ソフトボール部

2013.10.09

秋季リーグ戦 10月6日 早大所沢キャンパスグラウンド

接戦を制し、開幕白星

 頼もしいエースの好投で、白星発進だ。全日本大学選手権(インカレ)で無念の1回戦敗退を喫し、気持ちを新たに迎えた秋季リーグ戦(リーグ戦)。新チームとして初の公式戦で、先発の泉花穂(スポ2=香川・高松南)が圧巻の投球を見せた。春から1部昇格し、いきなり3位と好成績を挙げた東京富士大にも、快投を演じる。「バックのおかげ」という通り、味方の守備にも助けられ、2安打完封。5度の得点機をつくりながら2得点とつながりを欠いた打線を助ける泉の奮闘で、開幕戦勝利を収めた。

 全員で勝ち取った1勝だった。秋季リーグ戦の初戦、開幕投手に抜てきされたのは泉。吉村正監督(昭44教卒=京都・平安)から「思い切り投げてこい」と言われた通り、ミットをめがけて勢いよく腕を振る。直球に加え、武器とするチェンジアップで強豪・東京富士大を封じ込めた。球の走りが良かったのは間違いないが、好投の要因はそれだけではない。「みんなの声がすごくて」(泉)。泉を支えたのは、ナインの声援。走者を背負った時も、抑えた時も変わらぬ味方の声に、結果で応えた。与えた安打はわずか2、四死球も1と抜群の制球力で、完封勝ち。2本柱を担っていた後藤めい(スポ4=栃木・大田原女)、森下藍(スポ4=愛知・星城)が抜けた穴を、新エースがしっかり埋めた。

完封勝利を挙げた泉

 一方、打線はいまひとつ機能しなかった。両者無得点で迎えた5回。2死満塁の好機で、この試合から4番を務める福井小夏(スポ3=富山中部)に打席が回る。「打つことしか考えていなかった」という通り、気迫の一打でまずは1点を先制した。直後の6回には相手の失策が絡み1点を追加したが、奪った得点はこの2点のみ。得点圏に走者を置いた場面であと1本が出ず、本塁が遠かった。リーグ戦前に行われた練習試合2試合でも無得点だったように、打撃の課題は山積みのようだ。

先制打を放った福井

 インカレで悔しい8回サヨナラ負けを喫してから1か月が経った。来季雪辱を果たすためにも、ここから戦いは始まっている。「考えさせながらやっていきたい」と試合後、何度も「考える」という言葉を繰り返した福島早知子主将(教3=石川・門前)。新体制となって初めてのリーグ戦で、自分たちに必要なことを個々で考え、役割を全うすることが優勝への近道となるだろう。

(記事 栗坂美祐、写真 加藤万理子)

結果

早大 2-0 東京富士大

コメント

福島早知子主将(教3=石川・門前)

――新チームの初戦、どういった気持ちで臨みましたか

新チームで最初にした練習試合2試合で1点も取れなくて、正直焦りとかも感じていたのですが、今の自分たちにできることを精一杯やって、とにかく一生懸命やろうという気持ちでした。

――全日本大学選手権(インカレ)での悔しい敗戦からどのようにチーム作りをしてきましたか

自分の役割をよく考えるということを最上級生になった3年生がやっていこうという思いで練習してきました。そしていつも同じことをするのではなくて、「本当に今やる練習は良いのか?」とか「自分がチームのためにできることは何なのか」というのを、できないことも多いのですが考えていきたいなという風にしています。

――チーム作りという点では進行中ということですね

そうですね。やはりまだ試合経験の浅い選手もいますし、まず秋季リーグ戦では挑戦する気持ちで、リーグ戦と関カレ(関東大学選手権)を通して自分たちに必要なものを見つめたいです。やはり目標はインカレでの優勝というのは変わらないのですが、そのために何をするべきかというのを今は探している段階です。

――きょうの試合では泉花穂(スポ2=香川・高松南)選手が完封し、守り勝つことができましたね

私は捕手なのでいつも泉の球を受けていますが、一球一球丁寧に投げるということをバッテリーが目標としてそれに対して守備も一球もおろそかにしないでしっかり捕っていたというのが伝わってきてうれしかったですし、それを続けていきたいなと思いました。

――打線の2得点に関しては

先程も言ったように2試合で無得点だったので、そういう点ではまだまだ打撃の改善点があると思いますし、もっと練習しなくちゃと思っています。目標としてはインカレは10-0で勝つというもので、男子部がいつもコールド勝ちしているようにそれを目標に今男子の練習を参考にしなさいと提案されていて、秋以降も冬を通して打撃強化というのがインカレまでの変わらない目標ですね。

――次週の日体大戦、東女体大戦というヤマ場へ向けて

いろんな学部の人がいる集まりですし、授業期間となると全員が集まるということはできないので、どれだけ自分の意識を試合へ持っていけるかというのが大事になってくるので、少人数でも一緒に練習する者同士で何を意識するかということと、勝つためにどんな練習が一番良いのかということを自分で考えさせながらやっていきたいと思います。

福井小夏(スポ3=富山中部)

――秋季リーグ初戦はどのような思いで臨まれましたか

練習試合で1点も取れなくて負けてしまったので、どうにか点数を取って皆で勝ちたいなと思っていました。

――2安打とチームに貢献されていました

初めてスタメンで4番で、きのうはすごく緊張して眠れませんでした。でもきょうは意外と落ち着いていて、練習で調子が良かったから4番にしてもらったので、どうにか打って返さないとなと思っていました。もう打つことしか考えていなかったです。

――初めてスタメンで4番ということでしたが、新体制となって気持ちの変化はいかがですか

自分が一番最上級生になったので、行動や言動で引っ張っていかないといけないなと思っていて、誰よりも練習しようと思っています。

――大事な一戦である東京富士大戦を制し、チームの雰囲気はいかがですか

すごく良いと思います。

――今後に向けた課題はありますか

送るところは送る、ですかね。自分たちの役割をしっかり果たす。小技の子たちはバントのサインが出たらしっかり決めないといけないし、自分は4番なので打って返さなければいけないし。でもそこでバントのサインが出たらちゃんと決めなきゃいけなかったりで、そこをもっと詰めていけたらいいなと思います。

――来週の日体大戦、東女体大戦に向けて

全部勝ちたいです。みんなが出られる試合にしたいので、1点でも多く取りたいです。自分は次の試合も4番で出られるか分からないんですけど、出られたら絶対にランナーを返したいなと思います。

泉花穂(スポ2=香川・高松南)

――きょうの投球を振り返って

先生(吉村正監督、昭44教卒=京都・平安)が金曜日の練習の時に、「思いきり投げろ」と言ってくださって、打たれてもいいやと思って思いきり投げれたので、結構球が走っていたんじゃないかなと思います。バックが守ってくれたので、きょうはバックのおかげかなと思います。

――安打を2本に抑えました

リードですね。リードのおかげというか、自分の力じゃないかなあと。バックの声もあるし、みんなのおかげだと思っています。

――チェンジアップを有効に使っていましたが、どういう意識の元使っていたのですか

ワセダに入った時からチェンジアップを結構いいとおっしゃってくれていて、チェンジアップを有効に使わないと自分のピッチングじゃないので、(リードしてくれた)キャッチャーのおかげです。

――審判の判定が厳しい場面もありましたが、どう対応していきましたか

とにかく四球を無しにしようと思っていて、そこをとらないんだったらもういいやと思って(笑)。とってくれるところ優先で投げようかなと思いました、(後ろが)守ってくれるので。

――最終回も2塁に走者を進めながら落ち着いた投球をしていました

全く緊張はしていなくて、あんまり考えていなかったです。ランナーのことはあまり考えずに、みんなが守ってくれるって思って投げました。

――普段から緊張はしない方ですか

いや、この試合の前まではしていたんですけど、なんかきょうは楽しかったです。みんなの声がすごくて。

――上の先輩方がいなくなって、意識が変わったというのもあるのですか

「投げないと、やらないと」と思いながら、投げてました。

――インカレではかなり悔しい経験もされて、ひときわ思いの強いリーグ戦になっていますか

そうですね。怖いものはないかなって思って。先輩を勝たせてあげられなかったのは申し訳ないんですけど、もう投げるしかないなって思いました。

――後藤(めい、スポ4=栃木・大田原女)さん、森下(藍、スポ4=愛知・星城)さんが抜けて、ご自身でプレッシャーは感じていますか

いえ、もう一人先輩にいるので、濱田さんと頑張ろうかなって(笑)。先輩を抜けるように頑張ります。

――次の登板に向けて

一戦必勝で、ばく進して頑張ります!