野球部

2013.09.14

秋季リーグ戦 9月14日 神宮球場

立大相手に完敗、リーグ戦黒星発進/立大1回戦

TEAM
立大
慶大
●白村、三宮、山田、佐伯、加嶋-手錢、小笠原、藤井
◇二塁打 松本大

 春は多くの選手が不調に苦しみ、5位に終わった慶大。秋季リーグ戦(リーグ戦)開幕日となるきょうは、昨季1勝2敗で勝ち点を奪われた立大との対戦となった。先発の白村明弘(4年)は立ち上がりから立大打線の猛攻を受け、守備のミスも絡み4回途中で5失点。打線も好機での凡退が目立ち、投手陣を助けることができない。9回には加嶋宏毅(2年)が2点本塁打を浴びてとどめを刺され、1-9で試合終了。今季を占う重要な開幕戦で、大敗を喫してしまった。

本来の投球ができなかった白村

 ラストシーズンの開幕戦、好投は見せられなかった。先発はエースの白村。昨季の不調を挽回すべくマウンドに向かったが、ピンチで踏ん張りきれない。2回、2死満塁から小尾拓大の2点適時打で先制を許す。4回にも1死一、三塁から小尾に適時打を浴び、走者を背負ったまま無念の降板となった。救援陣も悪い雰囲気を断ち切ることができず、点差を広げられてしまう。9回には加嶋が立大のクリーンアップに捕まり、岡部通織に2点本塁打を許すなど3失点。課題の多く残る結果となった。

 立大に打ち込まれる投手陣をどうにか援護したい打線。先制された直後の2回、白村が自らのバットで反撃ののろしを上げる。内野安打で出塁すると、その後堀野真主将(4年)の左前安打で二塁から一気に生還し、1点を返した。しかし、以降は立大先発のルーキー澤田圭佑の好投の前に沈黙させられる。打線がつながらず、結局得点はこの1点のみという結果に。立大の13本に対し慶大10本と両校の安打数では大差がなかったものの、ここぞという場面での一本が試合を左右した。

チーム唯一の得点を挙げた堀野主将

 終始立大に主導権を握られてしまったきょうの試合。昨季の不本意な成績を吹き飛ばすような勢いは、投打共に見られなかった。特に4、5番の谷田成吾(2年)、横尾俊建(2年)に安打が出ず、好機を何度もつぶしてしまったのは大きな痛手である。しかし、約1か月半にわたって行われるリーグ戦もまだ始まったばかり。多くの課題が浮き彫りになったという点では、今後につながる開幕戦となったはずだ。春の雪辱は果たせるか。慶大ナインの奮起に期待したい。

(記事 芦沢仁美、写真 野宮瑞希、手塚悠)