準硬式野球部

2013.09.18

平成25年度東京六大学秋季リーグ戦 立大3回戦 9月18日 早大東伏見グラウンド

好機を逃さず勝ち点を手に/立大3回戦 

2013.9.19

平成25年度東京六大学秋季リーグ戦 立大三回戦 9月18日 早大東伏見グラウンド

好機を逃さず勝ち点を手に

TEAM
立大
早大 ×

 1勝1敗、勝ち点を懸けた戦いとなったきょうの試合。台風のため順延が続き平日の開催となったが、多くの観衆が訪れた。早大は2回に犠飛で先制すると、5回にも相手のミスから好機をつかみ6点を追加。立大を突き放した。投げては先発・石田翔太(スポ4=神奈川・川和)が四球を与えない好投を見せ、7回3失点。投打がかみ合い、見事白星で勝ち点を手にした。

先制となる犠飛を放った南

 飛び出した安打の数は決して多くはなかった。それでも相手のミスを見逃さず、好機につなげる。2回、1死三塁の場面で打順は7番・南貴文(スポ3=兵庫・加古川西)。高く浮いた2球目。甘い球を見逃さなかった。振り抜いた打球は青空に弧を描いて、中堅手のグラブへ吸い込まれてゆく。タッチアップには十分な大きさだった。走者が悠々と帰り、貴重な先制点を奪う。さらに5回、相手の失策や四球に乗じて追加点を奪うと、木藤俊英(スポ3=愛知・時習館)と南の連打でこの回一挙6得点。打者10人、試合を決定づけるビッグイニングとなった。

 投手陣にも堅実さが光った。先発はエースの石田。打たせて取る投球で着実にアウトの山を築き、走者を出しても焦らず打者に集中した。試合中盤には味方の失策から出塁を許し3点を奪われたものの、7回を投げて無四球、自責点1の圧巻の投球。マウンドを引き継いだ向江洋光(人2=大分上野丘)もテンポの良い投球で残る2回を締め、立大打線を抑え込んだ。

守備でも試合をもり立てた嘉悦

 7-3。終わってみれば大きく差をつけての勝利となったが、選手たちの表情は決して晴れやかではなかった。守備でも失策が目立ち、打線も6回以降は1安打と沈黙。東京六大学春季リーグ戦でも1敗を喫してから連勝で勝ち点を手にしたが、今季も同様の結果となったことについて南は「スイッチが入るのが遅い」と口にする。宿敵・慶大との対戦は3日後に迫った。引退を控える4年生にとっては最後の早慶戦。舞台はもう整っている。エンジン全開の早大打線が見られるか。

(記事 芦沢仁美、写真 小川朝煕)

コメント

石田翔太(スポ4=神奈川・川和)

――勝ち点の懸かった大事な試合での先発でしたが、きょうの試合を振り返ってみていかがですか

グラウンドに出れない日が3日間あって、そこだけが不安だったんですけど普通にできて良かったです。

――この3日間グラウンドで練習できない中でどのようにモチベーションや体調の管理をしたのでしょうか

台風の日は動くのもきつかったんですけど、モチベーションはきのう(試合結果の)速報を見てチームが勝ってくれていたので、きょうはもともと自分が投げると決まっていたのでモチベーションが下がるということはなかったです。

――体が動くか不安だったとのことですが、フォアボール0個という内容に関してはどうでしょうか

要所が甘かったなあと思いますね。2点タイムリーにしろ、7回の1点にしろエラーが絡んでますけどあそこで抑えるのがエースだと思うんで。自責点は付かないですけど、あそこで抑えていれば打線も打っていい流れで試合をつくれたと思うのでそこは反省ですね。2ストライクからのコントロールがちょっと甘かったですね。

――7回に1点失う原因となったスリーベースの後のバッターにはそれまでと比べて球威が増していたように思うのですが、それはこれ以上点をやれないという気持ちからでしょうか

そうですね。入りは良かったんですけど、フィニッシュが力んで曲がらなかったです。

――次週の慶大戦に向けて意気込みや課題があればお願いします

(大学生活)最後の早慶戦なので普通にやれば勝てると思うんですけど、もうしあさってなので体のコンディションを整えてチームを引っ張っていければなと思います。

南貴文(スポ3=兵庫・加古川西)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

3戦目ということもあって負けられない試合だったんですけど、その中で自分が先制点を挙げることができて入りとしては上々でした。でも中盤にエラーをしてしまって、まだまだ課題は多いということも感じました。

――南さんから見て打線の調子はいかがですか

上がってきているとは思います。チャンスでの一本がそれなりに出てきているので。このままもっと上げていけたらと思います。

――先制点、ダメ押しの1点が懸かっているとき、どちらもチャンスで打席が回ってきましたが、どのような気持ちでしたか

リラックス、とにかく力を抜くこと。それと狙い球をしっかりと決めたことです。

――春のリーグ(東京六大学秋季リーグ戦)に続いて立大に1敗、そしてそれから連勝となりましたが

スイッチが入るのが遅い、のだと思います。