庭球部

2013.10.31

女子49回全日本大学対抗王座決定試合 10月28日 @東京・有明テニスの森公園

伝統の一戦を制し、決勝へ

 宿敵・慶大と全日本大学対抗王座決定試合(王座)、準決勝の舞台で早くも相まみえることとなった。ダブルス2の梶谷桜舞(スポ2=東京・富士見丘)・林恵里奈(スポ1=福井・仁愛女)組、シングルス3の宮地真知香(社2=福岡・折尾愛真)、シングルス2の林が勝利し、3-2の僅差で慶大を撃破。8連覇まであと一つとせまった。

ポイントを奪いガッツポーズする梶谷(右)・林組

 慶大のダブルスは全日本学生選手権(インカレ)優勝、準優勝の2組を並べ、早大にとっては非常に手ごわい相手だ。ダブルス1の長谷川茉美女子部主将(スポ4=熊本・ルーテル学院)・吉冨愛子(スポ2=愛知・椙山女学園)組の相手は、今季4度目の対戦となる池田玲・西本恵組。過去3回の対戦はすべて敗れているが、積極的に前衛を抜いていく攻めが功を奏し、第1セットを奪う。しかし徐々にインカレ優勝の底力を発揮してきた慶大ペアの前に屈し、2セットを連取され敗れた。ダブルス2の梶谷・林組は第1セット、5-2とリードを奪うが、初めて相手にサービスゲームをキープされるとずるずるとゲームを落としゲームカウントは5-5に。ここで隣のコートでダブルス1が第1セットを取ったのが目に入る。「それが自分たちにとって良い影響を与えてくれて」(梶谷)と、ギアを入れ替えた梶谷・林組は2ゲームを連取して第1セットを奪う。その勢いのまま1ゲームも落とすことなく勝利をつかんだ。

勝利を決める貴重な1勝を上げた林

 リーグ戦同様、ダブルスを1勝1敗のタイとしてシングルスに突入した早大。今季の早慶戦で一度も勝てていない慶大エース西本との対戦の前に勝利を決めたい早大は、コートに宮地と林を送り込んだ。シングルス3の宮地はどんなボールでも冷静にコートに打ち返し、相手に思うようなテニスをさせない。落としたゲームはわずかに2ゲームという圧勝でチームに勢いをもたらす。一方隣のコート、シングルス2の林は序盤、強打で攻めてくる坂元君佳に苦戦する。しかし林が深くボールを返すことを意識し始めると、坂元にミスが生まれ始める。1年生とは思えない落ち着いた試合運びで2セットを連取してストレート勝ち。この瞬間決勝進出が決まり、チームは歓喜に沸いた。

 シングルス1の吉冨は健闘むなしく敗れたが、早大は決勝への切符を手にした。決勝の相手は昨季の決勝と同じく関学大。昨季、シングルス1の桑田寛子(平25社卒=現島津製作所)の試合まで勝負の行方がもつれた強敵だ。今季の早大には桑田のようなエースはいない。しかし「全員で勝ちにいきたい」(梶谷)との言葉通り、一人一人の思いが優勝に結びつくはずだ。前人未到の8連覇へ――。舞台は整った。

(記事 高橋千秋、写真 細川香衣、松下優)

結果

○早大3-2慶大

D1●長谷川女子部主将・吉冨組6-2、4-6、2-6池田・西本組

D2○梶谷・林組7-5、6-0藤岡莉子・安形玲耶組

S1●吉冨2-6、6-7(10)西本

S2○林6-4、6-2坂元

S3○宮地6-2、6-0藤岡

コメント

長谷川茉美女子部主将(スポ4=熊本・ルーテル学院)

――きょうの慶大戦はどのような気持ちで臨みましたか

春の早慶戦と秋のリーグ戦の早慶戦では勝てたんですけれど、そのときよりもシングルスの本数が少ない計5本の戦いで、相手はダブルス1、シングルス1の西本のポイントが確実に取れる計算だと思いました。こっちはそれ以外で確実に取って、西本が絡んでいるところも取れるようにしようと意識はしていました。

――ダブルスの試合ではどのセットも接戦となりましたが、セットを取ったときと取られたときの違いはどこにありましたか

秋のリーグ戦では1-6、1-6と簡単に負けてしまっていたので、それ以下はないと思っていました。春の早慶戦や春関(関東学生トーナメント)のときのように、しっかりと自分のプレーを出し切って、球の勢いだとか動きのスピードで圧倒できたかなというのがファーストセットの印象です。セカンドセットはファーストゲームは相手にキープされてしまったんですけれど、そこからお互いにキープ、キープでシーソーゲームになって、3-5から一個ブレークをして5-5にできそうなゲームポイントもあったんですが、取り切れなくて3-5で落としてしまったというのは本当にもったいなかったです。5-5にしておけばセカンドセットも分からなかったんですけれど、簡単にセットをくれる相手でもなかったです。ファイナルセットは0-5になったのが敗因だと思います。そこから頑張って2ゲーム取ったんですけれど、もっと0-3とか最初の方で抑えておきたかったです。

――今季4度目の対戦でしたが、改めて相手の印象はいかがですか

春関や早慶戦では私たちも怖いものなしで、勢いでプレーして相手も私たちの勢いに押される状況だったと思います。でもリーグ戦では相手がインカレで優勝して1週間ちょっと経って自信もついていて、一個一個丁寧で、2人のコミュニケーションとかがすごく良かったです。今回は私たちもリーグ戦が駄目だったので春関などを意識して、プレッシャーは多少はあったんですけれど、受け身にならずにどんどんチャレンジャーの気持ちで打ち抜いていきました。相手もインカレを優勝したことで、勝たなきゃっていう気持ちが強かったと思うので、最初の方は固くなってミスをしているのかなという印象がありました。

――ダブルスを1-1で終え、シングルスに向かうまでのチームの雰囲気はいかがでしたか

1-1になれば下2つは堅いので、ちょっとは余裕を持ってシングルスの3人はプレーできるかなと思っていたので、本当は2-0にしたかったです。だけど0-2にならなかっただけでも良かったなとちょっと思っていて、プレッシャーを感じることなく、自分たちのプレーをしてもらうように伝えて送り出しました。

――きょうは林選手が勝利に大きく貢献しましたが

きのう林はシングルス1で出て、すごく相手もうまくて強かったので手こずった部分はあったと思うんですけれど、きょうは1回経験したことが大きかったのか、のびのびとプレーしていました。ダブルスも5-2から5-5に追い付かれて、すごくピンチな状況だったんですけれど、彼女も高校のときから団体戦を経験しているので、勝負強い部分を発揮できたことが、今回貢献したっていうかたちになったのかなと思います。

――関学大との決勝に向けて意気込みをお願いします

きょうよりもさらにチーム力もあって強いチームだと思うので、ダブルスでどう勝負できるかがカギになると思います。2-0にできるようなオーダーをしっかり考えていきたいです。関学大もことしは絶対に優勝する気持ちでいると思いますが、それを跳ね返すだけの力がワセダにはあると思うので、全力で戦いたいと思います。

梶谷桜舞(スポ2=東京・富士見丘)

――きょうの試合を振り返って率直な感想を聞かせてください

本当に緊張しました。でも、1か月前のリーグ戦ではストレートで勝っていたんですけど、相手の方がインカレ準優勝で上だったので、もう一回チャレンジャー精神でしっかりやろうという風に思っていて、勝てて本当に良かったです。

――以前戦ったことのある相手でしたが、きょうはさらに手ごわかったという印象でしたか

試合の入り5分アップの時から相手が強打をしてきて、勝ちに行こうという気持ちが凄く表れていて、不安がぶわっと湧き出てきて緊張してしまって。実際やってみて、ストレートアタック、強気なプレーが前よりも多くて、私たちも押された部分も前より多かったです。

――梶谷・林組の前に先輩の長谷川・吉富組の試合がありましたが、そこでの勝利が自身の試合を後押ししたという感覚はありましたか

私たちはファーストが5-2だったんですけど5-5まで行ってしまって。でも、その時に隣の茉美さんと吉富のダブルスがファーストを6-2で取っていたので、それが自分たちにとって良い影響を与えてくれて、隣が良いプレーをしているから自分たちも頑張ろうという風に5-5から出来て。ファーストを勢いよくとってくれていたのが凄くありがたかったです。

――きょうに向けて話し合われていたことなどはありましたか

ケイオーとはくじで2分の1の確率で当たるということで、ケイオーが来ても関大が来ても(いいように)いろいろ分析とかはしてきたんですけど、やはりケイオーとはダブルスがカギになると全員で何度も話をしていて、ダブルスでいかに2-0をつけてシングルスの3人に良いプレーをしてもらうかということで、シングルスというよりはダブルスに時間をかけて話し合ったり練習をしたりしていました。

――昨年から変わったと思う点はありましたか

凄く変わったというか(笑)。私、ずっとボーラ―をやっていて、まさか王座の舞台に選手として立てるとは思っていなかったので、そこが一番大きく変わったという点だと思います。

――第1セット第3ゲームでダブルフォルトが3回ありましたが、その点を振り返っていかがですか

あの時はリードしてブレークして、このセットはいけると思った時に、キープしたいという気持ちが強くて、そこでなぜか凄く緊張してしまってダブルフォルトを3本もしてしまって、本当に林や応援の方やベンチの隼さん(渡辺コーチ、平19スポ卒=静岡・庵原)に申し訳ないなという気持ちがあって。そのゲームが終わってベンチに戻ったら、ベンチで隼さんが「大丈夫、切り替えていこう」という風に念を押してくださって、そこから次のリターンゲームは吹っ切れたので、良くはなかったんですけど、そのゲームをきっかけに吹っ切れた部分はありました。

――関大戦に向けての抱負を語ってください

相手は本当に強くて、ダブルスもシングルスも隙のないチームなので、自分はまずコートに入ったら元気を出して、林と二人でチームを盛り上げられるようなプレーをしたいです。この日のために練習を乗り越えてきたので、全員で勝ちにいきたいと思います。

吉冨愛子(スポ2=愛知・椙山女学園)

――まずダブルスの試合を振り返っていかがですか

リーグ戦と同じ対戦になりましたが、リーグ戦のときは自分たちの力を全然出し切れないまま、大差をつけられて負けてしまっていました。今回は絶対勝つという気持ちよりも固くなってしまったので、向かっていく、思い切ってやるということをやろうとしていて、それはできたかなと思っています。

――西本・池田組とは4回目の対戦でしたが、対戦前に意識しましたか

4回目ということは意識しなかったのですけれど、やはりいままで勝ったことがない相手で、最初の2回はファイナルセットで負けて、この間リーグ戦でボコボコにされてしまっていました。きょうはあまりいろんなことを考えないで、とにかくラケットを振って打っていくということだけだったので、そういうことはあまり考えていなかったです。

――取れた第1セットと落としてしまった第2、最終セットで、何か違いはありましたか

最初はストレートアタックなどがとても効いていて、相手もなかなか乗れてこなかったと思うのですけれど、やはりセカンドセットでそれを取られ始めたときに、自分たちのミスが出てしまったのと、セカンドセットも取るチャンスはあったと思うんですけど、やはりファイナルセットに入って自分たちのミスが早くなってしまったということが、ファーストセットとセカンド、ファイナルセットとの差かなと思います。

――第2セットが終わったとき、ちょうど隣りのコートで梶谷・林組が勝利を決めていました。それによって励まされたなど、何か影響はありましたか

自分たちもセカンドセットを取ろうと思って3-5から4-5になり、そこで励まされて、それまで少し引いていたのですけれど、積極的なプレーをしていきました。ミスをしてしまったので何とも言えないですけれど…。

――きのうに比べると調子は上がっているように見えましたがいかがですか

そうですね、きのうは気持ちの面でとても引いてしまって、それがプレーに出てしまったので、きょうは気持ちを強く持って、負けてしまってはいたのですけれど、きのうよりは気持ちの面では良かったかなと思います。

――次にシングルスの試合を振り返っていかがでしたか

出だしがちょっと悪すぎたなと思います。やはり先に打たれて自分が引いてしまって、それをどうにかしようと思っていたのですけれど、それをどうにかできるところに持っていくのに時間がかかってしまったなと思いました。

――西本選手との試合ということで何か意識しましたか

打たれる前に自分が揺さぶらなければということと、ペースを考えて速いテンポでラリーしないということを意識していたのですけれど、やはり最初の方はそれを意識し過ぎて、自分の持ち味が出せていなかったかなと思います。

――第1セットは2-6でしたが、第セット目はタイブレーク10-12までもつれ込む展開でした。第1セットと第2セットで違いはありましたか

1セット目は自分が打たれてその後コートの外にアウトしてしまうかたちだったので、コートの中を狙っていくということを意識してやりました。

――シングルス1としてのプレッシャーはありましたか

仲間が勝ってくれて、勝ちは決まっていたのですけれど、やはりワセダとしてもう1本欲しいという気持ちが意外と強く出てしまって、最初ちょっと緊張して固くなってしまいました。

――最後に決勝への意気込みをお願いします

あしたはやっぱり緊張すると思いますが、勝ったら本当にうれしいと思うので、きょうより自分で自分を盛り上げてみんなと協力して頑張りたいと思います。

林恵里奈(スポ1=福井・仁愛女)

――決勝進出おめでとうございます。いまのお気持ちからお願いします

ケイオーに勝てて素直にうれしいですね。シングルスの相手がインカレで宮地さんに勝っていた相手というのもあってすごい嫌だなって思っていたんですけれども、思ったよりも自分のプレーができていたので良かったと思います。

――ダブルスの試合で、いつもよりも強気に攻めていました

ファーストセットは5-3から相手に取られたと思うんですけど、7-5で(セットを)とって、その気持ちが切れずに最後までできたのが勝ちにつながったのかなと思います。

――隣のコート試合をしていた長谷川女子部主将・吉冨組が先に1セットを奪いましたが、それはいい影響になりましたか

リーグのときはあっさり負けてしまったのにファーストセットを6-2で取っていて、向こうも頑張っているからこっちも頑張らないといけないなと思いました。

――先ほどの話にもありましたが、シングルスで対戦した坂元選手の実際戦ってみた印象はいかがでしたか

きのうやった中京大の高松(奈央)さんみたいにボールが伸びてきていて、すごいフォア(ハンド)に集められていたんですけど、きのう高松さんとやっていたから、きつかったんですけど、慣れていたというのもあって、そんなにきつくはなかったです。その対処法として、良いボールじゃなくてもとりあえず深く返そうと思っていて、それで坂元さんが焦りのミスとかをしてくれました。リーグのときに長谷川さんとやったシングルスの時とは違って、ミスしないようなボールをミスってくれていたので、相手のミスで助かった部分もあったかなと思います。

――林選手が勝ったことで、チームの勝利も決まりました

隣で宮地さんが勝ってくださって、これで自分がとったら決勝進出だなっていうのは考えていたんですけど、でもそれを思いすぎるとプレーが硬くなりすぎるかなと思ったので、一瞬思ったんですけどそれは忘れようと心がけていました。

――決勝はダブルスの強い関学大との対戦ですが、決勝に向けて意気込みをお願いします

ダブルスはケイオーのインカレ準優勝しているペアに勝っているので、それを自信にして、あしたの試合もきょうみたいに強気でいこうと思います。