野球部

2013.09.08

夏季オープン戦 9月3日 千葉・JR東日本グラウンド

強豪相手に堂々の快勝

TEAM
早大
JR東日本

 9月に入り、夏季オープン戦もよりいっそう秋季リーグ戦(リーグ戦)を意識したかたちでの試合が続いている。この日は、ことしの都市対抗野球大会で準優勝を果たしたJR東日本と対戦。先制点を許す展開になったが、中村奨吾(スポ3=奈良・天理)の本塁打などで小刻みに加点し逆転に成功する。投手陣も度々走者を出しながらも要所を締める投球を披露。4-2で社会人の強豪から価値ある一勝を奪った。

 先発のマウンドに登ったのは横山貴明(スポ4=福島・聖光学院)。制球が定まらない場面も多く、2、3回と立て続けに走者を溜める苦しい展開となる。しかし相手打者に粘られながらも最後は三振で切り抜けるなど、あと一本を許さず4回を1失点にまとめた。中継ぎ陣も終始安定した投球を見せ、リーグ戦のベンチ入り争いの激化を予感させた。

本塁打を放つなど活躍した中村

 打線は4回までは毎回走者を出しながらもそれを返すことができない。しかし5回に森厚太(教4=東京・早実)が犠飛を放ち同点に追い付くと、6回には中村が追い込まれながらも左翼席に本塁打をたたき込み、主軸としての仕上がりの順調さをアピールする。それ以降も得点を積み重ね、逆転に成功。代打で結果を出した選手も多く、こちらもレギュラー争いから目が離せなくなりそうだ。

 社会人の実力の高さを随所で見せつけられながらも食らい付き、見事に勝利をつかんだ早大。選手たちにとって自信をつけるという意味でも非常に大きな一勝となったはずだ。

(記事 小島健太郎、写真 川口真由)