野球部

2013.09.01

全早慶戦 8月24日 佐賀・みどりの森県営球場 

ゆかりの地で伝統の一戦に勝利

TEAM
全慶大
全早大 ×

 早稲田大学の創設者、大隈重信候の出身地である佐賀県で開催された全早慶戦は時折雨も交じる中で行われた。試合は同点で迎えた4回裏、東條航主将(文構4=神奈川・桐光学園)の中前適時打で勝ち越した早大がその後も追加点を奪い、8-3で勝利した。

 先発の高梨雄平(スポ3=埼玉・川越東)の投球は立ち上がりから天候と同様に不安定。谷田成吾(2年)の適時打で先制を許すなど初回だけで4安打を浴びる。3回裏に小野田俊介(社3=東京・早実)、中村奨吾(スポ3=奈良・天理)の連続適時打で勝ち越すも、高梨はリードを守ることができない。4回表、自らの失策などで同点に追いつかれた場面で降板、吉野和也(社1=新潟・日本文理)に後を託す。吉野和は緩急をつけた投球でピンチを乗り切ると3回1安打無失点と流れをつくる好投を見せた。

勝ち越し打を放った東條主将

 4回裏、佐賀県出身のOBである市丸大介(平24教卒=現東芝)の中前打を足がかりに2死一、二塁の好機を迎えたところで打席に入るのは東條主将。中前に運び勝ち越すと、続く5回裏には打者9人の攻撃で4点を追加し、一気に試合を優位に進める。7回表からは田中龍之介(人1=兵庫・滝川)が登板。最終回には先頭打者に二塁打を打たれるも後続を完璧に抑え無失点で切り抜ける。最後は市丸が邪飛を捕球し、3時間を越える熱闘に終止符を打った。

 吉野和、田中と完璧な救援を見せた1年生の2人は秋に向けて大きな戦力になることは間違いないだろう。新たな力を手に入れた早大は秋の早慶戦もきょうと同じように勝利で飾ることができるだろうか。

(記事 田中竣、写真 高田麻里)