ホッケー部

2013.10.13

秋季関東学生リーグ 10月13日 東京・法大多摩グラウンド

法大にも勝利し、首位通過を決める!

 秋晴れの下、グループリーグ1位通過を左右する法大戦が行われた。2連勝中の早大は前半、相手チームの固い守備に苦戦するが、後半は流れを引き寄せ、2-1で勝利しグループリーグ1位通過が決定した。

相手をかわしチャンスを生み出す鵜飼

 試合開始早々相手チームのボール支配が続く。危ない場面では相手チームのミスに助けられながらも、必死の守備を見せる早大。「内容は悪くなかった」と松本監督(平6年卒)が語るように、早大も果敢にボールを奪おうとする。相手チームの徹底した守備を前に、なかなか相手陣地に攻め込めない。終盤、 DF鵜飼慎之介(スポ2=福井・丹生)がシュートを放つも、惜しくも相手チームのキーパーに阻まれる。そのまま両校無得点のまま前半を終える。

 迎えた後半。開始直後、MF田村真彬(スポ3=岩手・沼宮内)、FW川原悠雅 (社3=佐賀・伊万里商)と連続してゴールを狙うものの、惜しくも枠を外す。しかし前半とは異なり、徐々に試合は早大ペースに。そして、開始6分、川原からのアシストで田村がボールを浮かせて、待望の先制ゴール。その後も早大はボールを支配し、チャンスを次々と生み出す。守備陣も、相手チームのペナルティコーナー(PC)をしっかりと守り抜く。後半21分、早大がPCを得る。DF田中智大(社3=福井・丹生)からのアシストで、FW佐藤良(政経2=東京・早大学院)の素早いシュートが決まり、勝利を引き寄せる1点となった。しかしその直後PCにより1点を返されてしまう。このプレーにより、少し相手チームに流れが傾いたかのように思えたが、後半30分、相手チームPCでは、守護者GKコグラン・ショーン(政経4=東京・早大学院)が好セーブを見せ、隙を与えない。その後も、試合を優位に進め、相性の悪い法大に念願の白星を収めた。

先制点を挙げ喜ぶ選手たち

3戦全勝という最高の結果でグループリーグを終えた早大。「点数に貪欲にやっていきたい」と川原は語る。この試合の勝利を自信にリーグ優勝に向け、本当の勝負はこれからだ。春の屈辱を晴らし、頂へ。早大はとどまることなく突き進む。

(記事 上田密華、写真 加藤恵)

結果

○早大2-1法大

秋季関東学生リーグ
早大 0-0
2-1
法大
得点者(早大)
後半6分・田村、後半21分・佐藤
コメント

松本剛毅監督(平6卒)

――今日の試合を振り返っていかがですか

法大は相性が悪くて、実は10年ぐらい勝ててない相手だったのですが、前半そういう意識があったわけではないんですけど、なかなか相手の組織的な守備を崩せなくて苦労しました。なんとか繰り返すうちに後半で崩せて、最終的に勝つという結果が残せて非常に満足しています。

――試合前はどのようなことを意識していましたか

春つまずいたのですが、秋になって調子が上がってきて二連勝できて、今日は三戦目だったのですが、間違いなく成長しているのは確かなので。自信を持ってそれぞれ自分を信じてプレーしましょうということを意識しました。

――前半を振り返っていかがですか

相手の組織的な守備をしてくるので、なかなかそこを崩すのは難しかったですね。ただ、必ず崩せるということで、ミスを恐れずにスペースを作ってそこに入るということを繰り返してやっていましたので、その結果が2得点に繋がったのではないかなと思います。

――広く使うという指示をされていましたね

やはり相手を崩すためにはスペースを大きく使って、そこを崩していくというのが我々のホッケーのスタイルなので、追い込まれたり押し込まれたりすると、小さくなってなかなか崩せないという悪循環があるので、そこはベンチから意識して支持を出しました。

――ハーフタイムはどのような指示をされましたか

決して前半が悪い状態ではなかったので、今まで以上にミスを恐れずにスペースを作って、そこにチャレンジングなボールを放り込んで勝負しなさいという指示は出しました。

――グループリーグ1位通過が決まりましたね

正直これを狙っていたわけですが、実際達成することができてまず安心はしています。ただ、まだリーグ戦優勝というのを目指しているので、本当の勝負はこれからかなと思うので気を引き締めております。

FW川原悠雅 選手(社3=佐賀・伊万里商)

――今日の試合を振り返っていかがですか

勝ててよかったと思います。

――得点シーンを振り返っていかがですか

田村さんが決めてくれると思ったので、信じて打ちました。

――グループリーグ1位通過が決まりましたね

全勝でのリーグ通過は久しぶりだと思うので、最高です。

――次の試合に向けての意気込みをお願いします

アシストはしているんですけど、得点がないので、もっと点数に貪欲にやっていきたいです。

FW田村真彬(スポ3=岩手・沼宮内)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

全然勝ててない相手だったので、内容がどうであれ勝てたことがすごく良かったです。

――前半はなかなか試合が動きませんでしたがいかがでしたか

悪くはなかったのですが、シュートまでいけないとリズムが出てこないので、攻めていても攻めきれなかったところが、前半勢いにのれなかった原因かなと思います。

――コートを広く使うという指示が出ていたと思いますが、きょうの試合ではいかがでしたか

法政にはみんな苦手意識というものがあったと思います。それで慎重に入りすぎた結果思い切ったプレーができなくて、全部中になってしまったかなと思います。

――後半は早大ペースになったと思いますが、切り替えられたのでしょうか

そうですね。前半に決められれば良かったのですが、0―0で終わってしまって。でも、2連勝していて雰囲気もいいのでそういうところは後半につながっていけたのかなと思います。

――先制点をたたき出しましたが、そのシーンを振り返っていかがですか

攻めたり攻められたりの展開だったので、そこで先制点を取れたということは結構大きかったと思います。

――PCではいろいろなフォーメーションをしていましたね

今のホッケーはPCで決められないと厳しい展開になると思います。きょうはたくさんPCがありながら1本しか決められなかったので、これからインカレに向けてPCも練習していきたいと思います。

――これでグループリーグ1位通過が決まりましたね

来週にはインカレもあるのでいい形でつなげられたかなと思います。

――リーグの目標は優勝ですか

はい。頑張ります。