メニュー

野球部

2013.10.21

秋季リーグ戦 10月21日 神宮球場

白村まさかの大乱調、勝ち点落とす/明大2回戦

TEAM
慶大
明大 ×
加嶋、小原、●白村、加藤―小笠原
◇(本塁打)山本泰

 勝ち点を獲得すれば完全優勝の可能性も出てくる明大戦。1敗で迎えた同2回戦では、先制を許し1点を追う6回に山本泰寛(2年)の本塁打で逆転に成功する。しかし8回に白村明弘(4年)が突如崩れ一挙3失点。試合はそのまま終了し、慶大は今季初めて勝ち点を落とした。

 リーグ単独首位の座を守るため、何としても勝利が求められる。その先発のマウンドに向かうのは、東大2回戦で四球1つの準完全試合を成し遂げた加嶋宏毅(2年)。3回に先制点こそ許したものの、丁寧にコースを投げ分ける抜群の制球力で明大打線に追加点を与えない。一方の打撃陣は明大先発の上原健太に5回まで1安打と、反撃の糸口をつかめない時間が続いた。迎えた6回、1死からこの日けがから1番スタメンに復帰した佐藤旭(3年)が右前打で出塁。続く山本泰が初球を振り抜くと、打球は一直線に左翼席へ。これが逆転の2点本塁打となり、慶大応援席は歓喜の声に包まれた。

今季初の本塁打を放った山本泰

 余韻が冷めやらない6回裏の守りで、救援の小原大樹(1年)が2死三塁と得点圏への進塁を許してしまう。この場面で白村が登板。四球の後の打者を投ゴロに抑え、相手に得点を与えない。7回には四球などで2人の走者を背負うも、4年生、そしてエースの意地を見せ、後続を凡退に封じた。マウンド上で吠える白村に呼応するかのように場内の歓声も大きくなっていき、完全に主導権を握ったかのように思えた。

 しかし、8回裏に事態は急変する。先頭の岡大海に対し、肩付近に死球を投じてしまった白村。それまで慶大勝利の雰囲気が漂っていた場内が一瞬にして静まり返った。無死一塁となり、ここから白村がまさかの大乱調。それまでとは打って変わってボール先行となり、2者連続で四球を与え満塁のピンチを迎える。1死とし迎えた8番・坂本誠志郎に2球目を痛打されると、打球は無情にも前進守備の中堅手の頭を大きく越えていった。この間に走者全員が生還し、再逆転を許す。それまで沈黙していた明大応援席が一気に沸き上がる中、白村はただぼう然と立ち尽くすだけであった。

逆転の適時打を浴び立ち尽くす白村

 あと一歩のところで勝利を取りこぼした慶大。残るは永遠の好敵手・早大との試合のみとなった。優勝のためには早慶戦での連勝が必要となるだろう。きょうの敗北の悔しさを伝統の一戦で晴らし、賜杯奪還に向けまい進する。

(記事 廣瀬元宣、写真 盛岡信太郎)