メニュー

野球部

2013.09.30

秋季リーグ戦 9月30日 神宮球場

大量得点で雪辱果たす/法大3回戦

TEAM
法大
慶大 ×
○加藤、明、白村―小笠原、須藤
◇二塁打 齋藤、渡邊暁、谷田2、松本大

 前日の大敗で後がなくなった慶大。優勝を懸けた勝ち点獲得のために背水の陣で法大3回戦へ臨んだ。初回から横尾俊建(2年)の適時打などで2点を先制すると、2回にも3得点と法大を引き離す。きのう撃ち込まれた投手陣は3投手の継投で抑え込み完封と、1、2回戦で露呈した投打の課題を改善し8-0で大勝した。

 期待の新星が輝きを放った。先発は1回戦で3点本塁打を打たれ無念の降板を喫した加藤拓也(1年)。140キロ台の直球を中心に3回までを無安打に抑え、1回戦と全く同じ内容で鬼門の4回を迎える。1死から内野安打で出塁を許すと、打席には本塁打を打たれた西浦直亨。前回の反省を生かし、変化球を織り交ぜながら丁寧にコースを投げ分け1-2に追い込む。最後は外角のスライダーで空振に封じ込み、見事1回戦の借りを返した。

好投を見せ、初勝利を飾った加藤

 加藤は法大打線を2安打に封じ込める力投で6回に降板。7回には今季初登板の明大貴(3年)が無失点と上々の仕上がりを見せた。8回からは白村明弘(4年)が2イニングを抑え試合終了。完璧な投手リレーで法大打線を零封した。

 1回戦は14安打を放ちながら3得点、2回戦はわずか5安打と打線が機能しなかったが、この日は3度の集中打で得点を重ねた。初回、ケガで離脱した佐藤旭(3年)の代わりに1番を務めた渡邊暁眞(4年)が左前打で出塁。その後2死一、二塁とすると、5番の横尾が中前に落としまずは1点を先制。リーグ戦初スタメンの斎藤大樹(1年)も左越え二塁打で続き、2点目を獲得した。2回には谷田の適時二塁打などで3点を追加し、序盤から試合の主導権を握る。3回以降は凡退が目立ったが、7回に再び打線が爆発。2回に引き続き谷田がダメ押しの2点適時二塁打を放ち、試合を決めた。

先制の適時打を放ち喜ぶ横尾

 先発・加藤のリーグ戦初勝利や大量12安打で8得点など、理想のかたちでの勝利を手にした慶大。あすの4回戦でもきょうのような試合運びができれば、おのずと結果はついてくるだろう。選手たちに疲れも見受けられるが、総力を結集して勝ち点を取りにいく。

(記事 廣瀬元宣、写真 川口真由)