野球部

2013.09.02

夏季オープン戦(二軍戦) 8月26日 埼玉・東京国際大グラウンド

粘り切れず悔しい引き分け

TEAM
早大
東京国際大

 ここまで1勝3敗の夏季オープン戦も5戦目を迎え、東京国際大と対戦した。3回、先発・兼田恭平(人3=熊本学園大付)の四球から先制点を許すも、5回にすぐさま追い付く。さらに6回には丸子達也(スポ2=広島・広陵)の本塁打で追いつくも、最終回に再び同点とされ、惜しくも引き分けに終わった。

 序盤は両チーム共に三者凡退が続くなど打線がつながらず、早いペースで試合が進む。緊迫した試合展開の中、打線が流れをつくったのは5回。連打から1点を取ると、6回には、丸子が右翼スタンドへ本塁打を叩き込む。これでワセダの流れになるかと思われたが、7回以降は得点機をつくれず、追加点を奪うことはできなかった。

本塁打を放った丸子

 先発の兼田は1、2回を打者3人ずつに抑えるも、3回に1死一、三塁から野選で失点。ワセダが逆転した終盤では、救援陣が走者を許しながらも無失点を続けた。このまま逃げ切りを図りたい9回、2死から右中間に適時二塁打を放たれ、結果は同点に。後味の悪い結果となった。

 この試合では逆転後に追加点を奪えず、接戦を逃げ切ることができなかった。接戦を勝ち抜くチームをつくっていけるか。残された期間で、秋へ向けて実力を積んでいきたい。

(記事 丸山美帆、写真 土屋佳織)

※オープン戦は即日に掲載できないこともあるので、ご了承ください