バレーボール部

2013.09.22

秋季関東大学リーグ戦 対国際武道大 9月21日 専大生田校舎総合体育館

貫録のストレート勝ちで、連勝を延ばす

 先週、ホームで2連勝し波に乗るワセダ。2部から昇格してきた国際武道大に対し確実に勝利を収めたいところである。試合は第1セットを危なげなく奪うと、続く第2セットもワセダが優位に試合を進めて連取。第3セットも大差をつけ、セットカウント3-0(25-15、25-21、25-15)のストレート勝ちで、力の差を見せつけた。

福山を中心に成長を見せたブロック

 リーグ戦3連勝を狙い、臨んだ一戦。開始直後は互いに点の取り合いが続くが、吉村康佑主将(スポ4=長崎・佐世保南)のレフトからの強烈なスパイクを機に一気に6点を連取。「きょうはスタートから全員アップできていて、いい出だしとなった」(福山汰一、スポ2=熊本・鎮西)というように、しっかりとスパイクやレシーブを決め、25-15の大差で第1セットを取った。

 第1セットの流れのまま行きたい第2セット。中盤に相手のサーブミスから4点を連取すると、そのまま優位に試合を運ぶ。完封勝ちの見えた第3セットは、序盤こそリードを許してしまう展開となる。しかし七里幸洋(社4=大阪・清風)のスパイクや専田和也(スポ3=神奈川・弥栄)の好サーブで追いつくと、そこからは地力で勝るワセダが得点を重ねていく。点差を広げ、終盤にはきょう一番の見どころとなった福山の3連続ブロックが決まり、勝負あり。25-15でこのセットも奪い、ストレート勝ちで格下相手にワセダのバレーを見せつけた。

力の差を見せつけた七里のスパイク

 「ブロックが決まりましたし、自分たちの得意であるプレーが試合で出せた」(吉村主将)と、相手に左右されず油断することなく自分たちのバレーができたこの試合。福山も自分の試合終盤の3連続ブロックについて「ただ前に出そうということを意識してやっていただけ」と語るが、技術的に進歩しているのは確かだろう。個々が成長し、調子を上げている様子がうかがえる。あとは普段通りの力を試合で出せれば、どんな相手にも勝つことができるはずだ。

(記事 谷口武、写真 田中竣)

セットカウント
早大 25-15
25-15
25-21
25-15

国際武道大
スタメン
レフト 吉村康佑(スポ4=長崎・佐世保南)
レフト 専田和也(スポ3=神奈川・弥栄)
センター 濱松啓陽(スポ3=佐賀商)
センター 福山汰一(スポ2=熊本・鎮西)
ライト 七里幸洋(社4=大阪・清風)
セッター 山口頌平(スポ1=長崎・大村工)
リベロ 本間隆太(スポ4=神奈川・弥栄)
コメント

吉村康佑(スポ4=長崎・佐世保南)

――きょうは普段通りのプレーをすれば勝てる相手だったと思いますが、戦ってみていかがでしたか

ブロックが決まりましたし、自分たちの得意であるプレーが試合で出てたので楽に勝てたと思います。

――相手は強烈なジャンプサーブを打ってくる印象だったのですが、いかがでしたか

一発勝負というか、入るか入らないかの勝負だったので入ってきたときはエースを取られるところもあったんですけど、しっかり返してファーストブレイクにつなげられたのであしたにつながるプレーができたと思います。あしたはブロックの高さがある相手なのでファーストブレイクできるかどうかがカギだと思って頑張りたいと思います。

――今週はあしたの順天堂大戦が山場になると思いますが、意気込みを教えてください

そうですね。東日本インカレ(東日本大学選手権)でも戦っていて相手のことも知っているので自分たちのプレーをやるだけだと思います。

福山汰一(スポ2=熊本・鎮西)

――きょうは2部から昇格してきた国際武道大との試合でしたが、戦ってみていかがでしたか

きょうはスタートから全員アップできていて、いい出だしとなりました。これまでの試合より調子も良かったので、スムーズに戦えたと思います。

――終盤3連続でブロックを決めましたが、何か技術的なコツをつかんだりしたのですか

特に何もないです。ただ前に出そうということだけを意識してやっていました。

――攻撃陣が好調ですね

今回は七里さん(幸洋、社4=大阪・清風)も自分で調子がいいと言っていましたし、プレーを見ていても全員調子がいいと感じられました。なので、全員このまま調子を上げていければいいなと思っています。

――明日は高さのある順大が相手ですが、何か対策などはありますか

いまのところ特別何もないです。高い相手なので、相手を見ながらスパイクを打っていこうかなと考えています。