相撲部

2013.09.15

62回東日本学生リーグ戦 9月14日 @東京・靖国神社相撲場

リーグ戦5位…課題を再確認

 先日の東日本個人体重別選手権(東日本個人体重別)で夏合宿の成果を見せた早大は、東日本学生リーグ戦(リーグ戦)に出場した。2部に所属する早大は格上相手にも接戦を演じてみせるなど健闘。しかしあと一歩で勝ちきれない悔いの残る内容で、3勝4敗の5位。大会の少ない相撲部にとって貴重な実戦の機会とはなったが、「勝てるところで勝てなかったので勝負弱い」と塚本直紀主将(スポ4=鳥取城北)は反省を口にし、全日本学生選手権(インカレ)に向けてさらなる努力を誓った。

相手より早く顔に土がついたとして敗れた前川

 7人制の団体戦を7試合行うリーグ戦の初戦の相手は慶大。先鋒の前川晋作(社1=東京・早実)は果敢に相手の足を取り前に出ていく。しかし惜しくも審判協議の結果、相手よりも先に顔がついたとして敗戦。このまま早大は流れに乗り切れず、宿敵・慶大に勝ち点を献上してしまう。続く二回戦、大東大戦も前川が相手に土をつけたかと思いきや、審判協議の結果取り直しとなり、再戦で敗れた。それでも副将戦で小山勇太(スポ1=神奈川・向の岡工)が持ち前の相手を押し出す相撲で白星を得るなど大東大相手に3勝を挙げ、接戦に持ち込んだ。

 三回戦。リーグ戦後の入れ替え戦で敗れ3部に降格した国士舘大との対戦は、三鋒・榊原祥孝(社2=千葉・専大松戸)が押し出し、塚本も相手を送り出すなど順調に試合を運んでいく。しかし副将戦で小山が相手に突き出されてしまい同点。迎えた大将戦に挑んだのは同好会所属の井村仁哉(商2=千葉)。井村はことしの早稲田杯王者である。相撲経験も豊富で、体格で勝る相手に対しても落ち着いた土俵さばきで送り出し。今大会4勝を挙げた同好会所属の救世主は、貴重な白星をチームにもたらした。四回戦の法大との一戦は榊原の堂々の寄り切りなどで勝利数を稼ぐも、あと一つ勝ち星が足りず、格上相手の金星を逃した。六回戦以降は格下相手に危なげなく勝ち点を得た。

得意の押し相撲で相手を寄り切る小山

 この日のリーグ戦で早大は49の取り組みを行い24勝。相撲部員のみに絞ると28戦18勝。満足のいく結果かと思いきや、選手の口からは反省の弁が聞かれた。塚本は「個人個人直さなければいけないところをみんな分かっていると思うので、そこを直しながらもう少し力をつけたい」とさらなる成長に向けて意気込みを語った。悲願のBクラス(2部)入賞を果たし、1部との入れ替え戦に臨むために早大のチーム力の底上げは続く。

(記事 佐藤裕樹、写真 石丸諒)

結果

▽一回戦 慶大対早大 2勝5敗

先鋒 薮本初段○(突き落とし)●前川初段

二鋒 樋口参段○(寄り切り)●上坂(同好会)

三鋒 谷口  ●(寄り切り)○榊原参段

中堅 嶋田初段○(小手投げ)●塚本参段

五陣 飯塚参段○(押し出し)●中田(同好会)

副将 川村参段○(押し出し)●小山弐段

大将 藤原初段●(上手出し投げ)○井村(同好会)

▽二回戦 大東大対早大 3勝4敗

先鋒 鈴木参段○(外掛け)●前川初段

二鋒 谷合弐段○(押し出し)●上坂(同好会)

三鋒 里館参段●(引き落とし)○榊原参段

中堅 若松参段●(突き落とし)○塚本参段

五陣 佐藤弐段○(押し出し)●中田(同好会)

副将 大久保初段●(押し出し)○小山弐段

大将 稲垣参段○(押し出し)●井村(同好会)

▽三回戦 国士舘大対早大 4勝3敗

先鋒 田中  ●(不戦勝)○前川初段

二鋒 村井参段○(押し出し)●上坂(同好会)

三鋒 丸山  ●(押し出し)○榊原参段

中堅 土山  ●(送り出し)○塚本参段

五陣 狩俣参段○(突き出し)●中田(同好会)

副将 吉川  ○(突き落とし)●小山弐段

大将 板橋  ●(送り出し)○井村(同好会)

▽四回戦 専大対早大 1勝6敗

先鋒 松山参段●(下手投げ)○前川初段

二鋒 田中参段○(突き出し)●上坂(同好会)

三鋒 牧園参段○(押し出し)●榊原参段

中堅 福田参段○(押し倒し)●塚本参段

五陣 横田参段○(押し倒し)●中田(同好会)

副将 南参段 ○(寄り切り)●小山弐段

大将 福山参段○(押し出し)●井村(同好会)

▽五回戦 早大対法大 3勝4敗

先鋒 前川初段○(寄り倒し)●川上弐段

二鋒 上坂(同好会)●(浴びせ倒し)○高木弐段

三鋒 榊原参段○(寄り切り)●白川参段

中堅 塚本参段○(突き落とし)●小賀坂弐段

五陣 中田(同好会)●(突き倒し)○坂本弐段

副将 小山弐段●(寄り倒し)○岡田初段

大将 井村(同好会)●(突き落とし)○野上

▽六回戦 早大対東大 6勝1敗

先鋒 前川初段○(下手投げ)●池田

二鋒 上坂(同好会)○(押し出し)●伊藤

三鋒 榊原参段○(寄り切り)●千葉弐段

中堅 塚本参段○(押し出し)●柳瀬

五陣 中田(同好会)●(押し出し)○尾崎

副将 小山弐段○(押し出し)●真栄平初段

大将 井村(同好会)○(引き落とし)●黒宮

▽七回戦 早大対立大 6勝1敗

先鋒 前川初段●(渡し込み)○成田

二鋒 上坂(同好会)●(つり出し)○細川

三鋒 榊原参段○(寄り倒し)●坪井弐段

中堅 塚本参段○(不戦勝)●佐藤

五陣 中田(同好会)○(上手投げ)●松堂

副将 小山弐段○(突き倒し)●小林

大将 井村(同好会)○(寄り切り)●斎藤

※3勝、得点24で第5位

コメント

室伏渉監督(平7人卒=東京・明大中野)

――きょうの試合を振り返って

良いところも出たり悪いところも出たりでした。いつもこの大会は稽古のつもりでいけと言ってあります。最初は少し硬かったですが、徐々に力を出してくれたと思います。

――格上相手にも接戦を演じました

例えば大東大相手にも惜しかったですし、それなりのにここの力は上がっています。後一歩のところで勝ちきれないところをこれから修正して勝てるようにしていきたいです。

――接戦を落としてしまいましたが、足りない部分は何ですか

足りない部分というのは、勝ちに対する執念やどうしても勝ちたいという貪欲さです。負けはしましたが塚本(塚本直紀主将、スポ4=鳥取城北)は専大相手にも何が何でも勝ってやろうと良い内容でしたので、ああいうのが小山(小山勇太、スポ1=神奈川・向の岡工)に出てくれればと思います。

――きょうの大会を通して成長が感じられました

やはりみんな成長してきています。みんな諦めなくなったと思います。一試合一試合必ず諦めていません。来週は全国個人体重別選手権(全国個人体重別)があります。

――全日本学生選手権(インカレ)に向けて

インカレに向けては、もう一回基本に立ち返って、試合は前に出ていくほうが強いので、前に出ていく相撲を再確認させたいです。

――インカレは5人制ですが

慶大など他も力をつけているので決して気の抜けない戦いです。必ずB(2部)のベスト4を目指して入れ替え戦に出ることが最低限の目標です。正直まだ厳しいと思うのでもっともっと稽古をさせて、小山とかを完全に勝ち切れるようにさせたいと思います。

塚本直紀主将(スポ4=鳥取城北)

――塚本主将自身はきょう5勝されましたがいかがでしたか

初戦は駄目だったのですが、その後は体も動いて良かったです。初戦は体がまだ動いていなかったです。

――チームとしての5位という成績をどう捉えますか

やはり個人個人が駄目だったと思います。勝てる試合で勝てなかったのが全員ありました、そういうところを勝っていかないと今後に繋がらないと思います。

――きょうの7試合を通して成長した部分はありますか

まだまだですね。まだ練習しないといけないです。

――大会や公式戦が少ない中で7試合できたことは大きかったですか

それは大きいと思います。普段やっても4試合とかなので、毎年この東日本学生リーグ戦(リーグ戦)は番数が多くて貴重です。チームの成績よりも、それぞれが何勝するとか全勝するとか目標を立てながら臨む大会なので、そういうところは良いかなと思います。

――その中できょうは駄目だったのですか

きょうは駄目です。全員駄目です。勝てるところで勝てなかったので勝負弱いというのが、経験不足ではないと思うのですが、まだ練習が足りないということだと思います。

――インカレに向けて

個人個人直さなければいけないところをみんな分かっていると思うので、そこを直しながらもう少し力をつけたいです。

――インカレの目標は

まずはB(2部)で入賞することです。ことしはどこと対戦するか楽しみですが、ことしは昨年よりは良い成績を目指して、人数はそろっているので、昨年よりは良いところに行ければと思います。

――来週には全国個人体重別があります

最後なので、やれるだけやれれば良いなと思います。一回戦は西の選手なので、どんな選手なのか全然分からないですが、めいいっぱい頑張りたいと思います。