ソフトボール部

2013.09.12

第48回全日本大学選手権 9月8日 大阪・舞洲運動広場

打線爆発!東海大、京産大に快勝

 全日本大学選手権(インカレ)2連覇を目指すワセダはこの日、2回戦で東海大、準々決勝で京産大と対戦した。東海大戦では初回に吉田享平(スポ3=群馬・中央中教校)の適時打で先制すると、その後も犠飛などで4点を奪う。3回に4点を追加し、8-0で5回コールド勝ちを収めた。続く京産大戦でも攻撃の勢いは止まらず、初回にいきなり5点を先制する。2回に2点、4回に1点を追加し8-0で2戦連続でのコールド勝ちを収め準決勝へ駒を進めた。

 2回戦、初回に四球、内野安打で好機を演出し連打で幸先よく4点を先制したワセダ。3回には吉田のランニング本塁打に加え北村和也主将(人4=長野・佐久長聖)の適時打などでさらに4点を追加し試合を決定づけた。投げては先発・西村直晟(スポ4=大阪・清風南海)が二塁を踏ませない好投をみせ、2番手の増井和輝(スポ4=千葉敬愛)も東海大打線に得点を許さず見事に抑えきった。

2回を無失点に抑えた増井

 その後に行われた準々決勝でもワセダ打線の勢いは止まらない。初回に失策で1点を先制すると、続く吉田や古川恵士(人4=長崎・佐世保西)にも長打が生まれるなど、この回一挙に5点を奪う打者一巡の猛攻を見せる。その後も俊足を生かした攻撃や適時打で3点を追加した。先発のマウンドに上った古川は初回から7者連続三振を奪う。その後も快投を続け、5回を被安打1に抑える圧巻の投球で完封勝利を収めた。

適時打を放った北村主将

 この日、ワセダの投手陣は相手打線を完璧に封じ込め、その好投に応えるように打線が爆発した。小技や選球眼で好機をつくり出し、クリーンアップが確実に走者をかえす。それぞれの役割をきちんと果たし圧勝した。ついに準決勝、決勝を迎える。インカレ2連覇を目標に掲げて駆け抜けた一年。再びの頂点を目指し、最後の戦いが始まる。

(記事 藤川友実子、写真 土屋佳織)

結果

早大 8ー0 東海大(5回コールド)

早大 8ー0 京産大(5回コールド)

コメント

北村和也主将(人4=長野・佐久長聖)

――まずご自身の打撃の調子はいかがですか

試合を重ねるごとに状態がよくなってきています。

――「決勝まで強くなり続けたい」とおっしゃっていましたが、ここまで三試合を戦って、成長の手応えはありますか

ここまでは、強くなっている、というよりは調子が上がってきているという感じです。まだ接戦がないので。でもおそらく準決勝は接戦になると思うので、そこで自分たちの形をしっかり出して勝つことによって、ここから決勝に向けてさらにレベルアップできるんじゃないかと思います。

――その調子の良さというのは、特にどういった点に出ていると思われますか

バントがしっかりと決まっているところが、チームの状態の良さを表していると思います。

――完勝に見える中にも、修正すべき点などはありますか

もっと勢いに乗ることですかね。ひとつひとつ良いプレーが出たときに盛り上がって、相手を飲み込むような流れをつくれたらいいなと思います。

――先ほどもおっしゃっていたワセダの形、すなわち先手必勝の勝ち方が、今大会ではできています

そうですね。東日本(東日本大学選手権)では先制点を全く取れなくて、それを課題として練習してきて、今回の全日本大学選手権(インカレ)ではそれができていますね。終盤に逆転する力はあると感じているのですが、先制すればなおさら余裕を持って試合を進められると思います。

――明日への意気込みをお願いします

2連勝して、2連覇します!

古川恵士(人4=長崎・佐世保西)

――2試合目は先発でした。いかがでしたか

1、2回戦合わせて1イニングしか投げていなくて始めての先発でした。少し緊張したのですが初回を抑えられて、そのあともしっかり抑えられたので良かったかなと思います。

――公式戦では全日本総合予選以来の登板だと思います

公式戦というのはあまり意識しませんでした。インカレ前の練習試合でも投げていたのでその辺はあまり気にならなかったです。

――3回途中まで全て三振でした

初回をとりあえず三者凡退にしたいと考えていました。自分の投球ができたので、形として三振がとれたのではないかと思います。

――三振というよりかは三者凡退を意識していましたか

そうですね。初回は特に三者凡退を意識していました。特に三振とるということは考えていなかったです。

――打撃面でも打点を上げて活躍されていたと思います

1、2番が作ってくれたチャンスを享平(吉田、スポ3=群馬・中央中教校)が返してくれて、チャンスが継続している中で自分が追加点を挙げることを考えていました。自分が狙った球を仕留めることができて、打点につなげることができたので良かったです。

――最後に明日に向けて

あと2勝なので、あしたもしっかり1勝して、何としても2連覇を達成したいと思います。

西村直晟(スポ4=大阪・清風南海)

――きのう、きょうと安定した投球を見せました。手ごたえはいかがですか

普通に走者は少しずつ出しているんですけど、0(点)で行けているという結果がついてきたことが一番良かったです。

――投球で心掛けていることはありますか

球数に関しては投げ過ぎないということは意識しています。あとチームに勢いを与えられるような投球ができれば良いと考えています。攻撃にもつながるような流れを持ってくるというのが自分の役割だと思って投げています。

――開催地が地元・大阪ということで多くの知人の方がいらっしゃっていると思います

うれしいという気持ちが一番です。結構わくわくしながら来たというのがありますね。今までこんなに多くの知人たちに見守られているということがなかったので、1試合目の最初は少し緊張しました。でもきょうはもう2試合目だったので、普通に落ち着いてあまり観客のことは気にせずに、試合が始まったら試合に集中していました。

――準決勝の日体大戦に向けて

自分はことし日体大戦で2回投げて2回共勝てているので、まだ先発するとは決まっていないんですけど、もし先発することがあればしっかりと最小失点に抑えて、チームが勝つための投球をしたいと思います。

吉田享平(スポ3=群馬・中央中教校)

――きょうの試合を振り返って

まず今大会、毎試合絶対初回に点を取ろうと言っていて、その中でチャンスで自分に回ってきて。東日本大学選手権(東日本)では初回打てなかったんですけど、きょう応援が多かったというのもあって、それがすごく力になって集中が増して打つことができました。あと、コールドスコアを取れて、ベンチ入りの全員の選手が試合に出れたのが良かったと思います。

――東日本のときは苦しい試合が多かったと思いますが、それと比べて

全員がまた役割をもう1回徹底してやろうっていう、兼子(修治、スポ3=群馬・新島学園)が出ることに徹して、僕らはチャンスで打つことに徹して。個人的には特にチャンスの時に集中できているなという感じがあります。感覚がつかめていて、それも紺碧隊とか多くの人の応援のおかげですね。緊張もあって集中力が高まっているのかなと思います。

――1戦目の東海大は東日本で苦戦した相手だったと思いますが、どのような作戦を立てていたですか

配球とか、癖とかも分かっていて、それも活用しながらやりました。東日本のときも一応作戦を練っていて、東日本の時よりも(投手が)調子悪かったのかもしれないですけど、あまりキレが良くなかったので、途中からは自分のバッティングをしようと思ってやりました。

――東日本は打順が3番で、インカレでは4番に戻りましたが、気持ちの変化はありましたか

役割自体は変わらないんですけど、自分が4番となると責任を多く感じて、前にいる後輩の溝口(聖、人2=長崎・佐世保西)が失敗した部分というか、取り残した部分を返さなきゃという気持ちになるので、心地良いと思ってます。

――今のチームの状態は

ものすごくいいかなって思います。得点を取って勝っているのですが、大ざっぱにならず、初回にはもう1回集中するという形ができているので、良いチームになっていると思います。

――明日対戦する日体大の対策は万全ですか

ここからしていきます(笑)。でも、何回も対戦しているので、苦戦することは見えてると思うんですけど、今までやってきたことを相手にぶつけて勝ちたいと思います。