競走部

2013.11.02

第45回全日本大学駅伝対校選手権 11月3日 愛知・熱田神宮西門前〜三重・伊勢神宮内宮宇治橋前

全日本駅伝展望

 学生三大駅伝の2戦目である全日本大学駅伝対校選手権が、あす開幕する。ルーキー3名を含むフレッシュな布陣で伊勢路に臨むことを、本日のオーダー発表で明らかにした早大だが、今回こそ優勝に手が届くのであろうか。

 1区を務めるのは昨年と同じく柳利幸(教2=埼玉・早大本庄)だ。10月に行われた出雲全日本大学選抜駅伝(出雲)では脱水症状の影響もあり1区9位と出遅れた柳。しかし渡辺康幸駅伝監督(平8人卒=千葉・市船橋)から「リベンジの機会を与えてやりたいし、来年度以降のことを考えると主力にならなければいけない」と期待を込められて1区に再挑戦する。2区には大エース大迫。彼の走りで早大に流れを呼び込む作戦だろう。前半重視のオーダーでここで他校に差をつけたい早大にとって、前半2区間がポイント区間となることは間違いない。3区にはスーパールーキーと呼び声高い平和真(スポ1=愛知・豊川工)が大学駅伝デビューを飾る。春先から不本意な結果が続く平だが最近は復調傾向。ここでうまく4区・山本修平(スポ3=愛知・時習館)へと繋げるか。準エース区間を走る山本は前回大会区間2位。今回も果敢に攻める走りが求められる。

 山本からは5区を走る武田凜太郎(スポ1=東京・早実)へタスキが渡る。出雲駅伝では堅実な走りを見せたが、距離が伸びた今回の駅伝でも対応できるか注目だ。6区の高田康暉(スポ2=鹿児島実)は先日1万メートルの自己ベストを出したばかり。切れのあるスピードを武器に走り抜ける。7区には井戸浩貴(商1=兵庫・龍野)が大学駅伝初出走。一般入試での入学からすぐに頭角を現したランナーである。学内での選考を勝ち抜きエンジを手にした勢いに乗って駆け抜けたい。エースが集う最長区間のアンカーを任されたのは田中鴻佑(法4=京都・洛南)。「このようなオーダーしか組めなかった、層の薄さ」と渡辺監督は言うが、田中は関東インカレでもハーフ12位と長い距離に分はある。逃げ切るには2分くらい必要であると言う指揮官の予想を、良い意味で裏切ることができるか。

 今回のメンバーは序盤で流れにさえ乗れれば、勢いで逃げ切ることができるオーダーだ。「前半でしっかり食い込めれば面白くなる」(渡辺監督)と前半重視のオーダーで伊勢路制覇を目指す。そのためには上級生やルーキー問わず実力を余すところなく発揮することが不可欠だ。あす8時5分号砲。早大の真価が問われる。

(記事 西脇敦史)

第45回全日本大学駅伝対校選手権
区間 距離 名前 学部・学年 出身校
1区 14.5キロ 柳利幸 教2 早大本庄
2区 13.2キロ 大迫傑 スポ4 佐久長聖
3区 9.5キロ 平和真 スポ1 豊川工
4区 14.0キロ 山本修平 スポ3 時習館
5区 11.6キロ 武田凜太郎 スポ1 早実
6区 12.3キロ 高田康暉 スポ2 鹿児島実
7区 11.9キロ 井戸浩貴 商1 龍野
8区 19.7キロ 田中鴻佑 法4 洛南
補欠    中村信一郎 スポ2 高松工芸
      三浦雅裕 スポ2 西脇工
      佐藤淳 スポ1 明和

1区 14.6キロ:柳利幸(教2=埼玉・早大本庄)

1993(平5)4月23日。171センチ、58キロ。

5000メートル 14分02秒13

ハーフマラソン 1時間3分26秒

先日行われた出雲ではスターターに起用されるも脱水症状を引き起こしまさかのブレーキ。一時は責任を感じていたようだがチームメイトに励まされ、雪辱を果たすため再びスタートに立つ。

大迫

2区 13.2キロ:大迫傑(スポ4=長野・佐久長聖)

1991年(平3)5月23日生まれ。170センチ、53キロ

5000メートル 13分27秒54

1万メートル 27分38秒31

ハーフマラソン 1時間1分47秒

今夏の世界選手権1万メートルに出場するなど、いまや日本陸上界をけん引する早大のエース。大学駅伝の区間賞は2年次の東京箱根間往復大学駅伝から遠ざかっているが、そのスピードにはますます磨きがかかっている。

3区 9.5キロ:平和真(スポ1=愛知・豊川工)

1994年(平6)11月5日生まれ。177.8センチ。57キロ。

5000メートル 13分55秒64

1万メートル 29分11秒26

ハーフマラソン ――

昨年度全国高校総体5000メートル日本人トップという輝かしい功績を持つ期待のルーキー。お互いライバルと称する武田が出雲に出場し悔しかったという平。出雲の分の悔しさも全日本にぶつける。

山本

4区 14.0キロ:山本修平(スポ3=愛知・時習館)

1991(平3)5月24日生まれ。168センチ、49キロ。

5000メートル 13分42秒17

1万メートル 28分14秒49

ハーフマラソン 1時間2分14秒

夏合宿では後輩に遅れをとるなど不調が心配された山本だが、出雲では安定した走りを見せるなど準エースの貫禄を見せつけた。トラックシーズンが奮わなかった分、駅伝でその力を遺憾なく発揮する。

武田

5区 11.6キロ:武田凜太郎(スポ1=東京・早実)

1994(平6)4月5日生まれ。174センチ、55キロ。

5000メートル 13分58秒83

1万メートル 29分04秒20

ハーフマラソン ――

全国高校駅伝の出場経験こそないが、出雲での大学駅伝デビューでは4区区間5位とうまくまとめた。安定性が重要な駅伝において、自身の価値を高められるか。大学駅伝第二戦の走りにも注目が集まる。

高田

6区 11.6キロ:高田康暉(スポ2=鹿児島実)

1993(平5)6月13日生まれ。170センチ、54キロ。

5000メートル 14分18秒28

1万メートル 29分04秒47

ハーフマラソン 1時間3分26秒

夏から調子の良いという高田だが、出雲では無難にレースをまとめるに留まった。その後の学内1万メートル記録会で部内トップで、自己ベストを叩き出した。練習だけではなくレースでもしっかりとした結果を残したいと語る高田。有言実行なるか。

井戸

7区 11.9キロ:井戸浩貴(商1=兵庫・龍野)

1994(平6)7月20日生まれ。170.5センチ。59キロ。

5000メートル 14分16秒20

1万メートル 29分29秒48

ハーフマラソン ——

中学時代から実績を積み重ねるも早大に一般入試で入学した努力家。地道な走りで早大入学後も大きく自己ベストを延ばしている成長株。元気のよい1年生がチームを勢いづける。

田中

8区 19.7キロ:田中鴻佑(法4=京都・洛南)

1991年(平3)11月25日生まれ。181センチ、63キロ。

5000メートル 14分24秒98

1万メートル 29分28秒2

ハーフマラソン 1時間4分06秒

チームをあけることの多い大迫に代わり、日常からチームを鼓舞している。出雲は出走を逃したが直後の記録会で自己ベストに近いタイムを叩き出すなど好調を保つ。

中村信

補欠:中村信一郎(スポ2=香川・高松工芸)

1993(平5)4月14日生まれ。173センチ、55キロ。

5000メートル14分27秒29

1万メートル 29分55秒75

ハーフマラソン 1時間5分58秒

三浦

補欠:三浦雅裕(スポ2=兵庫・西脇工)

1993年(平5)8月23日生まれ。166センチ。50.5キロ。

5000メートル 14分11秒94

1万メートル 29分42秒50

ハーフマラソン 1時間3分31秒

佐藤淳

補欠:佐藤淳(スポ1=愛知・明和)

1994年(平6)4月12日生まれ。168センチ。48キロ。

5000メートル 14分19秒00

1万メートル 29分37秒08

ハーフマラソン ——