庭球部

2013.09.04

関東大学リーグ 9月1日 東京・亜大日の出キャンパステニスコート

苦しみながらも、初戦は勝利

 先日行われた全日本学生選手権で3年ぶりに無冠に終わった女子部。10連覇を目指した関東大学リーグ(リーグ戦)が開幕した。リーグ戦初出場となる選手が5人いるなど、経験の少ない新チーム。S1のルーキー馬場早莉(スポ1=大阪・池田)が敗れたものの、6勝1敗で筑波大相手に勝利を収めた。

 ダブルスに登場したのは間中早紀(スポ3=東京・早実)・宮地真知香(社2=福岡・折尾愛真)組と梶谷桜舞(スポ2=東京・富士見丘)・林恵里奈(スポ1=福井・仁愛女)組。間中・宮地組は第2セットにタイブレークに持ち込まれるも、宮地が後ろで展開し、間中がネットに出るスタイルを貫き、勝利を収めた。梶谷・林組はリーグ戦初出場からか硬さが見え、第1セットを落としてしまう。しかし第2セット以降は二人の強気のテニスを取り戻し、2セットを連取。ダブルスを2-0としてシングルスへつないだ。

ほっとした表情を見せた間中(左)・宮地組

 まず登場したのはシングルス3、4、5の宮地、林、長谷川茉美女子部主将(スポ4=熊本=ルーテル学院)。3人とも相手を寄せ付けず、ストレート勝ちで流れを作る。シングルス2に出場した吉冨愛子(スポ2=愛知・椙山女学園)は第1セットで4ゲームを連取。そのリードを守って第1セットを先取する。第2セットは先にブレークを許す苦しい展開に。ブレークバックに成功し、追い付いたものの、その後もリードを奪えずに勝負はタイブレークへ。サービスポイントやウィナーでポイントを奪い、辛くも勝利をつかんだ。シングルス1では馬場が強敵の菅村恵里香と対戦した。第1セットは菅村に一方的に攻められ、このセットを落す。第2セットは気持ちを切り換えたのか、馬場のフォアのウィナーが次々と決まり、勝負は最終セットへ。しかし最終セットは再び菅村の勢いが復活し、0-6と圧倒されて敗戦。馬場は関東学生トーナメントに続いて、菅村に敗れる結果となってしまった。

競りながらもストレート勝ちを収めた吉冨

 筑波大との勝負には勝利したものの、7-0とすることはできなかった。資格の関係上シングルス1でしかルーキーの馬場を起用することができないワセダ。馬場が各大学のナンバーワンとの対決を制することができるか、馬場をチームとして支えることができるか、それが今後の戦いのカギになってくるだろう。次第に強敵との対戦になってくるリーグ戦。女子部の10連覇への戦いはまだ始まったばかりだ。

(記事 高橋千秋、写真 松下優)

結果

▽女子

○早大6-1筑波大

D1○間中・宮地組6-3、7-6(2)足立愉有子・中村香菜子組

D2○梶谷・林組3-6、6-3、6-3菅村・古川鈴夏組

S1●馬場1-6、6-1、6-0菅村

S2○吉冨6-4、7-6(5)古川

S3○宮地6-1、6-0染川唯

S4○林6-1、6-2大坪彗美

S5○長谷川主将6-2、6-0中村