦しい展開に。この窮地をどちらも邪飛で乗り切ると、中盤以降は本来の持ち味を存分に出した投球を見せ始める。1死から初の長打を浴びた6回も後続を内野ゴロに打ち取り、この後も我慢の投球で7回まで無失点を続けた。外角の直球と変化球を有効に使い、決定打を許さない粘り強さが光った竹内。今回の好投で来季の先発投手争いにまた新たな左腕が名乗りを上げた。

 この日も攻撃から試合を優位に進めることはできなかった。序盤から明大先発・柳裕也のコースを突く投球の前に、5回まで無安打に抑え込まれる。ようやく突破口を見出したのは6回、先頭の道端俊輔(スポ2=智弁和歌山)がチーム初安打となる中前打で出塁。犠打で送り1死二塁とするも、後続が倒れ、無得点に終わる。先頭打者が内野安打で出塁した9回にも、犠打失敗など思うような攻撃をすることができず、結果的に完封負け。得点機は確かにあった。しかし勝負どころでギアを上げた柳の前に、得点を挙げることは容易ではなかった。

サヨナラ打を浴び肩を落とす内田

 打線の低迷を露呈してしまった早大。投手陣は踏ん張っているだけに、やはり打撃陣の奮起が求められる。あすの3位決定戦の相手は田村伊知郎ら力のある投手陣を擁する立大。昨秋の3位決定戦でも敗れている難敵を打ち崩し、「早大ここにあり」という姿を焼き付けてこの新人戦を終えたい。若武者たちは正念場を迎えている。

(記事 井上義之、写真 浦井拓也、芦沢仁美)