バドミントン部

2013.09.17

関東大学秋季リーグ戦 9月15日 神奈川・日体大健志台米本記念体育館

女子は悔しい2連敗

シャトルに手を伸ばす我妻

シャトルに手を伸ばす我妻

 関東大学秋季リーグ戦(秋季リーグ)2日目は、男女で異なる結末となった――。男子は苦戦を強いられる場面もあったが、帝京大を4―1で下した。一方女子は、試合の主導権を握ることなく専大に敗北を喫し、開幕2連敗となった。

 女子の先陣をきったシングルス1がストレートで負け、続いてコートに現れたのは我妻美沙紀(スポ1=宮城・聖ウルスラ学院英智)。第1ゲームは伸びやかなフォームで鋭いスマッシュを幾度となく決め、6点差をつけこのゲームを取る。第2ゲームに入ると、息を吹き返した相手が我妻に襲いかかる。勝機を見出し攻めていきたいところだったが、「気持ちの中で焦った部分があった」(我妻)と振り返るように、自身のミスが災いしフルセットの末敗れてしまった。その後ダブルス1も落としてしまい、早大の負けが決定している中でもダブルス2の渡辺梨沙(スポ3=北海道・札幌静修)・島田きらら(スポ1=青森山田)は奮闘した。フルセットにもつれこむ大接戦となり、均衡した試合を繰り広げる。途中2点リードしていたものの最後まで粘りきれず、1日目に続き女子部は全敗となった。

齋藤(手前)・古賀組

齋藤(手前)・古賀組

 丸尾亮太郎主将(スポ4=群馬・伊勢崎清明)率いる男子は強さを見せつけた。シングルス1、2が終わった時点でゲームカウント1―1とし、勝ち越すためにはダブルス1で勢いをつけなければならない。その思いを託されたのは、下級生コンビの古賀輝(スポ2=埼玉栄)・齋藤太一(スポ2=福島・富岡)ペア。序盤から果敢に攻め、第1ゲームをなんとか物にする。しかし、続く第2ゲームで相手ペアの猛追にあい、勝負の行方はファイナルゲーム持ち込まれた。ここから二人の集中力が存分に発揮される。強弱つけた古賀の攻撃と齋藤の力強いスマッシュが冴え渡り、早大の勝利に貢献する貴重な白星を挙げた。その後ダブルス2でとシングルス3も快勝し、次戦への良い弾みをつける結果となった。

 男女の結果は全く違うものになってしまったが、まだ戦いは始まったばかり。女子は起死回生のチャンスを懸け、法大戦へ。男子は優勝を目指し、日体大戦へ――。全力で臨むだけだ。

(記事 郡司桃子、写真 又坂美紀子)

結果

▽男子団体○4-1
シングルス1 丸尾亮太郎○2-0(21-14、23-21)
シングルス2 和田治久●0-2(17-21、19-21)
ダブルス1 古賀輝、齋藤太一○2-1(23-21、15-21、21-14)
ダブルス2 丸尾、和田○2-1(21―14、11―21、21―11)
シングルス3 古賀○2-1(21―15、18-21、21-15)

▽女子団体●0-5日体大
シングルス1 清水恵●0-2(11―21、8―21)
シングルス2 我妻美沙希●1-2(21―15、15-21、13-21)
ダブルス1 亀田楓、関川容子●0-2(19-21、15-21)
ダブルス2 渡辺梨沙、島田きらら●1-2(12-21、21-17、18-21)
シングルス3 上田真帆●0-2(19-21、11-21)

結果

丸尾亮太郎主将(スポ4=群馬・伊勢崎清明)・和田治久(スポ3=埼玉栄)

――開幕から2連勝、チームの雰囲気は

丸尾 いいと思います。(ペアを組んでいた嘉村昌俊、スポ4=熊本・八代東、のケガについて)不安はもちろんありますけど、逆に気楽にやっています。

和田 僕たちはもう主将についていくだけなんで。

――お二人ともシングルス1、2に出られています、調子はいかがですか

丸尾 シングルスは、自分が取らなきゃいけないというプレッシャーはありますが、その中でちゃんと取れているので、まあそこは良かったかなと思います。

和田 自分は逆にそういうプレッシャーの中で負けてチームに迷惑を掛けてしまっているので、だからダブルスは本当に勝ちたくて、必死に頑張りました。(2日目のこの日は17-21、19-21とあと少しですが、)やっぱりどうしてもプレッシャーに勝ち切れないんで、そういう場面でしっかり勝ち切れるようになりたいと思います。

――お二人でのダブルスは2日目となりましたが、1日目との違いは

丸尾 特別にどうこう修正しようというのは無かったんですが、とりあえずディフェンスに回ったら弱いというのが分かったので攻め続けていこうというのと、あとは楽しくやりたいと思っていました。

和田 自分も同じで、思い切り良く、必死にやりました。

――完全にワセダペースとなった1ゲーム目と、ダブルスコアで落としてしまった2ゲーム目との差は

丸尾 1ゲームは特に意識はしていなかったんですがうまく攻められていて得点にも結びついていたんですが、2ゲーム目に入ってから守り始めてしまって、途中で(2ゲーム目は)無理だって話しました。

――3ゲーム目はイレブン以降完全に突き放した展開でしたが、振り返ってみて

和田 自分たちから攻めていくことができたので、最後まで楽しく良い形で終われたと思います。

丸尾 リードするのが一番大事だと思っていました。序盤からうまくリードできてその後もリードを守れていたのは良かったです。

――3日目までに修正していきたい点は

丸尾 疲れもあるのでちゃんと休みを取って、あとは楽に練習していきたいです。

和田 今はどうこうしてもしょうがないと思うので、調子を少しでも上げられるようにやっていきます。

我妻美沙紀(スポ1=宮城・聖ウルスラ学院英智)

――1日目の試合を振り返ってみていかがですか

きのうは体育館の空調が効いていてシャトルが自分の思ったところにコントロールできなかったので、きょうはスマッシュなどあまり風の影響がないプレーをしようと心がけました。

――初戦ということでプレッシャーはありましたか

はい。団体戦は特に、後ろに先輩方がベンチで入っているので、個人戦よりは緊張しました。

――きょうの試合についてです。第1セットはイレブンを先取され、その後7連続ポイントで逆転しましたが、そのときのことを振り返っていかがですか

とりあえずラリーすることを意識して…決めに行ってしまったらミスしてしまうので、とりあえずラリーすることだけ考えてやりました。

――第2セット終盤から第3セット序盤で連続失点をして引き離されてしまいましたが、その時はどういった心境でしたか

第1セットを自分が取って第2セットを相手に取られたことで、気持ちの中で焦った部分があって、そこで点数を逆に取られてしまいました。

――この夏を経て成長した点はどこだと思いますか

春に比べて、ラリーをしていてもあまり体力が切れなかったので、体力の面ではついたかなと思います。

――今大会は2連敗ということですが、これからどういう改善をしていけばチームで勝てると思いますか

チームが一丸となって、応援も試合をしている人も、もっと盛り上がって相手に向かっていけば、勝てると思います。

――3日目の法大戦に向けて意気込みを聞かせてください

法大は1部の中で1番強いと思うので、少しでも自分のプレーができるように、そして1勝をあげられるように頑張りたいです。