野球部

2013.09.01

夏季オープン戦 8月26日 早大東伏見グラウンド

大学王者に敗れオープン戦初黒星

TEAM
早大
上武大 ×

 佐賀県での全早慶戦から帰京し、夏季オープン戦(オープン戦)第5戦に臨んだ。相手は今春の全日本大学選手権を制し、日本一に輝いたばかりの上武大。強豪相手に勝利し秋季リーグ戦に向け勢いに乗りたい早大であったが、初回に許した4失点が響き敗戦。投手陣、打撃陣共に課題の残る結果となった。

 先発の内田聖人(教2=東京・早実)は、立ち上がりを相手打線につかまった。四球からピンチを招くと、長打を含む3安打を浴び4失点。この回でマウンドを降りることとなった。後続も制球が定まらず再三走者を背負ったが、なんとか要所を締め追加点は許さない。

初回に打ち込まれた内田

 反撃の機会は4回。5番の森厚太(教4=東京・早実)が四球で出塁すると、渡辺克真(文4=鹿児島・鶴丸)などの適時打で2点を返す。しかし5回以降は完璧に抑えられ、安打は中澤彰太(スポ1=静岡)のソロ本塁打一本のみ。少ない球数であっさり打ち取られる場面が目立った。けん制死などのミスもあり、攻撃の突破口を見出せないまま力尽きた。

 初回の失点から流れを取り戻すことができなかった早大。投手陣は制球に苦しみ、四死球数7と大荒れ。また打撃では一打席ごとに粘りを見せられなかったことが課題であろう。残りのオープン戦で問題点を修正したい。

(記事 手塚悠、写真 山辺剛士)