ソフトボール部

2013.10.16

秋季リーグ戦 10月13日 早大所沢キャンパスグラウンド

サヨナラ負けからチーム力でつかんだ一勝

 まさに天国と地獄のような2試合だった。1戦目の国士舘大戦は緊迫した投手戦が続き、試合は0-0のまま延長戦に突入。迎えた8回、先発の濱田のぞみ(人3=徳島・脇町)が力尽き、最後は押し出し四球を与え悔しいサヨナラ負けを喫した。しかし、そこで終わらなかった早大。続く東女体大戦では、0-2で迎えた2回に大内佳那(スポ1=千葉・木更津総合)に逆転打が飛び出すなど打者一巡の攻撃で打線のつながりを見せつける。相手の追い上げもあったが泉花穂(スポ2=香川・高松南)の好救援で逃げ切りに成功。1戦目の無念な負け方を挽回する見事な勝利をチーム全体でつかみ取った。

 延長8回にまさかの悲劇が待っていた。国士館大戦、先発のマウンドに上がった濱田は貫禄の投球で7回まで3安打無失点に封じ込める。一方、好投の濱田を打線がなかなか援護できない。6回まで毎回出塁するも、打線がつながらず拙攻が続く。7回も三者凡退で打ち取られ、試合は0ー0のまま延長戦にもつれ込んだ。延長8回、タイブレークの二塁走者を背負うと、それまで好投を続けていた濱田の心にぶれが生じる。暴投で走者を三塁に進めてしまうと、吉村正監督(昭44教卒=京都・平安)から満塁策が命じられるが、濱田はこの作戦に応えることはできず。「もっと余裕を持つどっしりとした心があれば良かった」(濱田)と、悔いの残る、押し出しでのサヨナラ負けとなった。

延長8回に力尽きた濱田

 直後に行われた東女体大戦では、チーム全体で勝利をつかみ取った。先発・常盤紫文(スポ1=千葉・木更津総合)は、初回に2点本塁打を浴び早々先制点を許してしまう。しかし、打線がすぐさま反撃に出た。先頭の4番・大柴麗(スポ3=神奈川・厚木商)の右前安打がそれまで停滞していた早大打線に火をつける。その後犠打で走者を進めると、連打でまずは1点目。なおも満塁の好機で、大内が遊撃手のグラブを弾く強い打球を放ち、これがチームの雰囲気を変える逆転打となる。高校時代から共に戦ってきた常盤への、「頑張って投げていたので、何とかして逆転できれば」という熱い思いがこの逆転打を生んだに違いない。その後も打線がつながりを見せて、一気に5点を奪った。逃げ切りを図るべく常盤に代わって4回から登板したのは、泉花穂(スポ2=香川•高松南)。途中1失点を許すものの、泉らしい投球で最後までリードを守り切った。

逆転打を放った大内

 悔しいサヨナラ負けを許した1戦目とは裏腹に2戦目ではチームの粘り強さを見せつけた早大。来週はいよいよ秋季リーグ戦最終戦となる日女体大戦を迎える。「やることは何も変わらない」(大内)の言葉通り、チームの強い団結力で勝利を奪いにいってくれるだろう。

(記事 河野美樹、写真 盛岡信太郎)

結果

▽男子

早大 0-1 国士舘大

▽女子

早大 5-4 東女体大

コメント

濱田のぞみ(人3=徳島・脇町)

――きょうは7回3安打無失点というすばらしいピッチングでしたが

負けたので、もう何も言えないです…。

――きょうのピッチング振り返ってみていかがでしたか

最後、ほんと最後まで我慢強く守備が守ってくれたので、自分一人で終わっちゃったんで、まあ夏はそういうことがないように、これから頑張っていこうかなと思いました。

――延長8回のワイルドピッチについてはいかがですか

多分バッターも私以上に緊張したと思うんで、もっと余裕を持つどっしりとした心があれば良かったなと思いました。

――また、延長8回の場面では、監督からの満塁策もありましたが

信じてあのような作戦をとってくれたので、その作戦に応えられるようなピッチングができなかったんで、本当に悔しい思いだけです。

――4年生の投手陣が引退されましたが、ラストシーズンに向けて

どのような気持ちでいらっしゃいますか

どんどん試合で投げれるように、インカレ優勝目指して頑張っていきます!

――最後に、次の試合に向けて一言お願いします

次の試合は0(点)に抑えて、みんなで優勝目指して頑張っていきます!

大内佳那(スポ1=千葉・木更津総合)

――国士舘大戦で2安打しましたがいかがでしたか

きのうは2番だったのですが、きょう1番になったので先頭で出塁して後ろにつなげることだけを考えていました

――きのうの3安打に続いて好調ですね

先週の東京富士大戦では3番で(試合に)出していただいたんですが、奮わなくて出塁も四球だけだったので、今週に向けてしっかり調整をしようということで取り組んできてちょっとだけその成果が見られたかなと思います。

――東女体大戦では逆転打も生まれました

あの打席は2死一、二塁で前の打者が出塁して(打順を)回してくれて、でも特別な気持ちは持たず自分のバッティングをしようということを考えていました。あと、きょう先発だった常盤(紫文、スポ1=千葉・木更津総合)が高校時代から同期で頑張って投げていたので、何とかして逆転できればい良いなという気持ちで打席に立ちました。

――思い切りの良い右方向への力強いスイングが見られますが意識されているのですか

そこらへんはあまり意識していないのですが、来た球に対して素直にしっかり当てようといった意識は持っています。

――1年生の出場も多かった2試合でした。戦っていていかがでしたか

やはり守ったりしていて同じ学年なので、うれしいという気持ちもあってとにかく一人でも多く良い結果を残してチームに貢献できたらいいなと思っています。

――最終戦へ向けて

最終戦となりますが、やることは何も変わらないので自分のバッティングをすることと守備でもチームに貢献できるようにひとつひとつ丁寧にやっていきたいと思います。