野球部

2013.08.23

夏季オープン戦(二軍戦) 8月20日 埼玉・武蔵大朝霞グラウンド

逆転勝ちでオープン戦初勝利

TEAM
早大
武蔵大

 秋季リーグ戦が近づく中、最終調整の場となる夏季オープン戦。この日、二軍は武蔵大と対戦した。1点を先制されるも直後に中澤彰太(スポ1=静岡)の適時打から巻き返し、順調に点数を重ねる。投手陣は左右4投手の好投でリードを守り、4-2で快勝。多くの選手が一軍戦出場に向けて好調をアピールした。

 序盤は両チーム共に点の入らない緊迫した展開が続いたが、4回に先制された ワセダはすぐさま反撃に出る。5回、中澤が右翼線に適時三塁打を放ち同点とすると、7回には相手の失策から得た好機を生かして2点を追加し勝ち越しに成功。さらに8回、代打の深澤恒太(人3=東京・早実)が右翼手の頭上を越えるソロ本塁打を放ち、試合を決定づけた。

同点打を放った中澤

 投げては先発の松本周(文3=石川・金沢桜丘)が5回を2安打1失点に抑える好投を見せる。4回、野選により先制を許した場面でも、後続を併殺に打ち取り、流れを断ち切る。追加点を許さない粘りの投球が次の回の同点打につながった。その後は小刻みな継投で逃げ切りを図る。最終回に犠飛で1点を返されるも、最後まで集中を切らさず接戦をものにした。

 奮起した打線と粘り強い投球がかみ合い、見事に勝利を飾ったきょうの試合。ここぞという時の勝負強さが勝利を呼び込んだ。来月中旬に開幕する秋季リーグ戦へ向け、選手層の厚さは大きな武器となるだろう。逆襲への起爆剤となる存在がここから生まれるかもしれない。

(記事 芦沢仁美、写真 松本理沙)

※オープン戦は即日に掲載できないこともあるので、ご了承ください