メニュー

野球部

2013.10.19

秋季リーグ戦 10月19日 神宮球場

王者・明大とのカード、初戦は完敗 /明大1回戦

TEAM
明大
慶大
●加藤、小原、明、山田―小笠原

 ここまでの3カード全てで勝ち点を取り首位に立つ慶大。逃げ切りを図りたいチームの前に昨季王者・明大が立ちはだかった。先発の加藤拓也(1年)は立ち上がりの乱調につけ込まれ1点を失い、6回には本塁打を含む連打で3点を奪われた。打線も明大投手陣の前に沈黙し、0-5で完敗。優勝を懸けた大一番のカードは黒星でのスタートとなった。

 先発のマウンドを任された期待の1年右腕・加藤は、立ち上がりが乱れた。制球が定まらず四球を与えると1死一塁で迎えるは3番・糸原健斗。四球を意識してか置きにいった甘い球を痛打され、打球は右中間を破った。これが適時三塁打となり、早々と先制点を許す。初回4四球と荒れた加藤も2回以降は落ち着きを取り戻し、試合は投手戦となるかにも思われた。しかし6回にまたも明大打線に捕まる。1死二塁のピンチを招くと5番・菅野剛士に適時三塁打、続く川合祐太朗に2点本塁打を浴びて3点を失い、試合を決定付けられた。加藤は先発の役割を果たせずに6回でマウンドを降りることとなった。

被弾した加藤

 明大エース・山﨑福也の前に打線も奮わなかった。小気味よい山崎の投球に苦しみ、序盤からほぼ毎回のように走者を出すものの後が続かず6回まで二塁を踏むことさえできない。なんとか反撃の糸口をつかみたい慶大に好機が訪れたのは7回。失策と2本の安打で1死満塁としたところで、ついに山﨑を引きずり降ろす。しかし、代わった上原健太に後続が2者連続三振に斬って取られ、反撃の芽を潰された。この唯一の好機を生かすことはできず、慶大打線は結局無失点に抑え込まれた。

三振に抑えられた谷田

 投打において完敗だったきょうの試合。ここまで結果を残してきた加藤も強力打線に攻略され、打線も山﨑、上原を捕らえることができず、明大に圧倒された内容となった。明大が充実した戦力を誇るだけに、次戦以降も厳しい戦いが予想される。しかし今季の慶大は、粘りが違う。立大とのカードは初戦を落とし、法大とのカードは引き分け後の第2戦を落としたものの、その後どちらも連勝を収めて勝ち点を奪ってきた。このまま引き下がるわけはないだろう、という期待を感じさせてくれる。今季の慶大の真価が問われるのは、ここからだ。

(記事 河島孝大、写真 高橋舞、高田麻里)