ソフトボール部

2013.09.07

第48回全日本大学選手権 9月7日 大阪・私部グラウンド

涙のサヨナラ負け

 4年生にとっては最後の大会となる全日本大学選手権。ワセダは中京大との初戦に臨んだ。初回、高橋映(スポ3=愛知・東海学園)の適時二塁打で先制。3回には押し出しの四球で追加点を奪い、試合はワセダペースのまま終盤へ。しかし7回、後藤めい(スポ4=栃木・大田原女)が同点の本塁打を浴びる。続く8回にはスクイズで決勝点を許し、まさかの1回戦敗退となった。

力投むなしく7回途中で降板した後藤

 流れをつかみきれなかった。初回、先頭の泉夏帆(社4=神奈川・厚木商)が出塁すると、続く高橋が左中間へ適時二塁打を放ち、瞬く間に先制する。このまま試合の主導権を握りたいワセダだったが、追加点は3回に押し出しの四球で得た1点のみ。打線がつながらず、中京大を突き放すことができなかった。

泣き崩れる泉(花)と鬼澤

 最終回、走者を背負いながらもあとアウト1つというところまで来ていた。それまで相手打線を1安打に抑える好投を見せていた後藤。しかし3-2から甘く入った球を相手は見逃さなかった。右中間を越える2点本塁打を浴び、試合はタイブレークに持ち込まれる。続く延長8回、勢いに乗った中京大にサヨナラスクイズを決められ、試合終了。北村友紀菜主将(人4=熊本・八代東)は試合後、「この一球」という言葉を口にしたが、まさに1球に泣いた試合だった。

 試合中、半田幸(スポ4=神奈川・厚木商)の合図に合わせた観客の大きな声援がグラウンドの選手たちに向けられていた。「みんなが一丸となって勝つ」という半田の言葉のとおり、チームはもちろんのこと、家族や先輩、観客を含めた全員で勝利を目指すワセダの姿勢が強く感じられた。その姿勢を受け継ぐ次のチームが、一年後、同じ舞台で活躍してくれることを期待したい。

(記事 土屋佳織、写真 栗坂美祐)

結果

早大 2-3 中京大

コメント

北村友紀菜主将(人4=熊本・八代東)

――きょうの試合を振り返って

この一球って感じですね。それだけです。

――いま、どういう心境ですか

負けたんですけど、いまだいぶ落ち着いたので、ちょっとだけすっきりしているかなと思います。

――すっきりしたというのは

紺碧隊があって、チームの一体感を感じて、初回から最終回まで諦めなかった、そういう一体感にすっきりしています。

――悔しい思いはありますか

いやーありますけど、だいぶ落ち着きました。

――好機で点が取れなかった印象を受けました

いい感じでチャンスは作っていたんですが、あと1本というところが足りなかったです。

――インカレはどのような心境で臨みましたか

本当にこの中京戦、一戦必勝をもとにやってきたのでそれだけです。

――チームを1年間どのようにまとめてきましたか

一つになって強いチームを作るんだという思いでやってきました。

――いま、チームメイトを見て何を思いますか

一人一人の顔を見て、保護者の顔を見て、先輩の顔とかを見て、あー終わったんだなって思いました。

――後輩のみなさんには声をかけられましたか

楽しかったね、一緒にばか騒ぎしたねって話をしました。

――4年間ワセダでのソフトボール人生を振り返って

もう幸せでした、本当に。ワセダの文字を背負ってプレーをするのは、本当に楽しかったです。

――主将としての責任を感じたことは

きつかったことはありましたけど、今振り返ると、楽しかったです。

――今後の社会人生活に向けて

この4年間を忘れるなという風に言いたいですね。

――後輩へメッセージを

まだ全然整理ができていないんですけど、この一球、この一球っていうのを大事にして頑張ってほしいです。

後藤めい(スポ4=栃木・大田原女)

――きょうの試合を振り返って

もう、何にも覚えてないですね。でも、最後の試合だからっていうわけじゃなくて、一生忘れられない試合になりました。

――結果的に同点弾を打たれてしまいましたが、それまでは好投が続いていました

いやもう自分がやったっていうより、みんなに支えられて投げられたなと思います。声もかけてくれたし、自分は体壊してでもこの試合絶対勝ちたいって思っていて、投げ続けるだけって思っていたので、周りに助けられただけです。

――ご自身の投球に後悔はありますか

みんなはすごく後悔していると思うんですけど、ずっと中学校から投げてきた自分の持ち球を投げてそこまでだったんだというのを痛感させられました。だから、自分の球を信じたんで、捕手もそれでサインを出してくれたし、新しく覚えたドロップもすごく有効に使えてたんですけど、あそこは後悔するところじゃないかなって思います。悔しいんですけどね、打たれたことは。

――走者を出してからも落ち着いた投球を続けていました

最初はすごい緊張とかしてたんですけどね。走者がいるとかいうより打者を抑えるという気持ちでいたので、打者中心で打者を意識して、どの球を投げても内野や外野が止めてくれるって思って投げてれたので、勢いよく投げれたのかなって思います。

――ワセダのユニホームを着てソフトボールをするのは最後でした

まだ着ていたいですね。背番号を返すか迷っていますが、ちゃんと返します(笑)。でも、後輩にはわたしはすごく嫌な形なんですけど、何かは残せたのかなって。それを感じてほしいし、逆に諦めないでやれば、そういうことも起こせるし、逆にそこまでやっても謙虚にいかなきゃ勝てないっていうのは伝えられたかなと思います。なので、ユニホームは脱ぎます、卒業します(笑)。

――投手の柱としてのプレッシャーと戦っていたと思いますが

中京大戦だけに懸けていたので、この試合のプレッシャーは、きのうとかもずっと手汗ばっかりかいてて、バスの中でもずっとボールを握っていました。森下が同級生にいて、実は森下がけがをして、その時期は大変だったんですけど、申し訳ない気持ちでいっぱいです。ずっと2人でやってきたんで、自分だけっていうよりは、2人でこの柱をつくってきたかなというのがあります。

――森下さんとは試合後、どんな話をされましたか

いやもう謝りました。森下にはずっとタオルを投げつけられました、でも笑顔でした(笑)。きっとありがとうっていうことだと思います。でも、森下がいたから、ここにいると思うし、最後は森下にかなわなかったなと思います。2年生のときとか、3年生のときはずっと森下が先発をして、私がリリーフでバトンを渡してくれていたんですけど、きょうはそういう気持ちでした。この試合じゃなくても、森下にバトンを渡したいって思ってたんですけどそれができなかったので、森下ってすごかったなって、かなわなかったなって思います。感謝しています。

――良いライバルでしたか

はい。苦しいこともありましたが、いて良かったなって思います。恥ずかしいです(笑)。

――きょうは泉花穂(スポ2=香川・高松南)さんが投げていましたが、後輩の投手はどんな存在でしたか

泉は特に試合に出る機会もあって、きょうもすごい場面でバトンを渡しちゃって、本当にプレッシャーを感じさせちゃったんですけど、それ以上に苦しいところで投げるっていうのは、本当にそんな無いと思うので、きょうマウンドに立ったっていうことを自信にしてほしいです。濱田(のぞみ、人3=徳島・脇町)は、自分たちをサポートしてくれる立場だったと思うんですけど、自分がっていう意識を持って、絶対いいピッチャーなので、ワセダの3年生一人で柱になってほしいなと思います。

――4年間を通して、今改めて思うことは

最後のマウンドに立たせてくれたことが一番うれしかったし、マウンドに立っているっていうことが、ずっと森下もいたし、後輩の泉も入ってきたし、絶対じゃなかったんで。試合は一人しか出れないんですけど、そこで立てたことがうれしかったです。一生忘れられないです。自分が4年生の最後であそこに立てたことは。帰りたくないです。でも、悔しいですやっぱり。思い出しますね。マウンドに立っていたことを。キャッチャーにもすごく救われて、鬼澤と試合は組んでいたんですけど、福島もずっと支えてくれて、きょうの試合も。バッテリーって素敵だなって、もっともっといい関係を築いていってほしいなった思います。

――鬼澤さんとのバッテリーは最後でしたが

高校からずっと組ませてもらってて、すごい気にしてくれてました。おに(鬼澤)はいつも私のことをいつも気にしてくれてて、きのうもマッサージしてくれて。だからこそ途中までいい投球をができたと思います。私がわがままな態度を取ったり、わがままなことを言ったりして苦しんでいたと思います。ありがとうございました、おに。

――同期のみなさんにはどんな声をかけられましたか

そこにいる北村主将が泣きじゃくる私を連れて行ってくれて、私の手を握ってくれて。本当にその時は何も考えられなかったんですけど、さすが主将だなって。だからこそもっと一緒にソフトしたかったなと思ったし、同期はみんな心強かったです。試合中もショートの町田も、センターの泉(夏)もずっと声かけてくれてたし、試合を出るか出ないかとかでずっと迷ってた、半田(幸、スポ4=神奈川・厚木商)とか柳(亜未、スポ4=埼玉・星野)とか森下(藍、スポ4=愛知・星城)とか色んな思いがあったかもしれないけど、自分が背負っていたんだなって改めて感じています。

――後輩へメッセージは

何を伝えられたのかなって思うんですけど、後悔してほしくないです、どんな形でも。あとこういう負けた試合で苦しい思いをしてる子もいると思うんですけど、でも後輩は来年が、再来年がっていう子たちなので、絶対その1年間とか2年間で変われるんで。私もそういう形で4年間やってきたので、それこそ最後まで諦めずに全力でソフトボールを楽しんで欲しいと思います。

――後藤さん自信はソフトボールを続けられますか

いや、もう本当にきょうが最後で。13年間の集大成でした、きょうが。親も最後来てくれてて、本当は見せたかったですねいいところを、最後の最後で。

――ご両親に何と声をかけられましたか

私のお母さんとお父さんが早速来てくれて。大学ではいいところを見せたかったんですけど、ずっと支えてくれてたんで・・・。でも、どんな結果で終わっても明るく声をかけてくれる親なので、気がすーっと抜けるというか、やっぱり親だなってありがたいです、すごく。今までソフトボールを続けさせてくれたことを感謝しているし、これから頑張って恩返ししたいです。

町田ひかる(スポ4=埼玉・星野)

――きょうの試合を振り返って

チャンスもいっぱいあったんで、バッターが(点を)取ってあげれば結果も変わっていたのかなって思っています。

――悔いはありますか

だったんで、結構最後いけるって思っちゃった自分に、ちょっと・・・。もっと試合したかったなと思っています。

――インカレの初戦はどのような気持ちで臨みましたか

きょねんと一緒で、投手も変わらず長谷川(中京大)というのは知ってて、良い投手というので知ってたんで、きょうのために、あの投手を打つために練習をしてきたんで。でも結果負けちゃって。中京大に勝つことが目標で、次のことは考えていなかったので、そういう気持ちで臨んでいました。

――好機で1本出なかったのは

初戦だったし、インカレだったしというのもあって、結構固くて。いつもの力が100だとしたら半分も出してないんじゃないかなと思います。

――ワセダのユニホームを着てソフトボールをするのは最後でしたが

4年間で4つの代を経験して、どの代も本当に良くて、学生が主体で作るチームなので、毎年全然違うカラーがあって。その各代の先輩を今でもすごいなあと尊敬してますし、そういう先輩と出会えたのがすごくうれしいです。

――今まで打線の軸としてやってきたことに対して

応援とかで、「町田に回せ」とかそういう掛け声をしてくれて。チャンスで回ってくると、「町田さんなら絶対打ってくれる」って後輩に言われたり、先輩にもすごく頼りにされていたような声掛けをきょねんからしてくれて、私はすごく良い気持ちでいつも試合に臨めていたので、すごくうれしかったです。

――それを重荷に感じたことはなかったんですか

ないですね。鬼澤(麻純、スポ4=栃木・白鴎大足利)と同じ部屋なんですけど、たまたまその話をされて、「プレッシャーかけちゃってる?」って言われたんですけど、全然そんなことはなくて。良い感じで私を打席に送ってくれたんで、すごく気持ちが良かったです。

――同期の皆さんからは何か声をかえられましたか

全然しゃべってないです。北村も言っていたんですけど、同期の顔を見るとまた(涙が)溢れてきちゃうので、まだ避けてます。

――町田さん自身、けがでプレーできない時期もあったと思いますが

本当に迷惑かけたなって。きょねんのインカレもけがしたし、最近も肩を少し痛めちゃって、特にサードの大柴とかはショートいくかもしれないとかそういう感じになってしまったんで、最後まで迷惑をかけてしまって申し訳ないなって思います。悲しいというか、悔いが残っているというか、けがはしょうがないけど、したくなかったなって思ってます。

――町田さんにとってこのチームはどんなチームですか

(試合に)出ているのが上の学年が多いので、それでも下がちゃんと応援してくれてるというか、出てなくてもみんなが応援してくれるから、すごく優しいですし。後輩がすごく練習していて、すごいなあと、後輩だけどそういうところで尊敬していました。個人の持っているものも高いし、いい子が多いなって思います。

――ソフトボールを続ける今後に向けて

またレベルがかなり上がるので、ワセダはことし負けてしまいましたが、実業団に行って「ワセダ出身なんだ、あんな子いたんだ」って思わせたいです。もっとすごいプレイヤーになってワセダにもこんなやついるんだぞって、ワセダ(の名)を上げたいです。

森下藍(スポ4=愛知・星城)

――4年間を振り返って

今までやったことがないことをいっぱいやらせてもらって、良い経験ができたかなと思います。

――辛いことや嬉しいことそれぞれあったと思いますが

それぞれいっぱいありましたね。でも辛いことがないと嬉しいこともないかなと。それを実感しましたね。

――同期に対する思いは

感謝ですね。やっと終わったのでこれから本音を言い合えるかなって(笑)

――後輩に対する思いは

年齢が下なだけで、本当に学ぶことが多いんです。尊敬しちゃいます(笑)

――ソフトボールに対する思いは

部の一員として動いていくという良い経験ができたことが大きいですね。いい思い出もいっぱいあるんですけど悔しかったことの方が多くて。この4年間の経験をプラスにして今後やっていければなと思います。

鬼澤麻純(スポ4=栃木・白鴎大学足利)

――今日の試合を振り返って

自分のせいで負けたなと思います。7回裏2アウトでホームランを打たれたときに、ドロップを投げさせておけばよかったなと思います。打撃に関しては、フォアボールで2回出塁できたということで自分の役割は果たせました。でも、打ちたかったですね。悔しいですけど、いい試合だったと思います。

――ワセダでの4年間を振り返って

楽しかったです。いろいろな人と出会えてよかったです。主務も兼任していて、満足な仕事はできていなかったとは思いますが、プレーと両立させるのが結構忙しかったです。でも、いい経験だったと思っています。4年間で嬉しかったことはいっぱいあるんですけど、やっぱり吉村先生に出会えたことですかね。勝たせてあげられなくて悔しいです。自分が高校で教わってきた先生とは全くスタンスが違って、怒らず適格なアドバイスを与えて選手自身で考えさせてくれるので、その分悩んだけど学びになりました。先生に会えて視野が広がりました。

――一緒にプレーしてきた同期へ

いやー、もう最高でした!この同期でよかったなって本当に思います。

――後輩に何かメッセージをお願いします

頑張れ!吉村先生を信じて、プレーしてほしいですね。学生日本一になってほしいと思います。

柳亜未(人科4=埼玉・星野)

――今日の試合を振り返って

正直、悔しいです。勝てた試合だったなと思います。1球の重みというのを改めて感じた試合でした。満塁の時に代打で出させてもらったんですが、その時に最低でも1点取りたかったし、ヒット打ちたかったなって思います。

――ワセダでの4年間を振り返って

いろいろ辛い時もあったんですけど、同期や先輩後輩に恵まれて最後まで続けてこられたことは自分の宝物だなって思います。

――4年間で辛かったこと、嬉しかったことは

けががすごく多くて、全然プレーできない時もありました。そこでどんどんと抜かされていくのを端で見ているのが辛くて、でもそこを乗り越えられたのは自分の強さだと思います。嬉しかったのは、試合に出られて自分が活躍できた時です。

――一緒にプレーしてきた同期へ

いろいろ迷惑をかけちゃったんですけど、今まで一緒にプレーできてよかったです!ありがとうございます。

――後輩に伝えたいことは

自分の持ち味を活かして、明るく元気に楽しくソフトボールをやってくれたらいいなって思います。

半田幸(スポ4=神奈川・厚木商)

――このインカレを振り返って

前はずっと試合に出ていたので、はじめは後輩に譲るのはいやで、自分が出るということばかりを考えてしまいました。でもチームで勝つために自分にしかできないことは試合に出ることじゃなくて、応援で盛り上げることだと思ったんです。代打で出すとは言われていたので、準備だけは絶対怠らないようにしていました。自分にしかできない応援のまとめ役をしっかりやろうと準備してきました。

――半田さんの合図に合わせて観客のみなさんも一緒に手をたたいて応援している姿が見られましたが

それは目標に決めていました!チーム全員に応援の目標の紙を作って配りました。みんなが一丸となって勝つために35人が一つになるのは当たり前だけど、それだけじゃ勝てないよねっていう話になり、会場全体を応援に巻き込もうと。親の方々、先輩方、見にきてくれる全ての人に応援に加わってもらおうと思いました。なんなら偵察に来ているチームも(笑)。ワセダの盛り上がりは最高だねって言ってもらえるような応援にしようって決めていました。

――4年間を振り返って

大学でソフトボールを続けたいと思った理由が、親にレギュラーとして試合に出ている姿を見せたかったからなんです。高校の時は、親にすごく応援してもらったにも関わらずレギュラーになれなかったので。レギュラーの姿を見せることが無事できたので、1つ目標は達成できたかなと。親も感動をもらったと言ってくれているので、いい終わり方ができたかなと思います。

――同期に対する思いは

いろんなことが同期とはあったんですが、いつでも自分が落ち込んでいる時隣に寄り添ってくれました。時にはそんなんじゃだめだろと叱ってくれたりもしました。かけがえのない仲間です。一緒にできて本当に良かったです。

――後輩に対する思いは

私は全然引っ張るとかはできなくて、わけわからないことばっかだったと思います(笑)。後輩が上手くサポートしてくれてこういうチームができたので、これから後輩には頑張ってほしいなと思います。

――ソフトボールに対する思いは

ソフトボールは私の人生そのものです。朝起きて部活行って、帰ってからも反省をして次の日を迎えるという日常生活でしたね。小3くらいからやってきたことが突然きょう終わってしまうので実感が湧かないんですけど、ソフトボールをやってきたことが私の人生のいままでの自信です。これを忘れずにこれからやっていきたいです。

泉夏帆(社4=神奈川・厚木商)

――このインカレを振り返って

短かったので何とも言えないんですけど、最後この仲間とともに戦えたってことが良かったです。

――4年間を振り返って

正直楽しいことよりも辛いことのほうが多かったです。通学時間が長くて心が折れそうになることもありました。でもとにかく最後まで続けたことに意味があると思っています。

――長い間スタメンに名を連ねていましたが

センターで打順も1番、2番という大役を任されていたので、それに応えられているのかなと疑問に思うことはよくありました。それは自分自身じゃなくて、周りの評価によるものなんですけど。

――1番嬉しかったことは

大会で1戦1戦勝ったときが嬉しかったですね。このワセダのチームに入って、試合に勝つ喜びを味わうことができたと思います。

――同期に対する思いは

こんなダメダメな自分と一緒に4年間やってくれて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。感謝の気持ちしか浮かびません。

――後輩に対する思いは

下の子たちには練習中などしょっちゅう怒ってしまうんですけど、腐らないでついてきてくれました。自分たちよりも上を目指してほしいです。

――ソフトボールに対する思いは

自分にとっては「感謝」の一言に尽きます。