野球部

2013.09.03

夏季オープン戦(二軍戦) 8月30日 神奈川・日体大グラウンド

まさかの逆転サヨナラ負け

TEAM
早大
日体大 ×

 7戦目となった夏季オープン戦、この日は日体大との試合が行われた。ワセダは6回に渡辺琢也(教2=東京・早実)の適時打で先制する。その後、追加点が奪えない展開が続くと、最終回に野手の失策などで2点を奪われ、1-2でサヨナラ負け。投打がかみ合わず、もどかしい試合内容となってしまった。

 序盤は相手先発のコースを突く投球に苦しむ。試合が動いたのは6回、先頭打者が四球で出塁すると、犠打と相手の失策で1死一、三塁の好機をつくる。ここで渡辺琢が2球目を左前に弾き返し、先制点をもぎ取った。しかし、追加点がなかなか奪えない。相手の継投に対応できず、7回以降は走者を出すことに精一杯だった。

5回無失点の好投を見せた鈴木健

 対照的に投手陣は結果を残した。先発の鈴木健介(教3=東京・早実)は、打たせて取る投球を見せる。5回を1安打無失点に抑え、自らの持ち味を遺憾なく発揮した。その後も救援陣が危なげなく抑え、8回まで相手に三塁を踏むことを許さない。しかし9回、連打と死球で1死満塁のピンチを迎えると、ここで守りのミスが重なってしまう。野選の間に追い付かれ、続く打者の打ち取った当たりも野手が処理することができずサヨナラ。悔やまれる敗戦となってしまった。

 追加点を奪えなかった打撃陣には、課題が突き付けられた格好だ。チーム全体の底上げを図る意味でも、二軍の選手たちの奮起に期待したい。夏季オープン戦もきょうで折り返し地点。限られた出場機会をものにし、一軍へ這い上がるのは誰だ。

(記事 井上義之、写真 河野美樹)