野球部

2013.09.01

六大学オールスター戦 8月31日 静岡・草薙球場

六大学の精鋭たちが集結!決着つかず引き分けに

TEAM
Team Suruga Bay
Team Mt.Fuji

 秋季リーグ戦(リーグ戦)を間近に控える六大学の選手たちが、草薙球場リニューアルを記念したオールスター戦を静岡の地で行った。早大は明大、慶大と共にTeam Mt.Fuji(フジ)として、法大、立大、東大を擁するTeam Suruga Bay(スルガ)と対戦。初回に先制を許したフジであったが、5回に谷田成吾(2年)の2点適時打で同点に追いつく。その後は両者追加点をあげられず、4-4の引き分けに終わった。

 フジの先発は慶大の白村明弘(4年)。先頭打者を三球三振に抑え幸先の良い立ち上がりかのように思えたが、次打者に安打と盗塁を許す。続く法大の河合完治から左中間を破る適時三塁打を浴び先制点を献上。白村が退いた後も、3回に2点の追加点を与え完全に主導権を握られる。4回から登板した横山貴明(スポ4=福島・聖光学院)は2イニングで7人の打者から4つの三振を奪うなど、上々の仕上がりを見せた。横山からマウンドを受け継いだ有原航平(スポ3=広島・広陵)も安定した投球で1イニングを抑える。6回以降はスルガ打線を零封したフジは、見事な投手リレーで観客を沸かせた。

得点に絡む2安打を放った中澤彰

 地元の声援を受けルーキーが躍動した。4点差を追うフジ打線は、3回に先頭の中澤彰太(スポ1=静岡)が初球を捉え安打で出塁。後続も1年生の活躍に負けじと安打を重ねていき、まずは1点を返す。追いついたのは5回。この回も先頭の中澤彰が中前に鋭くはじき返すと、この打球を中堅手が捕球に失敗してしまう。その間に中澤彰は二塁を陥れ、好機を演出。その後2死一、三塁と得点圏に走者を進めたフジは代打に横尾俊建(2年)を送る。春は勝負強さを発揮できなかった横尾であったが、中前にきれいに運び追加点あげた。続いて代打に送られたのは同じく慶大2年の谷田。甘く入った高めの球を力強く振り抜くと、打球は中堅手の頭上を大きく越える2点適時三塁打となり、同点に追いついた。この勢いで逆転とまでいきたかったフジの反撃はここまで。両者共に6回以降はゼロ行進で試合終了を迎えた。

 決着はつかなかったものの、雨風が吹きすさむ中でも静岡の野球ファンを魅了したことは間違いない。普段は敵同士の選手たちも、きょうばかりはベンチなどで笑顔を交わしていた。開幕まで2週間と迫ったリーグ戦。最後に笑っているのはどのチームなのか――。開幕までの残り少ない準備期間で、頂点目指してまい進する。

(記事 廣瀬元宣、写真 高橋舞)

◆早大出場選手

東條航主将(文構4=神奈川・桐光学園)

江塚諭(スポ4=静岡・掛川西)

横山貴明(スポ4=福島・聖光学院)

有原航平(スポ3=広島・広陵)

土屋遼太(教3=東京・早実)

中村奨吾(スポ3=奈良・天理)

武藤風行(スポ3=石川・金沢泉丘)

中澤彰太(スポ1=静岡)