漕艇部

2013.10.26

第54回全日本新人選手権 予選 10月25日 埼玉・戸田ボートコース

男女対校艇がトップタイムで準決勝進出!

 シーズンを締めくくる全日本新人選手権(全日本新人)が幕を開けた。全国の有力な高校生と大学1、2年生が日本一をかけて激突する今大会。早大からは男女アベック2連覇中の対校エイト、女子舵手付きクォドルプルを含めた4クルーが予選に登場。男女の対校艇が順当にあさっての準決勝に駒を進めるなか、女子ダブルスカルと第二エイトがあすの敗者復活戦にまわった。

 最初に発艇を迎えたのは、女子ダブルスカルの波多野響子(教1=福岡・東筑)、湯浅恵美子(社2=大分・日田)クルー。前半から力の差は歴然だった。「500メートル地点まではついていこうとしていた」(ストローク・波多野)と、レース前の分析で他艇にスタートで先行されることを覚悟していた早大。だが、その予測とは裏腹に、序盤から大きくリードを奪われ早くもトップ争いから脱落してしまう。中盤以降は粘りの漕ぎを見せ、4着でゴールした。全日本新人でデビュー戦を終えた波多野は「中盤でも2人でコールしあって漕げたのはよかった」と、冷静にきょうのレースを振り返った。

盤石のレースで予選を通過した女子クォド

 11連覇がかかる女子舵手付きクォドルプル。4年生が引退し新たに2名が加わった早大クルーは、予選からエンジン全開。メンバーは変わっても、女王の漕ぎは全く変わることはなかった。スタートから勢いよく飛び出すと、後続に大きく水をあけてフィニッシュ。危なげなく準決勝進出を決めた。今回、初めてワセ女の舵を握ったコックスの亀本咲季子(人1=埼玉・浦和一女)は「しっかり艇速に貢献できるように頑張ります」とワセ女の誇りを胸に、11連覇へ決意を込めた。

トップタイムを叩きだした男子エイト

 一方、男子部はエイト種目に2クルーが参戦した。全日本新人は下級生主体の大会で、今後をうらなう重要な一戦だ。ここで勝利を収め来シーズンに弾みをつけたい早大は、対校艇が王者の意地を見せつけた。「絶対トップタイムを出すというのは(クルーで)決めていた」(7番・角南友基、スポ2=岡山・関西)。王者はそれを糸も簡単に成し遂げる。第1クオーターを1分25秒という驚異的なタイムで通過。そのまま独走状態をキープし、全体1位の記録で予選を突破した。目標をクリアしたにも関わらず、「あのコース状態ならもっといいタイムが出せた」(角南)と満足する様子は一切ない。

 アベックV3に向けて、対校艇そろって完璧な仕上がりを見せた初日。男女ともに予選という気の緩みもなく、程よい緊張感の中で実力を発揮できているのが好調の要因だろう。艇のリズムを左右する対校エイト7番の角南は、「優勝しかない。あまり3連覇というプレッシャーはないですけど、今まで自分たちのやってきたことを出せば優勝できると思うので、それをやるだけです」と力強く抱負を語った。他方、女子ダブルと第二エイトはあすの敗者復活戦に全力をそそぐ。「自信のあるスパートで、最後もし負けていてもさしかえしてあさって漕げるようにしたい」(波多野)。それぞれのクルーの強みを活かし、最終日までの生き残りを目指す。

(記事、写真 新田祐介)

結果

▽女子ダブルスカル(S:波多野、B:湯浅)…4着

▽女子舵手付きクォドルプル(C:亀本、S:榊原、3:土屋、2:佐藤紫、B:土井)…1着【準決勝進出】

▽男子対校エイト(C:中村、S:長田、7:角南、6:竹内、5:是澤、4:藤井、3:川田、2:丹下、B:和田)…1着【準決勝進出】

▽男子第二エイト(C:藤川、S:寺田、7:田中、6:石阪、5:木金、4:松永、3:杉田、2:菅原、B:武田)…2着

コメント

ストローク:波多野響子(教1=福岡・東筑)

――早大でのデビュー戦となりましたが、初レースはいかがでしたか

私は同期の中で唯一、試合に出ていなかったので、気持ち的に出ていないことに焦ってはいた。この全日本新人選手権だけを見据えて練習してきて、それできょうあまり上手くいかなかったので悔しい気持ちでいっぱいです。でも、きょうに向けて先輩方から色々教わってきたので、準備としては万端だったと思います。

――やはり緊張はしましたか

緊張はあまりしていなかったのですけど、スタート直前で雨が降ってきてびっくりしてしまった。雨は得意でもなければ苦手意識もないのですが、すこしグリップが滑るなと思っていました。

――レースでは序盤から他艇に出られる苦しい展開でしたが

左側3艇が速いのは分かっていたので絶対に出られるだろうなとは思っていた。でも500メートル地点まではついていこうとしていたが、その時点で見えなくなってしまった。前にいる相手に追いつこうとすると負けている分すごい焦ってしまうので、それを言わずに逆に見える後ろにいる相手を離そうというコールをかけていた。

――クルーの強みは

スタートとスパートですね。中盤が弱いのがすごい癖だったので、きょうはそういう意味では第2、3クオーターのタイムの落ち具合がそれほど大きくはなかった。中盤でも2人でコールしあって、漕げたのはよかった点かなと思います。

――あすの敗者復活戦はどのようなレースがしたいですか

まずスタートで頭一つ出るようにしたいです。スタートが強みなのにそこでおいて行かれるとやはり中盤で苦しくなるので、スタートで出てそのままの流れでつなげていきたいです。あときょうは重いリズムだったので、あしたは軽いリズムでテンポよく漕いでいくことを心がけて、自信のあるスパートで最後もし負けていてもさしかえしてあさって漕げるようにしたいです。

コックス:亀本咲季子(人1=埼玉・浦和一女)

――きょう初めてワセ女の舵を取った感想を

私にとって1年半ぶりのレースだったということもあって、また初めてのコックスでどうなるかと思ったんですけど、すごく楽しかったです。

――高校時代の漕手の経験はコックスに活かせていますか

そうですね。例えばボート未経験者が乗っているよりは、今何が悪くて船が進んでいないとか、今どこがいいのかはすごくわかると思います。

――きょうのレースプランは

普通に最初から勝てるなと思っていたので、どんどん周りの船ではなくてタイムを狙っていくという攻めのプランでした。もしかしたら台風で決勝とかが流れてしまって、今回の予選のタイムで順位が決まってしまったら困ってしまうので、どんどん攻めようということは話し合っていました。

――レースを通して、意識している部分は

ポイントは前半の750メートルで一気に勝負を決めて、あと後半は結構差が離れていると思うのでそこでだれてしまわないように1300メートル地点でもう一度切り替えをして、最後スパートをしかけるという流れでやっています。

――最後にあさってのレースに向けて意気込みを

絶対に11連覇します!きょう初めてコックスとして乗るということもあって、レースアップがやや焦ってしまった部分があった。ワセ女のコックスとして、しっかり艇速に貢献できるように頑張ります。

7番:角南友基(スポ2=岡山・関西)

――ご自身にとっては全日本学生選手権以来の復帰戦となりましたが

今まで全日本選手権まで休んできて、この大会には特別な思いがあった。自分自身としては2連覇で大学としては3連覇が懸っている。やはりどうしても今回、早慶戦以外であまり勝てていなくてけがでも苦しんだ。しっかり最後の大会で絶対優勝するという気持ちでこの大会に臨んでいます。

――現在はもう本調子ということですか

いや、本調子というか。もう絶好調です。

――きょうのレースの出来は

100%が完璧だとしたら、65%くらいかなと思います。試合に勝ったり、目標の6分切りはできたんですけど、でもまだ8人のユニフォーミティー(クルー全員の気持ちと動きが統一されていること)がすこし合っていないかなという気がします。あとは声とか元気とかそういう部分や、特に1年生とか乗っていて緊張している部分をアップであまり不安を取り除くことができなかった。ちょっと緊張したままスタートを迎えてしまって、タイム自体はよかったですけど、あのコース状態ならもっといいタイムが出せたかなと思います。

――予選の全体トップタイムでしたが、その点はクリアできたといえますね

そうですね、あまり気にしてはいませんが、あした台風でどうなるかわからなかったので、ここで絶対トップタイム出すというのは(クルーで)決めていた。レース前から全員で意識統一していた。とりあえずトップタイムでゴールできてよかったです。

――きょうのレースプランは

前半から出るというのを前提に、しっかり縦に離していく。そして自分たちの弱さを見せずに、自分たちの強さだけを見せつけるというような感じですね。そのかわりリラックスすること。しかしそのリラックスする部分がまだ足りない点だと思います。

――あさってに向けて意気込みを

優勝しかない。あまり3連覇というプレッシャーはないですけど、今まで自分たちのやってきたことを出せば優勝できると思うので、それをやるだけですね。