ソフトボール部

2013.10.15

秋季リーグ戦 10月12日 早大所沢キャンパスグラウンド

魔の最終回…悔しい逆転負け

 秋季リーグ戦初戦を完封勝利で飾ったワセダは2戦目の日体大戦に挑んだ。現在、公式戦での対戦で3連敗を喫している宿敵を相手に4回、大柴麗(スポ3=神奈川・厚木商)の2点適時打で先制し、試合を有利に進める。だが最終回、勝利を目前にしたところで先発の泉花穂(スポ2=香川・高松南)が捕まり4失点。その裏に反撃するも一歩及ばず、悔しい1敗目を喫した。

 止まらぬ最終回の猛攻に泉はしばらく立ち上がれなかった。2試合連続の完封を目前とした最終回、その初球。3番打者の鋭い打球は左翼手の頭上を大きく越える本塁打となる。これに動揺したか、死球と安打で1死一、三塁とされると、投ゴロを自ら弾き同点に。2死後にも勢いのない当たりが泉のグラブの先を抜け、内野安打となり4点目を失う。6回まで2安打に抑えていたエースも、日体大打線の反攻に飲み込まれ自らの投球を見失ってしまった。

最終回に逆転を許し集まるナイン

 いまひとつ攻め切れぬ結果に終わったが、主軸が結果を出し始めた。序盤から好機をつくり、相手投手を脅かし続けるが得点できない回が続く。ようやく打線がつながったのが4回、連打と死球で2死満塁とすると、打席には大柴。前チームから主軸を任されてきた3番打者は3球目を中前に弾き返し2点の先制点を奪う。2点ビハインドで迎えた最終回には、先頭の4番・福井小夏(スポ3=富山中部)が左翼手の頭上を越す二塁打で出塁すると、犠飛で1点を返した。まだ得点力こそ乏しいものの、クリーンナップに当たりが出始め、打点につながったことはチームにとって明るい。

先制打を放った大柴

 またしても宿敵相手に苦杯をなめさせられる結果となったこの試合。被弾から「心に余裕がなくなった」と振り返った泉。この経験は必ず真のエースへと駆け上がるステップになるはずだ。そして成長段階にあるチームにとって敗戦に下を向いてはいられない。全てを力に変え強くなるのみだ。

(記事 盛岡信太郎 写真 土屋佳織)

結果

早大 3-4 日体大

コメント

泉花穂(スポ2=香川・高松南)

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

勝てると思ってしまって、隙が出て、みんなはすごく打ってくれたんですけど、やっぱり私のせいで負けたと思います。

――6回まで相手打線を2安打無失点に抑えましたが

もう必死で点取られないように投げてたので、全然そんなことは考えずに、バックも守ってくれたし、何も覚えてないです。

――7回には本塁打を打たれてしまいました

まあ力不足かなと。7回までちゃんと投げなきゃいけないのに、あそこで打たれるのはやっぱりピッチャー失格かなと思います。

――本塁打を打たれた後の投球はいかがでしたか

多分心に余裕がなくなって、もうバックも見れなくなっちゃって、精神的にちょっとあまりよくなかったかなと思います。

――そのときに野手の方々からの声掛けはありましたか

すごくいっぱい声を掛けてくれて、本当にもうすごかったです(笑)。もう本当に助かったんですけど、期待に応えられなかった。

――終盤に追いつかれる試合展開についてどう思われますか

なんでですかね。自分も分からないんですけど、まあでも今回の試合は勝てた試合だし、2点も取ってくれたんだから、きょう勝てなかったのは自分のせいなんですけど、負け癖をなくすように練習するしかないですね。

――苦手とする日体大相手でしたが意識はされていましたか

そうですね。もう負けたくない、本当に負けたくないと思ってて。(日体大は)強いんで、意識は結構ありましたね。

――あすの国士舘大、東女体大との試合に向けて意気込みをお願いします

ピッチャーはバックを信じて投げるしかないと思うので、きょうの試合もそうだし絶対に点を取ってくれてるので、2試合とも。それを信じて投げるしかないですね。頑張って0点に抑えます。あすもまた先生が選んでくれて投げられるようなことがあったら、点取られないように投げるしかないです。