ホッケー部

2013.10.20

全日本学生選手権 10月20日 埼玉・阿須運動公園ホッケー場

前回王者に競り負け2回戦敗退

 全日本学生選手権(インカレ)の初戦に快勝したワセダは、2回戦でいきなりヤマ場を迎えた。相手は昨年度インカレ王者の立命大。試合序盤に2点のリードをつけられるも、FW宮崎俊哉(スポ1=福井・丹生)のゴールで点差を縮める。しかし反撃はここまで。逆に2点を追加されて1-4で敗戦し、目標のインカレ優勝はならなかった。

 大粒の雨が降り注ぎ、ボールが転がらないというグラウンドコンディションの中で行われたこの試合。立ち上がりから大学王者の貫録を見せつけられた。前半4分、左サイドからサークル内に侵入を許すと、これを確実に決められて失点。その2分後にも今度は右サイドを崩され、ゴールネットを揺らされる。いずれも相手FWの個人技に対応できず、2点のビハインドを背負うかたちとなった。反攻に転じたいワセダは、持ち前のパスワークで一瞬の隙を突く。前半13分にサークル内でパスをつないで最後は宮崎がシュート。鋭い球足で相手GKの横をすり抜け、1点差に詰め寄った。しかし、その後追加点を奪われて1-3で前半を終える。

体を張ってゴールを守ったコグラン

 点の取り合いとなった前半と打って変わり、後半は点数がなかなか動かない展開となる。ペナルティーコーナー(PC)からのシュートをGKコグランショーン(政経4=東京・早大学院)が2度足でセーブするなど粘りの守備が目立った。後半14分にダメ押しとなる4点目を決められたが、その後はワセダの時間帯に。DF田中智大(社3=福井・丹生)からのスクープを中心に、敵陣に攻め込んでいく。サークル外から打ち込んでゴールを狙うも、あと一歩でカットされてしまう。同34分にはPCの好機を得たが、わずかにゴールの右へ外れ、得点を挙げられないまま試合終了となった。

田中のスクープで攻めにつなげた

 立ち上がりをうまく攻められたのがきょうの試合のすべてだったと言える。DF羽田康佑主将(教4=奈良・天理)が「そこからペースが崩れてしまった」と語ったように、カウンターを狙っていたワセダは作戦変更を余儀なくされた。今後、秋季関東学生リーグの順位決定戦を勝ち上がるうえで、立ち上がりは課題となってくるだろう。悲願の関東制覇へ向けて、この敗戦は無駄にならないはずだ。

(記事 塩澤毅志、写真 落合修平)

関連記事

女王・山梨学院大の牙城を崩せず初戦敗退/全日本学生選手権(10/19)
リーグ戦の勢いそのままに完勝/全日本学生選手権(10/19)
法大にも勝利し、首位通過を決める!/秋季関東学生リーグ(10/13)

秋季関東学生リーグ
早大 1-3
0-1

立命大
【得点者】(早大) 前半13分・宮崎
コメント

松本剛毅監督(平6卒)

――今日の試合に臨むにあたって、どのような指示を出されましたか

相手が強いということは分かっていましたので、それに対応できるように準備はしてきました。しかしながら、試合開始直後に立て続けに点を取られてしまいました。そこは反省点です。

――対戦相手である立命大の印象はどのようなものでしたか

良い選手が揃っていますし、個々人の能力が高いという印象でした。特にFW陣には警戒していて、我々もそれに向け準備しましたが、残念ながら対応しきれませんでした。

――きょうの天気は大雨となりましたが、この点についてなにか選手に指示を出されましたか

ボールが転がらないので、なるべく浮かすようにしました。これは上手くできていたのですが、逆に単調になり過ぎてしまい、なかなか得点に結び付けることができませんでした。

――きょうの結果を見てどのように思われますか

1点目2点目と早い時間に取られてしまいました。そこを修正すれば違った結果になったのではないかと思います。

――残りの秋季リーグ戦に向けて、意気込みをお願いします

インカレがこのような残念な結果になってしまったので、気持ちをしっかりと切り替え、リーグ戦で優勝できるように頑張っていきます。

DF羽田康佑主将(教4=奈良・天理)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

ここが山場だったのでどうしても勝ちたかったですが、前半簡単に3点を入れられてしまいました。試合前から前半はしっかり守って失点を押さえようと言っていましたが、そこで失点してしまったのでそこからペースが崩れてしまいました。

――強豪校相手ということでしたがどのような気持ちで臨みましたか

もちろん勝つ気で、前半守って後半からしかけようと言っていましたが、前半ああなってしまい、そうも言っていられなくなったので、後半はどんどん前からあたっていくことになったので、自分たちがやりたいことはできなかったのかなと思います。

――悪天候の中での試合となりましたが、影響などありましたか

いい面もあれば悪い面もあるので。まともにホッケーしていればもう少しできたのかなと思う部分もありますが、どちらにしてもこれくらいの点差はついてしまったのかなとも思います。ただもう少しちゃんとしたホッケーで勝負したかったですね。

――終盤はよく守って攻めにつなげていましたね

はじめはひいて守ってと考えていましたが、ああいう展開になってしまったので、前から押せ押せに切り替えたので、点数は1点しか取れませんでしたが、ああいう攻める姿勢をもっとやっていればもっと戦えたのかなと思います。

――これで最後のインカレが終わってしまいましたが、振り返っていかがですか

チーム全体としてはインカレ優勝という目標を掲げていたのでそこは後悔していますが、最後は楽しんでできたので、個人的には良かったと思います。

――この後はリーグ優勝を目指していくことになるでしょうか

あとはリーグ戦と早慶戦しか残ってないので、そこに合わせて全勝でいきたいと思います。

FW宮崎俊哉(スポ1=福井・丹生)

――きょうの試合を振り返って

相手は大学王者なので守る時間が増えるということはわかっていたんですが、ワンチャンス勝つ自信とか望みはあったので、それを自分ができなかったのは悔しいです。

――試合前はどういった攻め方をしようとミーティングされたのですか

しっかり引いて守って、相手が攻めてきたり打ち込んできたりしたボールをカットしてカウンターにつなげるという話でした。ただそれができなかったですね。

――相手のディフェンスについてはどのように感じましたか

大学一なだけあって組織的に守るのは上手だったと思いました。ただワセダのFWでも崩せないことはないなと感じたので、もっとFWで連携取り合って攻撃を磨いて次やるときは勝ちたいと思います。

――得点シーンを振り返っていかがですか

自分はきのうの試合で1点も取れなかったので、何としても1点取りたいと思っていました。かたちはどうあれ良かったかなと思います。

――グラウンド状態が悪くてコントロールも難しかったと思いましたが

無我夢中でやっていたのでそこまで意識はしてなかったです。2点差で負けていたところで、1点取り返して雰囲気が悪くならずに前へ行けたので自分にもチームにも良かったと思います。

――リーグの順位決定戦へ向けて意気込みをお願いします

相手がわからないので対策も立てられませんが、自分たちのホッケーをしっかりすれば勝てるし関東一にもなれると思うのでしっかり練習して頑張りたいです。