剣道部

2013.09.11

第62回関東学生優勝大会 9月8日 日本武道館

全国へ弾みをつける結果に

  悲願の全国制覇へ――。全日本学生優勝大会(インカレ)への出場権を懸けた第62回関東学生優勝大会がいよいよ幕を開けた。ベスト16までと全日本決定戦を勝ち上がった6チームの計22チームがインカレに出場出来る今大会。早大は初戦、2回戦と危なげなく突破し早々にインカレへの出場を決めると、続く3回戦では第3シードの東海大との接戦をものにし見事ベスト8へ進出。続く日大戦にやぶれ惜しくも6年ぶりのベスト4入りとはならなかったが、全国の舞台に向け順調な仕上がりを見せた。

 青木祐喜主将(スポ4=茨城・水戸葵陵)が「チームとして優勝を狙ってた」というこの大会。初戦故の硬さこそ見られるものの、危険な技を打たれることなく無難に突破する。続く2回戦ではルーキーの先鋒、小林直道(スポ1=東京・高輪)が果敢な攻めで2本勝ちを収めると、チームも勢いにのり相手を圧倒。夏に個人戦で全国の舞台を踏んだ嘉数卓(スポ2=神奈川・桐蔭学園)も相手の下がったところを見逃さずメンを決めるなど、勝数4-1できっちりインカレへの切符を手にした。ベスト8を懸け戦う相手は第3シードの東海大。次鋒、勇佑多(社2=東福岡)がコテを奪い先勝すると、中堅、嘉数も相手が引き技を打って下がったところをすかさず追ってメンを打ち2-0と試合を優位に進める。五将、越智泰介(社3=愛媛・新田)が相手に2本取られ逆転負けを喫するも、最後は大将、青木主将が引き分けに持ち込みリードを守って2-1で勝利した。

新人ながら先鋒を努めた小林

 準々決勝では日大と対戦。チーム力で東海大戦に勝利し勢いにのる早大は、次鋒戦を落とした直後の三将、中堅戦を大浦彰一郎(スポ3=大阪・上宮)と嘉数が制し逆転に成功する。試合の流れをこのまま掴むかに思えた早大、だがここから巧に試合を運ぶことができない。五将、越智が一瞬手元を上げたところをコテを打たれ1本負けを喫すると「実力不足だった」と副将、西村慶士郎(スポ3=佐賀・龍谷)も振り返るように相手に圧倒され、メンを2本奪われてしまう。勝利するためには最低でも2本勝ちが必要な大将戦。先に1本取りたい青木主将は果敢に攻めていく。相手の竹刀を叩いてメンを打つなど積極性が光ったが、メンを打つところをコテを合わされ1本先取されてしまう。結局このまま逃げ切られ試合終了。2-4で敗退し大会をあとにした。

今季公式戦初出場となった西村

 惜しくもベスト4進出とはならなかった早大。「メンタル面が課題」(西村)と選手たちが振り返るように新たな課題がこの大会で洗い出された。だが「チームとして上手く戦えた部分もあった」(青木主将)との言葉通り、東海大戦などで団体として上手く試合を運べたなど好材料もあったに違いない。11月に行われるインカレはいよいよ最後の舞台。今回の反省を糧にさらに成長すれば、悲願の頂点も決して夢ではないだろう。

(記事 増山祐史、写真 高柳龍太郎)

結果

勝数(本数)

1回戦  ○早大2-0工学院

コ―コ 諏訪 ― 勇 メ―メ 立野 ―コ 嘉数 ―メコ 越智 ― 西村 ― 青木

2回戦  ○早大4―1城西

―コメ 小林 ― 勇 ―メ 大浦 ―メコ 嘉数 ― 越智 ―メ 西村 コ― 青木

3回戦  ○早大2-1東海大

― 小林 ―コ 勇 ― 大浦 ―メ 嘉数 ドド―コ 越智 ―メ 西村 メ―メ 青木

4回戦  ●早大2-4日大

― 小林 コ― 勇 ―ド 大浦 ―メメ 嘉数 コ― 越智 メメ― 西村 メ― 青木

コメント

青木祐喜主将(スポ4==茨城・水戸葵陵)

――きょうの試合を振り返って

チームとしてはまとまって、かたちが作れたなと思います。

――大会前のチームの目標は

やっぱり優勝、関東で優勝するというのが目標でした。ただ全国の舞台への切符を得るのも目標だったので、そこは達成できてまずは良かったです。

――東海大戦は接戦をものにしましたが

あそこでもチーム力というのは試されたと思います。色んな場面で駆け引きがあったり、試合をうまく運べたのでこれが必ず全国でも活きてくると思います。

――日大戦では足りなかった点は

きょうはまだ個人個人での力、特に体力の面でまだ課題が出たのでもう少し強化したいと思います。

――夏の練習で意識した点は

チームとして試合を進めることを意識しました。

――インカレへの意気込みを

きょうの課題を練習に取り入れて、クリアしてインカレでは優勝を目指して頑張ります。

越智泰介(社3=愛媛・新田)

――きょうの試合を振り返って

きょうは三将で、後ろで試合が決まるか決まらないかという大事な場面で本来の力を発揮できなかったのと、最後の日本大学戦では実力の差が出てしまったので、全日本では三将の役割をしっかりと務められるように日々精進していきたいと思います。

――最後の日大戦の敗因は

体が全体的に浮いていたので、もっと腹に力を入れてできればよかったんですけど。それと途中で気持ちが少し切れた場面もあって、最初から最後まで気持ちを切らさないでやっていくことが今後の課題です。

――この夏はどのような事を重点的に鍛えましたか

私は面が得意なので、この面をより一層磨くことに重点を置きました。

――最後にインカレへの意気込みをお願いします

優勝を狙えるチームだと思うのでチーム一丸となって、そしてチームの一員として勝利をあげられるように一生懸命頑張っていきたいです。

西村慶士郎(スポ3=佐賀・龍谷)

――きょうの試合を振り返って

きょうは副将として出たのですが、副将としての役割を果たせずに他の仲間に迷惑をかけてしまいました。僕自身は今季初めての試合でしたが、それについてはあまり意識することはありませんでした。いつも通りのモチベーションだったと思います。

――日大戦での敗戦について

僕に回ってきた時点でリードしていたので、最悪でも大将にはリードしたまま回したかったんですが。単純に自分の実力不足です。

――インカレに向けての課題は

とにかくきょうの試合を反省して、出てきた課題に取り組んでいきたいです。自分の課題としてはメンタル面です。自信をもって試合に臨めるように、練習から気持ちを作っていきたいです。

――今年の夏のトレーニングで意識した点は

夏の個人戦に出場できなかったので、まずは勘を取り戻すことを第一に考えていました。あとは、自分は身長が高いので体格を活かした剣道をしようと心がけて練習していました。