野球部

2013.09.18

秋季リーグ戦 9月18日 神宮球場

激闘制し勝ち点獲得!/立大3回戦

TEAM
立大
慶大 2X
加嶋、加藤、○白村-小笠原
◇二塁打 横尾、谷田

 延長戦を制し、1勝1敗のタイに持ち込んだ慶大。今季一つ目の勝ち点奪取を狙い立大との3回戦に臨んだ。2回戦同様に1点を争う展開の中、1点ビハインドの7回に横尾俊建(2年)の適時二塁打で試合は振り出しに。しかし直後に白村明弘(4年)がスクイズで勝ち越しを許してしまう。1-2と追い込まれた最終回、慶大は無死二、三塁とすると、相手守備にほころびが生じ2者生還。思わぬ形で逆転サヨナラ勝ちを収め、勝ち点1をつかんだ。

同点の適時打を放った横尾

 諦めない気持ちが流れを呼んだ。0-1で迎えた7回、無死一塁の場面で打席には横尾。初球を捉えると、この当たりが左中間を大きく越える二塁打となり一塁走者が生還。本来の長打力が鳴りを潜め、不調にあえいでいた男は今季初の長打に塁上で喜びを爆発させた。1点を勝ち越され、もう後がない9回にもその勢いがチームに活気を与える。連打で無死二、三塁の好機をつくると、打順はまたもや横尾へ。逆転へ向け意気高まる場面、ボールカウント0―2から横尾のバットは空を切るが、捕手が投球をそらす。さらに振り逃げを阻止すべく投じられた送球は暴投となり、走者2人が一気に本塁へ。チーム全員の勝ちへの執念が勝ち星を呼び込んだ。

エースとして力投した白村

 投手陣も総力をつぎ込み立大打線へ立ち向かった。先発の加嶋宏毅(2年)は4回に適時打を浴び先制点を許したが、2度の併殺を奪うなど打たせて取る投球を見せる。対して2番手の加藤拓也(1年)は140キロを超える速球で2イニングを3奪三振、無失点に抑え打線にリズムを与えた。3人目のマウンドに送られたのは白村。失策と安打で1死一、三塁とされると安田航に勝ち越しのスクイズを決められるが、ここから崩れないのがエース。その後は追加点を許さず、味方の援護により2勝目を挙げた。登板した3人とも連投でありながら、疲れを見せない力投がチームを救ったと言える。

 苦難の末にようやく勝ち取った勝ち点。接戦を制した慶大ナインは勝利の瞬間、大きな喜びとともにグラウンドへ集まった。1回戦で大敗を喫したチームは明らかに成長を遂げている。次に迎え撃つのは春季リーグ戦で連敗した法大だ。4季ぶりの優勝を狙う慶大にとって大きな山場となるだろう。春の雪辱を果たすべく、さらなる進化が望まれる。

(記事 盛岡信太郎、写真 植田涼介)