競走部

2013.10.13

第25回出雲全日本大学選抜駅伝 10月14日 島根・出雲大社前~出雲ドーム

出雲駅伝展望

 昨年の学生三大駅伝の成績は出雲全日本大学選抜駅伝(出雲駅伝)6位、全日本大学駅伝対校選手権3位、東京箱根間往復大学駅伝5位とどれも優勝争いに絡むことができなかった早大。巻き返しを図る前半シーズンは、エースの大迫傑駅伝主将(スポ4=長野・佐久長聖)が世界選手権に出場するなどのニュースに沸いたが、一方で大迫以外の選手が精彩を欠くなど課題も多く残った。危機感をもったチームはこれまでと合宿の内容を変えるなど改革に着手。全日本大学対校選手権大会(全カレ)ではその成果が長距離ブロック3人入賞という形で一つの結果を残した。そしてついに学生三大駅伝の初陣、出雲駅伝を迎える。

プレスインタビューに応じる渡辺監督

 早大は昨年、全ての駅伝で1区が失速。まさに『鬼門』となっている。ことしの出雲駅伝ではここに柳利幸(教2=埼玉・早大本庄)を起用した。陸上歴わずか3年という柳は全カレの一万メートルで6位入賞するなど一流の選手と戦えるだけの力をつけてきた。持ち前の粘りの走りで前に食らいつき上位でタスキをつなぎたい。

 前半の流れを作る上で重要な2区を任されたのはいまチームで最も好調の高田康暉(スポ2=鹿児島実)だ。1年時の昨年も同じ2区を出走し、区間4位と健闘している。3区も昨年と同じ山本修平(スポ3=愛知・時習館)。春は絶不調だった山本だが夏を超えて復調し全カレでも2種目入賞を果たした。「昨年は2、3区がうまく行ったので変えたくない」と渡辺康幸駅伝監督(平8人卒=千葉・市船橋)が信頼を置く2人で上位進出を狙う。

 4、5区は前半の流れを上手く後ろにつなぐ区間。ここに起用されたのはルーキーの武田凜太郎(スポ1=東京・早実)と大学駅伝初出場となる中村信一郎(スポ2=香川・高松工芸)の2人。4区の武田は5000メートルで13分台を記録するなどいまは主力の一人と言える。高校時代から外したことのない得意の駅伝でチームに勢いをもたらすだろう。

 5区の中村はもともと1500メートルを得意とするスピードのある選手。距離の短い出雲では中村のスピードが大きな武器となる。そしてアンカーの大役を任されたのはエースの大迫。昨年は、1区で区間賞を狙ったが10位と力を出せなかった大迫にとって出雲駅伝はリベンジの舞台になる。世界選手権などの海外遠征の疲労は心配されるが、世界を経験したエースにかかる期待は大きい。

(記事、写真 石丸諒)

1区 8.0キロ:柳利幸(教2=埼玉・早大本庄)

1993(平5)4月23日。171センチ、58キロ。

5000メートル 14分02秒13

ハーフマラソン 1時間3分26秒

春はケガで走れない日々が続いたが、復帰した6月にいきなり自己記録を更新。全カレでも入賞するなど陸上歴は3年ながら、もはやチームの準エース格に成長した。

高田

2区 5.8キロ:高田康暉(スポ2=鹿児島実)

1993(平5)6月13日生まれ。170センチ、54キロ。

5000メートル 14分18秒28

1万メートル 29分27秒06

ハーフマラソン 1時間3分26秒

出雲、全日本は出場するも、箱根は控えに回り悔しい思いをした。夏合宿以降はチームを走りで引っ張るなど調子が良い。練習通りの力を出し切れれば区間賞も狙える。

山本

3区 7.9キロ;山本修平(スポ3=愛知・時習館)

1991(平3)5月24日生まれ。168センチ、49キロ。

5000メートル 13分42秒17

1万メートル 28分14秒49

ハーフマラソン 1時間2分14秒

箱根後の連戦による疲労で前半シーズンは不本意なレースが続いたが、夏合宿を経て本来の動きを取り戻しつつある。3区での起用は3年連続。相性の良い出雲駅伝で完全復活を目指す。

武田

4区 6.2キロ:武田凜太郎(スポ1=東京・早実)

1994(平6)4月5日生まれ。174センチ、55キロ。

5000メートル13分58秒83

1万メートル 29分04秒20

ハーフマラソン ――

高校時代はトラックで結果を残すことはできなかったが、全国都道府県対抗男子駅伝の5区で区間賞を取るなど駅伝では実績を残してきた。5000メートルの記録はチーム4番手。ルーキーらしい物おじしない走りに期待したい。

中村信

5区 6.4キロ;中村信一郎(スポ2=香川・高松工芸)

1993(平5)4月14日生まれ。173センチ、55キロ。

5000メートル14分27秒29

1万メートル 29分56秒10

ハーフマラソン 1時間5分58秒

高校時代には総体の1500メートルで決勝に進むなどキレのあるスピードを持つ。大学ではまだ結果を出してはいないが、初めてとなる大学駅伝を飛躍のきっかけにしたい。

大迫

6区 10.2キロ:大迫傑(スポ4=長野・佐久長聖)

1991年(平3)5月23日生まれ。170センチ、53キロ

5000メートル 13分27秒54

1万メートル 27分38秒31

ハーフマラソン 1時間1分47秒

言わずと知れた学生陸上界エース。ことしは1万メートルで日本学生記録を更新し、世界選手権に出場するなど主戦場を世界に移している。

田中

補欠:田中鴻佑(法4=京都・洛南)

1991年(平3)11月25日生まれ。181センチ、63キロ。

5000メートル 14分24秒98

1万メートル 29分28秒2

ハーフマラソン 1時間4分06秒

臼田稔

補欠:臼田稔宏(基理3=長野・佐久長聖)

1992(平4)6月26日生まれ。171センチ、54キロ

5000メートル 14分13秒00

1万メートル 29分42秒00

ハーフマラソン 1時間4分00秒