相撲部

2013.11.02

第91回全国学生選手権(個人戦) 大阪・堺市大浜公園相撲場 11月2日

全選手が屈辱の初戦敗退

 今季の集大成となる全国学生選手権(インカレ)。大会初日の個人戦に臨んだワセダは、「きょうのところは全く駄目」(塚本直紀主将、スポ4=鳥取城北)と、まさかの出場全選手が初戦敗退という悔しい結果に終わった。団体戦があすに控えるが、気持ちを切り替え、悲願のAクラス(1部)昇格に向けてチームとして雪辱を果たしたい。

 初めてのインカレに挑んだ小山勇太(スポ1=神奈川・向の岡工)は緊張した面持ちで土俵に上がった。宇佐美参段(朝日大)に対し果敢に攻めるも、すぐに跳ね返されてしまう。持ち味である前への推進力を発揮することができず、突き出しで敗れた。また全国学生個人体重別選手権でベスト8に輝いた前川晋作(社1=東京・早実)も、体格で勝る相手になすすべなく押し出された。

本来の押し相撲ができなかった小山

 塚本はまわしを取って粘る相撲を得意とする。しかしこの日の取り組みでは「相手の圧力を止めきれなかった」(塚本)と実力を出し切れず、押し倒しで土がついた。すでに全選手が敗退し、期待を一身に背負った榊原祥孝(社2=千葉・専大松戸)。恵まれた体格を生かした押し相撲で知念初段(朝日大)を土俵際に追い込む。しかしあとひと押しのところで悪夢が待っていた。一瞬の気の緩みから左腕をつかまれると、相手が後ろに反るのと同時に投げ倒されてしまう。決まり手は居反り(いぞり)。勝ちパターンに持って行きながら、大逆転での敗北に榊原は落胆した表情を浮かべた。

相手を土俵際まで押し込む榊原

 「あしたはみんながいるので大丈夫」(小山)。緊張の面影が見受けられ、本来の力を出すことができなかった1年生。塚本が「あすは団体戦なので、もっとみんなで戦っている感が出る」と語るように、チームとして団結し、日頃の練習の成果を精一杯発揮することが求められる。初戦の国士舘大戦を確実にものにし、2回戦で1部との入れ替え戦出場権をかけた重要な一戦を迎えたい。そして『挑戦者』として上位進出を狙う。

(記事、写真 佐藤裕樹)

結果

塚本参段
2回戦
菊池参段(駒大)押し倒し●

榊原参段
2回戦
知念初段(朝日大)居反り●

小山弐段
1回戦
宇佐美参段(朝日大)突き出し●

前川初段
1回戦
田中参段(明大)押し出し●

中田(同好会)
1回戦
田村初段(大歯大)不戦○
2回戦
矢後弐段(中大)押し出し●

コメント

塚本直紀主将(スポ4=鳥取城北)

――初戦敗退という結果でしたが、ご自身の試合を振り返っていかがですか

やる前は勝てるチャンスはあったと思いました。まわしを取ったらチャンスがあったのですが、まわしが取れなくて負けてしまいました。相手の圧力を止めきれなかったので、まわし取れず負けてしまいました。

――あすの取り組みに向けて変えようと思うことはありますか

自分はまわしを取れないと勝てないので、いつもと変えることはないです。

――チームとしては全選手が初戦敗退となってしまいました

榊(榊原祥孝、社2=千葉・専大松戸)が明らかに緊張していたので少し心配していました。1年生は元気がなく、緊張していたのかもしれませんが、練習通りではありませんでした。きょうのところは全く駄目です。

――あすの団体戦に向けて

あすは団体戦なので、もっとみんなで戦っている感が出ます。団体戦の方が気持ちも入りますし、もう少し力が出せると思います。

――あすは競技生活最後の土俵となりますが意気込みをお願いします

負ければ悔いが絶対残るのですが、とりあえずやり切るということです。どうせ悔いが残るなら派手に負けたいなと思います。