準硬式野球部

2013.08.24

第65回全日本大学選手権 二回戦 8月24日 東京・昭島市民球場

主将の思いはチームを越えて

TEAM
西南学院大
早大 ×

 『全日本選手権優勝』——。チームの思いは、ただ一つ。その栄冠へと早大はきょうもまた一歩前進した。二回戦の相手は、九州代表の西南学院大。先発の河合亮太(スポ3=茨城・茗溪学園)は直球を主体とした粘り強い投球を披露した。代わった救援陣も無失点で切り抜け6—0の完封勝ち。4回表、三塁線の打球に飛び込むファインプレーを披露した栗田拓磨(人4=茨城・水戸第一)は打っても3安打の大活躍。「第1打席の好機で打てなかったので、そこが課題」と栗田が語るように、好機を迎えたときの打線が優勝への鍵を握るだろう。

猛打賞の活躍を見せた栗田

 試合が動いたのは2回裏。相手の二塁手の悪送球の機に2点を先制。4回には、先頭打者の木藤俊英(スポ3=愛知・時習館)が中前安打で出塁。続く打者が絶妙な犠打を決めるなどして好機を広げ、駒田開主将(スポ4=福岡・修猷館)の右前適時打で2—0と追加点を挙げた。7回には、栗田が二塁打を放ち、猛打賞を達成。その後1死二、三塁の場面で、6番・南貴文(スポ3=兵庫・加古川西)が手堅くスクイズを決め、終盤に貴重な追加点を奪う。さらに8回、駒田主将の犠飛でダメ押しの1点をもぎ取る。 状況に応じて、自分のやるべきプレーに徹する。選手一人一人の1点への執着心が顕著に表れていた。「全員が同じベクトルに向いている」(駒田主将)。駒田主将の目指してきたチームが、ここに完成しようとしていた。

 投げては、先発の河合が7回を無失点に抑える好投。「ここ最近で一番良かったんじゃないかと思いますね」(河合)と満足げな表情をのぞかせた。続く向江洋光(人2=大分上野丘)と沼座翔平(スポ2=広島なぎさ)も要所を締める投球で得点を許さない。左肩の怪我から復帰したばかりの沼座だったが、きょうの内容からも完全復活の兆しが見えた。

先発の役目を十分に果たした河合

 「理想のチームは今のチーム」(駒田主将)。胸を張って言うことは、決して安易なことではない。理想を目指し、駆け抜けてきたチームは、いつしか観客をも魅了するチームになっていた。早大の優勝を願っているのは、選手だけではない。チームの掲げる『一体感』は、スタンドのファンにまで広がっている。その最大の武器を背に、あす中京大に挑む。

(記事 深谷早紀、写真 鈴木泰介)

コメント

河合亮太(スポ3=茨城・茗渓学園)

――お疲れ様でした。二回戦目にして今大会初の登板でしたが、振り返ってみていかがですか

そうですね、大阪遠征などここ最近ほんとに下り調子で、ただオープン戦(夏季オープン戦)の神奈川大戦から調子が上向いてきて、きょうなんかはここ最近で一番良かったんじゃないかと思いますね。悪いときはスライダーを引っ掛けちゃったり、内角の球が抜けて死球になってしまっていたのですが、きょうはサイドに投げ分けられたので良かったなと思います。点数にしたら70点くらいですかね。

――きょうの試合の中でセットポジションの足の上げ方のタイミングがいつもと異なる場面がありましたが

あれはダルビッシュ有(テキサス・レンジャーズ)がやっているのをまねてみようかなと思ってアドリブでやってみました(笑)。打者がどういう反応をするか見てみたかったんですけど、投げづらかったのでやめました。

――この試合で完投したかったという気持ちはありましたか

きょうは勝てる流れだったので、きのうの一回戦も向江(洋光、人2=大分上野ヶ丘)が投げているしこれで良かったんじゃないでしょうか。この先も石田さん(翔太、スポ4=神奈川・川和)と僕の2人だけで戦うわけにもいかないので。きょうは最初から完投はないなとは思っていました。

――きょうは投球だけでなく犠打もしっかり決まっていましたし、さらにあと少しで本塁打という特大の当たりも出ていましたね

犠打は普段のフリー打撃のときからずっと練習しているので、犠打に関しては自信がありますね。実は最近バッティングが好調で。この前もフリー打撃で東伏見のグラウンドの柵を2本も越えちゃったんですよ(笑)。だからきょうも一発打ってやろうと思っていて、あの打席も「1、2の3」のタイミングで振ったらあそこまで飛んじゃいました。

――では、次回の登板に向けて意気込みを

とにかく0点に抑えられれば何でもいいですね、はい。

栗田拓磨(人4=茨城・水戸第一)

――きょうは猛打賞というすばらしい活躍でしたが、いかがでしたか

そうですね。猛打賞だったんですけど、第1打席のチャンスで打てなかったのでそこが課題かなと思います。

――4回に素晴らしいファインプレーがありましたが、いかがでしたか

あれはたまたま入ったという感じだったんですけど、ピッチャーがリズムよく投げていたんで守りやすかったというのもありました。

――きょうも勝利しましたが、チームの雰囲気はいかがでしたか

そうですね。ベンチだけじゃなくてスタンドのみんなも雰囲気よくやってくれているんで、チームの雰囲気もすごくだんだん良くなっているのかなと思います。

――打席に入るときや守備に就くときに考えていることは何ですか

攻守ともに強気でいこうということは常に思っていて、攻める気持ちはずっと持っています。

――最後に、あしたの試合に向けて一言お願いします

ピッチャーが楽に投げられるように先取点にこだわって戦っていきたいと思います。