野球部

2013.10.05

秋季リーグ戦 10月5日 神宮球場

完封リレーで辛くも逃げ切る/東大1回戦

TEAM
慶大
東大
○加藤、白村-小笠原
◇二塁打 齋藤、谷田、横尾

 慶大にとって首位を固めるためにも勝ちを収めたい東大との一戦。慶大は3回、横尾俊建(2年)の中前適時打で先制点を得る。その後追加点は奪えなかったが、投手陣が完封リレーで逃げ切り、東大を1-0で下した。

 ここ2試合で13得点と、調子の良い慶大打線。きょうは一転してその打線が機能せず、再三の好機を生かしきれずに終わった。2回には先頭の齋藤大輝(1年)の中越え二塁打などから1死一、二塁の好機をつくる。ここで後続が連続の三振に倒れてしまい、先制とはならなかった。無得点のまま迎えた3回、4番・谷田成吾(2年)の左中間を破る二塁打で好機を演出すると、続く横尾の中前適時打で先制。その後も東大先発の白砂謙介の暴投や四球から2死満塁と攻め立てるが、追加点を奪えない。4回以降も相手投手の粘りの前にあと1本が出ず、得点は3回の横尾の適時打のみと、制球に苦しむ東大投手陣を攻略できなかった。

好機で三振し、うつむく渡邊暁

 先発マウンドに上がったのは、法大3回戦から3戦連続の先発となる加藤拓也(1年)。初回から先制の局面を度々招くが、要所を抑える投球で東大打線に得点を許さない。4回には四球と盗塁から1死二塁とされると、続く阿加多優樹の打球が三遊間を抜ける。二塁走者が三塁を蹴り同点に追い付かれたかと思われたが、この回に代打から守備に就いた左翼手・荒川健生(4年)の好返球で本塁タッチアウト。見事無失点で切り抜けた。6回の1死二塁の場面からは、白村明弘(4年)が登板。このピンチを救うと、9回まで投げ無失点の好投。2投手の継投で東大打線を零封した。

試合をつくる投球を披露した加藤

 東大に勝利こそしたが、課題ははっきりと見えてしまった。8安打9四球ながら、わずか1得点に終わってしまった打線である。出塁はできたのだから、あとはその走者をどうかえすかだろう。つながりを意識した隙のない打線は相手にとって脅威に違いない。投手陣の調子が上がっているいま、野手が各々の仕事をすれば、陸の王者の優勝がおのずと近づいてくるはずだ。

(記事 谷口武、写真 山辺剛士、伊能由佳)