準硬式野球部

2013.10.06

平成25年度東京六大学秋季リーグ戦 法大1回戦 10月6日 早大東伏見グラウンド

優勝懸けたカード 初戦は手痛い敗戦/法大1回戦 

TEAM
早大
法大 ×

 優勝を占う大事なカードの初戦。ここまで3カード連続で勝ち点を奪い、勢いに乗る早大が宿敵・法大と激突した。試合は、エース石田翔太(スポ4=神奈川・川和)が先発するも2回、5回にそれぞれ2点を奪われ主導権を握れない。打線も7回まで2安打と沈黙した。終盤に駒田開主将(スポ4=福岡・修猷館)の2点適時二塁打などで3点を返し反撃するも、あと一歩及ばず。宿敵との初戦を白星で飾ることは出来なかった。

不用意な失点に顔をゆがめる石田

 快音が響き、思わずエースの顔がゆがむ。不用意な1球だった。0-2と2点を先行されている5回に、石田は2死二、三塁のピンチを迎える。この場面で打席には、強打者の3番・橘廉(2年)。「ボールにするべきチェンジアップがど真ん中に入った」(石田)。甘く入った変化球を痛打されて2点を追加され、この失点が結果的に試合を決定づけた。この日は守備のミスも絡んだ。2回に捕手・木藤俊英(スポ3=愛知・時習館)の打撃妨害でピンチが広がり2点を先制され、追加点を奪われた5回も2つのミスでピンチが生まれた。石田は「守りのミスが出ても抑えるのがエースの役割」と言うものの、テンポよく切り抜けた回もあるだけに、守りのミスは悔やまれた。

 好機はあった。序盤、中盤と安打こそ少なかったものの、四球にも乗じて2回、6回と好機をつくった。しかし、あと1本が出ないまま7回まで無得点に抑えられ、ベンチにも重苦しい空気が流れる。雰囲気が変わったのは4点差で迎えた9回2死から。代打で登場した松本憲太郎(スポ2=福岡・筑紫丘)が粘った末に四球を選びベンチが沸く。さらに9番・土屋聡(スポ2=静岡・磐田南)が中前安打で続いて、打席には駒田。「チャンスであろうとなかろうとつなごうという意識」で打席に入った駒田は、粘ってフルカウントからの甘い球を豪快に振り抜いた。打球は右翼手の頭を越え、3-5と2点差まで詰め寄る。チームの柱の一打で流れは早大に傾いたかにも見えたが、反撃もここまで。駒田が「エンジンがかかるのが遅い」と振り返るように、打線に火がつくのが遅過ぎた。

最終回に2点適時二塁打を放った駒田主将

 優勝が懸かる大一番のカードの初戦は、流れを引き寄せられず手痛い敗戦となった。しかし終盤に好機で一打が出るなど、次の試合に向けての明るい材料も見られた。「勝たないと優勝を逃してしまう大事な一戦」と駒田が語るように、勝ち点を得るにはあすは絶対に負けられない戦いとなる。大事なのは序盤に流れをつかめるかどうか。序盤からエンジン全開で臨めれば、必ず勝利をつかんでくれるだろう。

(記事 河島孝大、写真 小川朝煕)

コメント

駒田開主将(スポ4=福岡・修猷館)

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

負けたときは毎回同じなんですけど、自分たちのミスやテンポの悪さから失点につながって、まあ打線もエンジンがかかるのが遅いなと。まあほんとにいつもの課題がそのまま出てしまったという感じですね。

――9回の攻撃ではかなり追い上げていたと思うのですが、あの打席はどういった意識で立っていらっしゃいましたか

そうですね。ほんとに一戦一戦を集大成だと思ってやっているので、あれがチャンスであろうとなかろうとつなごうという意識で今は打席に立っていますね。

――打撃妨害が2度あったりと防ぎようのないミスが流れを悪くしてしまったのでしょうか

防ぎようのないミスというのは確かにそうなんですけど、その後の気持ち的なブレというか切り替え方が一人一人下手くそだなと。その辺りが課題ですね。

――そんな中でも5回に石田さん(翔太、スポ4=神奈川・川和)や南さん(貴文、スポ3=兵庫・加古川西)がはじいた打球を駒田さんがカバーするプレーもあって、みんなのミスを補っていこうという姿勢がうかがえたのですがいかがでしょうか

そうですね。きょうはたまたま捕れたんですけど、常にピッチャーが打ち取った打球は全部アウトにしたいという気持ちでいるんで、色んなリスクを考えながら守備位置を考えているつもりです。

――あしたの2回戦に向けて

あしたは勝たないと優勝を逃してしまう大事な一戦ですので、とにかく勝ちにこだわって、あとはきょうの試合の終盤はテンポよくできたと思うのであしたまた初回から出せればなと思います。

石田翔太(スポ4=神奈川・川和)

――きょうのピッチングを振り返ってどうでしたか

エースの役割を果たせなかったかな、という感じです。

――失点した場面を振り返ってどうでしょう

きょう一番反省するとしたら、2点タイムリーヒットの時のボールだと思います。5回、ボール球にするべきチェンジアップが抜けて、ど真ん中に入ってヒットにされてしまいました。あれは自分のミスだったので悔しかったですね。

――5回は守備のミスが絡んでピンチになりましたが、動揺はありましたか

守備のミスは今までもあったので、動揺はありませんでした。ただ最後に打たれてしまったのは詰めが甘かったですね。

――きょうの試合でどのような課題が出ましたか

2アウトまではうまく取れましたが、そこから踏ん張れませんでした。守りのミスが出ても抑えるのがエースの役割だと思います。今日は果たせなかったです。次回はエースの役割を果たせればと思います。