庭球部

2013.09.08

関東大学リーグ 9月6日 @東京・有明テニスの森公園

早慶戦を前に課題が浮き彫りに

 雨のため1日順延となって行われた関東大学リーグ(リーグ戦)第3戦。相手はエース山本翔子率いる亜大。ダブルス二本と、シングルス4、5で勝利し、早々に勝ちを決めたが、シングルス1、2、3がまさかの敗戦。早慶戦を前にチームに危機感を募らせる試合となってしまった。

 ダブルス1、2、シングルス4、5をストレートで取り、チームとしての勝利は決まった。残るは3試合。シングルス3には1年生ながらここまで単複で全試合に出場している林恵里奈(スポ1=福井・仁愛女)が登場した。第1セット、相手の気迫あふれるプレーの前に押され気味となってしまい、このセットを3-6で落としてしまう。しかし第2セットに入ると林が気力で盛り返し、なんとかフルセットへ持ち込む。しかし最終セットは力尽き反撃もここまでとなった。それでも「声を出してやりきれた」(林)と敗戦も前向きに捉えた。

思うようなテニスができず肩を落とす林

 シングルス2に登場したのは吉冨愛子(スポ2=愛知・椙山女学園)だ。先に行われたダブルスではフォアハンドのウィナーを連発し、好調がうかがえた吉冨。しかしシングルスでは、その武器が鳴りを潜める。ストロークでのミスが続き、波に乗ることができない。「相手に先に押されてしまった」(吉冨)と、第1セットは1-6と大差で落としてしまう。第2セットも0-3と先にリードを許す苦しい展開。そこからなんとか粘って食らいつくが、重要なポイントでのミスが響きゲームポイントを中々奪うことができず、ストレート負けを喫した。

 シングルス1は前戦までとはオーダーを変え、宮地真知香(社2=福岡・折尾愛真)が出場した。宮地は亜大のシングルス1である山本に関東学生トーナメント(春関)で勝利しており、相性の良さを生かした起用となった。第1セットは6-2で奪ったが、第2セット以降流れが一変する。宮地の持ち味である粘りのあるラリーが見られず、相手にウィナーを簡単に決められてしまう。ほとんどゲームを奪うこともできずに2セットを連取されて逆転負け。「勝たなきゃいけなかった」(宮地)と意気消沈した様子で語った。

 3敗してしまったことで試合後、チームの雰囲気は非常に重かった。しかしまだリーグ戦は2試合残っており、次戦は最大の敵である慶大戦。長谷川茉美主将(スポ4=熊本=ルーテル学院)は「早慶戦前にこうやってみんなで考え直す時間ができて良かったかなとプラスに考えて」と前を向く。運命の早慶戦。亜大戦での課題を生かして、勝利を手にしたい。

ストロークでのミスを悔しがる吉冨

(記事 高橋千秋、写真 井上雄太)

結果

○早大4-3

D1○長谷川茉美主将(スポ4=熊本・ルーテル学院)・吉冨組6-1、7-6(6)山本・伊波佳苗組

D2○梶谷桜舞(スポ2=東京・富士見丘)・林組6-3、6-2伊藤優花・松本千広組

S1●宮地6-2、2-6、0-6山本

S2●吉冨1-6、4-6伊波

S3●林3-6、7-5、3-6伊藤

S4○長谷川主将6-4、6-1松本

S5○辻恵子(教1=東京・早実)6-1、6-2安野聡美

コメント

長谷川茉美主将(スポ4=熊本・ルーテル学院)

――個人としてはシングルス、ダブルスともに勝利しましたが、その要因をどのように考えていますか

ダブルスは相手がずっと一緒に組んでいる強いペアだったんですけど、私と吉冨は勢いがあるダブルスで、やっぱりそこで攻めていこうと決めてやっていたので、第1セットはすごく良いかたちで取れたんですけど、第2セットは相手も強いので、私たちのダブルスに対して攻略してきて、どうにか点数を取ろうというのがあったんですけど、流れが相手にいったときも、長い時間は相手に与えずに、ちょっとずつ区切れたのが良かったのかなと思います。シングルスは出だしはダブルスが終わって30分後が試合だったので疲れもあったんですけど、チームの代表として出ているので、チームの勝利のためにやることを明確にして、自分の普段のテニスを発揮しつつ、チームプレーというものも意識して戦えたのが、第2セットで5-0まで差を広げられた要因だったかなと思います。

――オーダーについて、シングルス1を(前戦までの)馬場選手(早莉、スポ1=鹿児島・池田)から宮地選手した理由は何ですか

宮地は春関で山本さんにすごく良いかたちで勝てていたので、馬場も前の試合で良いプレーをしたんですけど、山本さんも4年生で意地があり、すごく強い選手なので、実力のある宮地をシングルス1に充てました。2回ほど勝っていて、勝率の良い人を充てたほうが良いと監督(土橋登志久、平元教卒=福岡・柳川)とも話し、主務(大石佳奈子、社4=)とも話し、そのようなオーダーになりました。

――シングルス1からシングルス3が全員敗れるという厳しい結果になりましたが、どのように捉えていますか

彼女たちもすごく頑張っていて、チーム全体としても頑張ってはいたんですけど、4-0で勝ちが決まったときに気持ちのどこかでみんな油断してた部分があったのかなと思います。チームプレーよりも自分のプレーを優先しすぎて、オーバーペースとかになってしまったり、個人戦のようなプレーをしてしまった選手もいたので、本来ならばしっかりと7-0で勝たなければいけない試合だったんですけど、早慶戦前にこうやってみんなで考え直す時間ができて良かったかなとプラスに考えて、あしたまたしっかりと頑張ろうと思います。

――あすはダブルスの強い慶大が相手ですが、どのように戦っていきたいですか

春の早慶戦(早慶対抗試合)では勝てているんですけど、それはもうなしにして、やっぱり相手のダブルスはインカレ(全日本学生選手権)優勝と準優勝のペアなので、こっちはダブルスはチャレンジャーのつもりで、しっかり2-0をつけられるように、自分たちのプレーを徹底して勝ちにいきたいなと思っています。

――ことしのリーグ戦では初の連戦となりますが、意気込みは

選手も疲労が溜まってきて、連戦はきつくなると思うんですけど、どこの大学も疲れというのは同じだと思うので、冬場から追い込んできて、私たちも一生懸命に練習してきたので、体力面だとかで他大に負けないようにあしたも全力で元気にやるのみかなと思います。

宮地真知香(社2=福岡・折尾愛真)

――試合を終えての感想をお願いします

あしたがケイオーと試合なので、それに向けて自分がシングルス1だったので自分が勝てば流れが良くなるので勝ちたかったんですけど、負けてしまったので…。勝たなきゃいけなかったなと思います。

――第1セットを6-2でとってから、第2、最終セットを落としてしまいましたが、何か変わったことはありましたか

気持ちがちょっと切れてしまったかなと思います。

――いまのご自身の状態はいかがですか

そんなに良くも悪くもないので、まずまずです。

――きのうの雨の影響できょうあすと連戦となりますが

連戦でもきつい練習を毎日やっていたので体力的には大丈夫です。

――最後にあすの早慶戦に向けて意気込みをお願いします

自分が出ても出なくても早慶戦は絶対勝ちたいと思うので、自分が出たらしっかりとして、出なくてもしっかり盛り上げてあしたは勝ちたいと思います。

吉冨愛子(スポ2=愛知・椙山女学園)

――きょうの試合を振り返って

ダブルスはチームとしては2-0をつけたい気持ちはあったのですけど、相手はとても実績のある強いペアで。まずは気持ちを出して自分のできることを精一杯やろうと思って試合に臨みました。(対戦相手は)自分たちが絶対に勝たなくてはならないという自覚があってプレッシャーがかかっていたと思うので、その分私たちが勝てたのかなと思っています。シングルスの方はチームとしての勝ちは決まっていた中での試合だったのですけど、相手が自分が考えていた策略を上回る作戦を立てて序盤から攻めてきて。その後の自分の視野が狭くなってしまい広い視野を持って試合できなかったことが、セカンドを取りきれずファイナルに持ち込めなかった敗因かなと思います。

――シングルスでは、ジュースが続く場面が多く見られましたが

相手に先に押されてしまったというのがひとつあります。あと、ジュースの前の自分のゲームポイントなど、ポイントが欲しい時に自分が簡単なミスをしてしまって。詰めの甘さがでてしまったかなと思います。

――対戦相手である伊波選手の印象は

(伊波選手は)最後の年というのもあってすごくファイターで。ダブルスでは前衛でよく動くし、シングルスでも気持ちのこもったのびる球を打ってきました。やると決めたら根性を見せる、気持ちの強い選手だという印象を受けました。

――あしたの試合は連戦となりますが

体力的にはきついかなと思いますが、それは自分たちのチームだけではなく他のチームも同じなので。そこでどれだけあした頑張れるかが勝負の分かれ目になると思うので、頑張りたいと思います。

――あしたの早慶戦への意気込みをどうぞ

ケイオーも去年に比べて力をつけていて強い相手なので、挑戦者の気持ちで一生懸命戦いたいと思います。

林恵里奈(スポ1=福井・仁愛女)

――きょうの単複の試合をそれぞれ振り返っていかがですか

ダブルスはシングルスもそうだったんですけど、すごい緊張していて、前半は(ラケットを)振り切れなくて、自分の思うようなテニスができなかったんですけど、梶谷さんやベンチコーチや応援の人にすごい引っ張られて、皆さんの力で吹っ切れたというか、自分のプレーに近づけていけたかなと思います。声を出してやり切れたかなと思います。

――3試合すべて単複で出場されていますが、疲れなどはいかがですか

相当、まあ足全般にきているんですけど…。あと2戦、単複出るつもりでしっかりストレッチなどの自己管理をしていきたいなと思います。

――あす出場されれば初の早慶戦となりますが、早慶戦に向けた意気込みをお願いします

いままで亜大や専大、筑波大ってやってきたんですけど、早慶戦だからっていうのはあまり考えずに、自分のできることを精一杯やるだけかなと思います。