ホッケー部

2013.10.30

秋季関東学生リーグ 10月27日 早大東伏見グラウンド

早慶戦を制し、3位でリーグ戦を終える

 秋季関東学生リーグ(リーグ戦)最終日のこの日、3位の座を懸けて早大が対戦したのは慶大。リーグ優勝への道は断たれてしまったが、「最低限」の結果を残すため、慶大を圧倒することを目標に今季公式戦最後の試合に臨んだ。序盤から積極的なディフェンスをしかけ得点を挙げる。大量得点には及ばなかったが、3―0で完封勝利。3位という成績を収めた。

 開始6分、FW瀧澤育未(スポ1=滋賀・伊吹)がフロントコートで相手のパスにスティックを当てカット。そのボールがMF小澤眞帆(教1=埼玉・飯能)の元へ転がり、小澤が落ち着いてシュート。1年生コンビが相手の隙を見逃さず、先制点を決めた。その後は慶大にサークル内でプレーされることもあるが、GK堀部晶瑠主将(スポ4=大阪・羽衣学園)を中心に失点は許さない。オフェンスではMF高橋可奈(スポ3=栃木・今市)や小澤から瀧澤につなぎ、ゴールを狙うも相手GKに阻まれ追加点を奪うことができない。早大がボールを支配していながら、相手ディフェンスに苦しみ1―0のまま前半を終える。

積極的にゴールへ向かった青山

 後半に入ると慶大がボールを支配し始める。しかし、ここで悪い雰囲気を一変させたのがFW青山睦実(スポ3=愛知・向陽)のプレーだ。小澤がつないだボールに合わせ、青山が痛烈に打ち込みゴール。後半10分、ようやく待望の追加点が生まれた。その後も青山は前線で躍動。ゴール前での混戦の中で放ったシュートはGKに跳ね返されたものの、詰めていたFW戸枝百合香(教2=東京・鴎友学園)が押し込んで3点目。傾きかけた流れを完全に引き戻した。終盤にもゴール前で混戦に持ち込み大きなチャンスを得るが、得点とはならず3-0で関東3位を決めた。

公式戦初ゴールを決め喜ぶ戸枝

 秋のリーグ戦が終わり、またしても山梨学院大と駿河台大のカベを破ることはできず3位という結果に終わったが、選手たちの表情には清々しさがあった。今季の試合も残すところ早慶定期戦だけとなった。4年生の引退試合となるこの試合で有終の美を飾れるか。今季の集大成として試合に臨む。

(記事 加藤恵、写真 角田望)

関連記事

前回王者に競り負け2回戦敗退/全日本学生選手権(10/20)
女王・山梨学院大の牙城を崩せず初戦敗退/全日本学生選手権(10/19)
リーグ戦の勢いそのままに完勝/全日本学生選手権(10/19)

秋季関東学生リーグ
早大 1-0
2-0

慶大
【得点者】(早大) 前半6分・小澤、後半10分・青山、後半17分・戸枝
コメント

澤谷保典監督(明大OB)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

もう少し点を取れると思っていましたが、ケイオーさんも頑張っていたのでこんなものだと思います。

――試合前はどのような指示をされましたか

全体的なレベルとしてはうちの方が上なので、あまり受けることはしないでしっかり攻めることを中心に話しました。

――フォワード陣が前に抜ける場面も目立ちましたね

普通にすればもっと抜けられると思いますが、もっと効率よくできたらいいですね

――きょうは無失点に抑えましたがその点はいかがですか

点数は余程のことがない限り取られることはないと思うのですが、そこまでケイオーさんにとって惜しいところまでいかれることが良くないので、そこは次定期戦があるので修正したいと思います。

――これで春秋ともに3位という結果になりました

一応最低限の結果は残せたかなと思います。できればもう少し上位を狙いたかったですが、最低のラインはなんとかというところですね。

――今季も残すところ早慶戦のみとなりましたね。

定期戦なのですが、しっかり勝って最後を締めくくりたいなと思います。

GK堀部晶瑠主将(スポ4=大阪・羽衣学園)

――きょうの試合を振り返って

いつも敵に合わせて試合をしてしまうことが課題になっていました。最初の方は少し敵に合わせてしまって自分たちのやりたいことができなったかなと思います。

――後半はいかがでしたか

少しましになったと思います。点も入ったので。

――きょうは3位決定戦でしたが、試合前はどのようなお話をしましたか

3位は確実に取るということと、定期戦もあるのでしっかり差をみせられるようにやっていこうとみんなで話していました。

――無失点でしたがディフェンスに関してはいかがでしたか

結構攻め込まれることが多かったですが、こちらのミスや勝負が遅かったりでペナルティーコーナーを取られたりしたので、もう少し前で勝負して取りきることが大事だと思います。

――堀部さんにとっては最後の公式戦でしたね

もう少し余裕をもって勝てるかなと思っていましたが、結構ドキドキの試合でスリル満点でした。

――リーグ戦は3位で終わりましたが振り返っていかがですか

目標としていたのは関東制覇でしたが、他との力の差を感じさせられた大会だったと思いました。

――早慶定期戦が引退試合となると思いますが、早慶戦に向けて一言お願いします

ホッケー10年間やってきて最後の試合になるので、みんなと楽しくやって勝てたらいいなと思います。

FW青山睦実(スポ3=愛知・向陽)

――きょうの試合にどのような気持ちで臨みましたか

相手が慶大ということで、絶対に負けたくなかったので、みんな気合が入っていましたね。

――きょうの試合全体を振り返っていかがでしたか

安定感に欠けた試合でした。もう少しショートパス等で繋げば、もっと楽に試合ができたと思います。自分で自分の首をしめるようなプレーが多かったのは反省点だと思います。

――自身のプレーを振り返っていかがでしたか

もう少し点を稼げたのではないかと思いますね。相手がいる場面では躊躇してしまうことが多かったです。そこは今後修正していきたいと思います。

――積極的な攻めが目立ちましが、それについてどう思われますか

良い形でパスを貰えれば、あとはそのまま決めるだけになります。なので、FWが二列目からパスを貰う回数を多くしていきたいです。

――このメンバーでの最後の公式戦となりましたね

自分は先輩と一番長く居ることができた立場なので、1試合1試合大切にしてきました。きょうの試合の終盤では、色々なことが頭をよぎって、こみ上げてくるものがありました。

――早慶戦に向けて意気込みをお願いします

内容にこだわりたいです。みんながつないで、かつ点も取れる。そんな、チーム全員が楽しめる試合にしたいです(笑)。

FW戸枝百合香(教2=東京・鴎友学園)

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

きょうの試合は途中出場で、私が出場するまでに点数も思った以上に取れてなかったので、私も出たときに焦ってしまって、パスなどもつなぐのが雑になってしまったシーンとかもあってそこを直さなきゃいけないと思いましたが、自分的には得点を決めることができてすごく嬉しかったです。

――3位決定戦でしたがどういう意気込みで臨みましたか

ワセダは毎年3位で、いつも上位を目指しているんですけど今回また3位決定戦ということになって、絶対3位は死守したいなという意気込みで絶対勝とうと頑張りました。

――自身も3得点目を決めました。試合の流れの中でも大きな1点になったと思うのですが

いつもはゴール前まで行けたとしても味方にパスしてゴールしてもらおうとかそういう気持ちになってしまうんですけど、今回は絶対に自分で入れようと思ってリバウンドでゴールすることができました。

――リーグ戦全体を振り返ってみていかがですか

私はどの試合も途中出場が多くて、悔しい気持ちが大きくてなんとなく心残りがあるような、そんな試合が多かったですが、今回公式戦で初めて得点を決めることができて、最後の試合がすごく嬉しい試合になりました。

――早慶戦に向けてひとことお願いします

今回も早慶戦でしたが、今回は未完成な状態で挑んでしまった試合だった気がします。次の試合では4年生が引退してしまうので、もっと気持ちを固めて、気持ちよく勝てる試合にしたいと思います。