野球部

2013.10.01

秋季リーグ戦 10月1日 神宮球場

法大から5季ぶりに勝ち点を挙げる/法大4回戦

TEAM
慶大
法大
加藤、○白村-小笠原
◇長打(三塁打)渡邊暁、齋藤(二塁打)山本泰、松本大、横尾
二塁打 齋藤、谷田、横尾

 両校共に絶対に負けられない状況で行われた法大4回戦。この大一番を制したのは慶大であった。4回に先制すると、その後も小刻みに加点。8回にも横尾俊建(2年)の2点適時二塁打で法大を突き放す。投げては連日の登板となった加藤拓也(1年)、白村明弘(4年)がそれぞれ最小失点にまとめ、5-2で勝利。見事、法大から5季ぶりとなる勝ち点を挙げた。

 慶大の勝利への執念は、その選手起用からも明らかであった。1回戦、そして前日の3回戦に続く先発となった加藤。連投の疲れもある中、加藤はその起用に応えてみせる。5回、2死満塁の場面で押し出し四球を与えて降板となったが、5回途中1失点とうまく試合をつくった。後を受けた白村はわずか4球でこのピンチを切り抜ける。その後も犠飛による1失点のみに抑える好投。ここ数試合は中継ぎでの起用が続く白村だが、慶大のエースとしての意地を見せつけた。

最後の打者を打ち取り、ガッツポーズする白村

 奮闘する投手陣を援護したい慶大打線。まずは4回、山本泰寛(2年)が二塁打で出塁すると、谷田成吾(2年)が安打で続く。1死一、三塁となり、迎える打者は横尾。その打球は内野ゴロとなる。しかし、相手が打球処理に手間取ったことで併殺は取れず。その間に先制点を挙げることに成功した。5回には渡邊暁眞(4年)、6回には代打出場の斎藤大輝(1年)がそれぞれ外野手の頭上を越える適時三塁打を放って加点。渡邊暁と齋藤は共に塁上で派手にガッツポーズを見せ、慶大ベンチを盛り上げる。さらに8回には横尾がダメ押しとなる2点適時二塁打を放ち、勝負を決定づけた。2回戦では苦しめられた法大先発の石田健大を5回途中で降板に追い込んだことも、慶大打線にとっては大きな収穫であろう。

代打でも結果を残した齋藤

 勝ち点を2とし、勢いに乗る慶大。法大戦で4試合を戦い抜いたことで疲労もたまっているはずだ。しかし、優勝の可能性を残すためにはまだまだ厳しい戦いが続いていく。次なる相手は東大。気を抜くことなく、確実に勝ち点をものにしたい。春は5位に沈んだ『陸の王者』の逆襲がいま始まる。

(記事 井上雄太、写真 廣瀬元宣)