庭球部

2013.08.12

関東学生選手権 8月10日 埼玉・秩父ミューズパーク

宮地、ワセダ対決を制し優勝

 関東学生選手権(夏関)も最終日を迎えた。この日行われた女子シングルス決勝には、宮地真知香(スポ2=福岡・折尾愛真)と吉冨愛子(スポ2=愛知・椙山女学園)が出場した。両者譲らぬ接戦ながらも、今季の関東学生トーナメント(春関)優勝の宮地がフルセットの末、ワセダ対決を制す結果となった。こうして、およそ1週間にわたった今大会は、優勝・準優勝ともにワセダというかたちで幕を閉じた。

思うようなプレーができずに落ち込む吉冨

 ワセダの2年生同士が決勝で相まみえた。前日までダブルスにも出場し、フルセットにもつれ込む接戦が多かった宮地は、疲れもあったか、第1セット、吉冨のペースにおされぎみであった。吉冨のキレのあるフォアハンドにミスを誘われ、序盤から0-3とリードを許す展開。サービスエースも決まり、流れに乗る吉冨。宮地は粘りながらも、3-6でこのセットを落とし、吉冨の勝利が近づいたかに思えた。しかし、「体もきつかったので、先に攻めるしかないと開き直った」(宮地)と語るように、第2セット、春関女王が意地を見せる。第1セット好調だった吉冨のサーブにミスが増え、気づけば4-0と吉冨を突き放していた。その後も、順調にリードを広げ、第2セットを6-4で終えた。

 セットカウント1-1で迎えたファイナルセット。ハイレベルなラリーが繰り広げられ
る中、宮地は得意の強力なフォアハンドストロークで、徐々に差を広げる。ジュースにもつれ込む競ったゲームをものにして、スコアを5-2とし、勝利まであと一歩となった。しかし、吉冨もこのままでは終われない。終盤、攻めのテニスでブレークを奪い、追い上げを見せる。しかし、宮地がすぐさまブレークバック。このセットを6-4で終え、逆転勝利を果たした宮地。昨季夏関女王の吉冨を破っての優勝である。

最終セット、追い上げられながらも取り切った宮地

 シングルスのファイナリストをワセダが占めるという素晴らしい結果となった今大会。だが一方、女子ダブルスはベスト8進出が1ペアのみ。4ペアがベスト8に残った春関と比べて、チームとしての不安もある。しかし、「第1セットからしっかりとりにいく」(宮地)、「しぶとい選手と戦った時、自分のサーブが先に崩れてしまった」(吉冨)と語るように、個人の課題も見つかった。間近に迫る全日本学生選手権(インカレ)にむけ、さらなる飛躍が期待できる。

(記事 吉原もとこ、写真 松下優)

結果

▽女子シングルス

決勝
○宮地3-6、6-2、6-4吉冨

チャンピオンスピーチ

宮地 まず初めに今大会を運営してくださった学連の皆様、数多くのスポンサーの皆様、ありがとうございました。審判をしてくださった各大学の皆様、朝早くから始発で荷物を運んでくれたり、暑いのに大きい声で応援をしてくれた早稲田大学の皆さん、本当にありがとうございました。優勝することができてうれしく思っていますが、この結果に満足することなく、インカレや、リーグ(関東大学リーグ)、王座(全日本学生対抗王座決定試合)と頑張りたいと思います。ありがとうございました。

コメント

宮地真知香(スポ2=福岡・折尾愛真)

――優勝おめでとうございます

ありがとうございます。

――きょうの試合を振り返って

体もきつくて思うように足も動かず大変でしたが、最後だからしっかりやろうと思ってセカンドから切り替えられたのがよかったです。

――同学年の吉冨選手に対してなにか対策はあったのですか

特にはなかったです。

――第2セットからどのように気持ちを切り替えたのですか

足も痛かったりして体もきつかったので、勝敗にはこだわらないで、先に攻めるしかないと思って開き直っていきました。

――今大会全体を振り返って

第1セットを落としてからという展開が多くて、こういう夏の試合は体力を使うので、もっと第1セットからしっかりいくことが課題だなと思いました。

――春関、夏関2連勝ですが、好調の秘訣は

特に好調というわけではないです。怪我も多くてあまり練習もできていなかったのです
が、その中でもしっかりできることはやろうと思ってやれたのがよかったのかなと思いま
す。

――インカレに向けての意気込みをお願いします

インカレの前にも試合があって結構きついのですが、1試合ずつ頑張ります。

吉冨愛子(スポ2=愛知・椙山女学園)

――夏関を振り返って

準決勝までは納得のいくプレーができていたんですけど、決勝は宮地みたいなしぶとい選手と戦ったときに自分のサーブが先に崩れてしまいました。あれだけ第2セットからどうしようもなくなるというのは自分のフィジカル的な問題があるかなと思います。負けてはしまったんですけど、サーブが相手になるというのはあまり大きく頭に置いていなかったことなので、次の試合ではそういうことがないように鍛えていきたいです。新しい課題が見つかったかなと思います。

――サーブが外れてしまった要因は

たぶん脚が上がってきてなくて踏ん張れていなかったと思うので、脚力とかを強化していきたいです。

――昨季の夏関での宮地選手と対戦と比較して

昨季当たったときは宮地があんまり調子良くなかったんですけど、(きょうは)ストレ
ートの精度がすごく良くてケアしきれなかったですね。

――2位という結果について

優勝したかったんですけど、できなかったのでこれを糧にインカレ(全日本学生選手権)
とか頑張りたいなと思います。

――インカレへ向けて

もう時間は少ないですけど、1週間でしっかり調整してできることはやろうと思います。