野球部

2013.10.21

秋季リーグ戦 10月21日 神宮球場

法大相手に悔しい一敗 投打に課題残る/法大2回戦

TEAM
法大
早大
●吉永、吉野和、竹内、田中―土屋、道端
◇(三塁打)小野田

 優勝争いに加わるべく、何としても勝利が欲しい大事な一戦。先発マウンドを託された吉永健太朗(スポ2=東京・日大三)は、初回に自らの暴投で失点するなど5回途中2失点で降板。続く救援陣も安定せず、試合を決定づける追加点を許した。一方の打線も法大投手陣を前に、好機で凡退し1点止まり。あすの大一番に向け、投打に課題の残る一敗となった。

 先発の吉永は今季いまだ1勝。ここ数試合の登板では序盤の制球難に苦しみ、本来の力を発揮できていない。初回、長打と四球で二死一・三塁とされると、続く打者への暴投で先制点を献上。自らピンチを招く悪い流れを断ち切ることができない。吉永は3回にも2人の走者を背負った場面で適時打を浴び失点。課題の立ち上がりを克服できないまま、5回でマウンドを後にした。嫌な空気に歯止めをかけたい早大だったが、後を受けた中継ぎ陣も安定しない。2番手で登板した吉野和也(社1=新潟・日本文理)は6回に3安打を浴び降板。続く竹内諒(スポ1=三重・松坂)も制球が定まらず連続四球で押し出しと、悪循環を止められない。竹内は7回こそ三者凡退で切り抜けたものの8回に再び失点。6回以降2人で3失点と、両ルーキーにとっても悔しいマウンドとなった。

押し出し四球など救援に失敗した竹内

 一方の打線は初回、走者を二塁に置いた場面で4番・小野田俊介(社3=東京・早実)が適時三塁打を放ち得点。主砲の一振りで1点を返し、同点とする。その後も毎回のように出塁し、好機を演出。試合を決める場面も幾度となく訪れた。しかし、あと一本が出ない。法大一回戦と同様、後続がことごとく凡退し好機を逸する。不穏な空気は打撃陣全体に漂っていた。中盤以降は法大の継投策を前に打線が沈黙。救援陣に対しわずか3安打と完全に封じ込まれ、法大に傾いた流れを引き戻すことはできなかった。

同点の適時打を放った小野田

 前の試合に続き打線の得点力不足を露呈した早大。「適時打が出ないということは、力がないということ」(岡村猛監督、昭53二文卒=佐賀西)。7安打を放ちながら1得点に終わった打撃陣に、指揮官は苦言を呈した。一方の投手陣も問題は山積みだ。この試合で与えた四死球は11。加えて先頭打者への不用意な出塁を許すなど、先発の吉永だけでなく中継ぎ陣にも不安は残る。投打に課題が浮き彫りとなったが、シーズンも残りはわずか。下を向いてはいられない。いまはただ優勝への望みをかけ、あすの一戦に全力で挑むのみだ。

(記事 鈴木皓、写真 高橋千秋、植田涼介)

★投手陣が四死球11の大乱調

きょうの試合で投じた四死球の数は投手陣全体で計11。内訳は先発の吉永が5、竹内が4、田中龍之介(人1=兵庫・滝川)が2と不甲斐ない結果に終わった。打撃陣が不振にあえぐいま、投手陣まで崩れることはチームにとって不安材料となるだろう。残りの秋季リーグ戦で改善していく必要がある。

5与四球と制球が乱れた吉永

コメント

岡村猛監督(昭53二文卒=佐賀西)

――試合を終えて一言

うーん、残念。

――吉永選手は課題であった立ち上がりがきょうもうまくいかなかったと思うのですが

まあ、いつもの投球といえばいつも通りなんだけど。なかなかスムーズにいかないね。

――5回途中で吉永選手を交代されました。あのタイミングで交代した意図とは

いや、特に意図はありません。それ以上離されないようにと、1点差のままでなんとかしのぎたいということで代えました

――一方の打線は1回戦に続きつながりを欠きました

そうですね。なかなか得点圏に進めてからの一本が出ないのでね。まあ、まだ力がないということでしょう。ヒットは出るけどタイムリーが出ないってことは力がないってことでしょうね。

――では、あすに向けて意気込みをお願いします

あしたなんとか全員の力を結集して勝ちたいと思います。