野球部

2013.08.23

夏季オープン戦(二軍戦) 8月19日 早大東伏見グラウンド

序盤の失点を取り返せず大敗喫す

TEAM
早大
東洋大 × 13

 一軍と同じく二軍も東洋大との夏季オープン戦(オープン戦)の初戦を迎えた。秋季リーグ戦でのベンチ入りをかけアピールしたいところだが投手陣が振るわない。先発の尾高純一(政経1=東京・早実)が初回から連打を浴び大量失点するなど、東洋大打線の勢いを止めることはできず4-13で敗れた。

 尾高は立ち上がりから制球が甘く2死こそ取るものの、その後突如崩れ死球を含む7連打を浴び6失点。1回を投げきることなく降板となってしまう。救援陣も大量失点を許し、3回を終えて13点を奪われる厳しい結果となった。

6失点と試合を作れなかった尾高

 点差が開く中、打線は5回にようやく見せ場をつくる。先頭の梶矢真弘(教3=広島・呉昭和)の四球を皮切りに連打で満塁の好機を演出すると、川原孝太(文構2=静岡・掛川西)が左中間への三塁打を放って3点を返し、意地を見せる。その後さらに内野ゴロの間に1点を返すも追加点を奪えず反撃はここまで。大差をはね返すことはできなかった。

 この試合、ワセダは序盤の大量失点で試合を早々に決定付けられてしまうこととなった。しかし今後のオープン戦を戦う中で生まれる課題を解消し、秋季リーグ戦制覇を狙うチームの底上げを図りたい。

(記事 三井田雄一、写真 久保田有紀)

※オープン戦は即日に掲載できないこともあるので、ご了承ください