野球部

2013.09.09

夏季オープン戦(二軍戦) 9月2日 神奈川・専大グラウンド

攻守に課題を残す結果に

TEAM
早大
専大 ×

 9月に入り、今月に始まる秋季リーグ戦に向けてのアピールの場である夏季オープン戦も終盤に差し掛かってきた。この日、専大との一戦に臨んだ早大。序盤に先制点を奪うも、4回に失策が絡んで逆転を許す。打線もわずか5安打に抑えられ、1-4で敗北した。

 先発の宮本拓真(文2=島根・益田)は不安定な立ち上がりながら3回までを無失点で切り抜ける。しかし、4回に無死一、二塁から犠打を一塁に悪送球し自らピンチを広げてしまう。これでリズムを崩した宮本は直後の打者に適時打を浴びるなど、この回一気に3失点。代わった救援陣も6回に守備の乱れから追加点を許し、接戦の試合展開だっただけに痛い失点となった。

4回3失点と結果を残すことができなかった宮本

 一方の打線は3回に2死から松永圭介(商3=福岡大大濠)が右前打で出塁すると、すかさず盗塁し、好機を演出。続く山岸賢治(人3=石川・小松)が適時打を放ち、少ない得点機をものにする。しかし、尻上がりに調子を上げる相手先発の前に以降は打線が沈黙してしまい、完投勝利を許すこととなった。

 きょうの試合では2つの失策がそのまま失点へと直結してしまった。だが、ミスが出たということは、課題が明らかになったとも言える。敗戦から得る経験を無駄にすることなく、一つ一つを糧に――。そのことが自らの成長、ひいては常勝軍団を目指すチームを支える底力となる。

(記事 角田望、写真 深谷早紀)

※オープン戦は即日に掲載できないこともあるので、ご了承ください