野球部

2013.09.02

夏季オープン戦 8月29日 早大東伏見グラウンド

吉永完封!投打のかみ合った野球で勝利

TEAM
早大
帝京大

秋季リーグ戦で覇権奪回を狙う早大は帝京大との夏季オープン戦に挑んだ。早大は4回まで完全に抑えられるも、6回に重信慎之介(教2=東京・早実)の押し出し四球などで先制。さらにこの回打者一巡の猛攻で4点を挙げた。投げては先発の吉永健太朗(スポ2=東京・日大三)が相手打線を零封し6―0で勝利を収めた。

 帝京大の先発は東京六大学リーグには少ない右の横手投げ。キレのある直球に4回まで無安打に抑えられてしまう。なんとか攻略したい早大打線は6回、キワどい球を上手く選び2つの四球などで満塁の場面を演出する。この試合初めての好機に答えたのは2番・重信。押し出しの四球を選び先制点を挙げる。その後も小野田俊介(社3=東京・早実)がしぶとく左前打を放ち2点を追加するなど一気に主導権を握った。

完封勝利を収めた吉永

 早大の先発を任されたのはここ最近もう一つの投球が続いていた吉永。しかし、この日の吉永は初回からテンポの良い投球で相手打線を押さえ込む。5回に迎えた無死満塁、絶体絶命の場面も力強い球を投げ込みわずか5球で切り抜ける。6回以降は投球のリズムが軽快になるとともに球威も増していき、7回には相手のバットをへし折る場面も見られた。結局、吉永は最後までマウンドを守り抜き9回を110球で完封勝利。秋に向けて復活の狼煙(のろし)を上げた。

 春で浮き彫りになった課題は得点圏での打撃。この日は少ない好機を上手くものにし6点を挙げることができた。また投手陣でも春に精彩を欠いた吉永が復調。投打の課題は徐々に克服しつつある。この試合をきっかけにチームとしてさらに調子をあげていきたい。

(記事 石丸諒、写真 荒巻美奈)

※オープン戦は即日に掲載できないこともあるので、ご了承ください