野球部

2013.09.28

秋季リーグ戦 9月28日 神宮球場

意地の激突、決着つかず/法大1回戦

TEAM
法大
慶大
加藤、三宮、白村-小笠原、手錢
◇二塁打 加藤

 秋季リーグ戦の第3週に突入し、カギを握る一戦となる法大との試合が行われた。慶大は4番・谷田成吾(2年)の左前適時打で幸先良く先制すると、3回にも横尾俊建(2年)の左前適時打で追加点を挙げ2点のリードを奪う。4回に3点本塁打で一気に試合をひっくり返されるも、5回には代打・大坪兼士(4年)の適時打で同点。互いに3点を取り合った6回以降は、白村明弘(4年)、納富秀平の4年生同士による投げ合いが続き、試合は3―3の引き分けに終わった。

同点の適時打を放ち、腕を掲げる大坪

 きょうの慶大の打撃陣に共通していたのは粘るという姿勢。出塁への執着心が顕著に表れており、その意識が5回の攻撃へとつながった。 1点を追う場面、連打で無死一、二塁の好機を演出すると、ここで代打に起用されたのは大坪。2球目を捉えると、打球は内野の間を抜け中前へ。この間に二塁走者が生還し、同点に追いつく。勝負強さを見せつけた大坪は、期待に応え自らの存在感を示した。その後は毎回のように走者を出すもあと一本が出ず、追加点が奪えない。安打数は14本ながら、3得点に終わった内容には課題が残った。

6回以降無失点に抑えた白村

 先発は、立大3回戦で先発デビューを飾り、圧巻のマウンド度胸を披露した加藤拓也(1年)。変化球と直球を織り交ぜたテンポの良い投球で、3回まで法大打線を無安打に抑える。しかし続く4回、1死一、二塁から4番の西浦直亨に高めに浮いた直球を左翼スタンドに運ばれてしまう。下級生の力投に続き、後を継いだのはエース白村。調子が徐々に上向きつつある白村は4回を無安打に抑え、4三振を奪う投球を見せた。マウンド上で淡々とボールを投げ込み、打者を打ち取るその姿は、見ている者にエースの貫禄を感じさせた。

 互いに譲らぬ展開となったきょうの試合。両者共に追加点が奪えず、決着がつくことはなかった。「負けられない」という揺るぎない気持ちを、あすの試合にどうつなげてゆくか勝利への執念を次戦、そして3回戦で見せつけたい。

(記事 深谷早紀、写真 目良夕貴、井上雄太)