庭球部

2013.08.11

関東学生選手権 8月8日 埼玉・秩父ミューズパーク

宮地が接戦を制す

 クレーコートで行われる関東学生選手権。大会4日目のこの日はシングルス準々決勝とダブルス2回戦にワセダの選手が登場。シングルスでは宮地真知香(社2=愛知・折尾愛真)対山崎香織(スポ3-愛知・名古屋経済大高蔵)、ダブルスでは梶谷桜舞(スポ2=東京・富士見丘)・林恵里奈(スポ1=福井・仁愛女)組対間中早紀(スポ3=東京・早実)・宮地組などワセダ対決が多く見られた。同士討ちでは競ったゲームが多く、最後までもつれる展開となった。

フルセットの末に敗れた辻

 辻恵子(教1=東京・早実)は山下ちなみ(青学大)との試合に臨み、フルセットの末敗れた。山下とは関東学生トーナメント(春関)でも対戦があり、6-0、6-2と大勝している。しかし今回は「相手がすごく気合が入っていた」(辻)と言うように、接戦をものにできず敗戦。第1セットは6-3で辻が取ったものの、「ファースト(セット)を取ってから少し守りに入る部分が多かった」(辻)と振り返るように、第2セットでは長いラリーの末にミスをしての失点が重なる。アドバンテージを握ってからも決めきれない場面が目立ち、そのまま流れを変えられずに2セットを連取された。「インカレ(全日本学生選手権)では1年生らしく誰にでも向かって戦っていけるようにしたい」(辻)と、次の大会での雪辱を誓う。

 宮地が山崎香との先輩後輩対決を制した。「クレーコートが自分のプレーと合わないというのがあった」(宮地)と、第1セットでは宮地が思うようにプレーできず、0-6で取られる一方的展開に。しかし「2セット目からはいろいろ作戦を立てて、立て直した」との言葉通り、次第に自分のプレーを取り戻す。第2セットを6-2で取ると、続く第3セットも6-4で取り勝利。ダブルスでは間中・宮地組が梶谷・林組に競り勝った。第1セットを3-6で取られ、第2セットも2-5とされる。しかしそこから「お互いのやることをしっかりやろうという話をした」(宮地)と、4ゲームを連取。その後タイブレークとなったがなんとかこのセットを取る。第3セットも接戦となったが6-4で粘り勝ち。次戦に向け弾みをつける勝利となった。

粘り勝ちで準決勝進出を決めた宮地

 シングルスでは宮地と吉冨愛子(スポ2=愛知・椙山女学園)が準決勝進出。宮地の相手は辻を下した山下。互いに粘りが持ち味なだけに、ラリー戦が予想される。吉冨は山学大のエース格である久次米夏海と対戦。決勝でワセダ対決が見られるかどうかに注目が集まる。

(記事 川又聡史、写真 植田涼介)

★古田、今井が単複で輝く

 男子シングルス準々決勝に大城光(スポ3=埼玉・秀明英光)、岡村一成(スポ3=岡山操山)、古田陸人(スポ3=愛知・名古屋)、今井慎太郎(スポ2=神奈川・湘南工大付)が登場。岡村は第一シードの小野陽平に敗れたが、大城は今大会躍進した日大丹野翔太を破る。古田は慶大の主力近藤大基を、今井は法大の若手小村拓也を2セット先取し圧勝した。両名は男子ダブルス2回戦にも登場し、亜大の小堺遠馬・長船雅喜組にストレート勝ちを収める。あしたは古田と今井の同士討ち、春関の再戦となる大城対小野が行われる。どちらも見逃せない一戦だ。

結果

▽男子シングルス

準々決勝
●岡村一成(スポ3=岡山操山)2-6、2-6小野陽平(明大)
○今井慎太郎(スポ2=神奈川・湘南工大付)6-1、6-1小村拓也(法大)
○大城光(スポ3=埼玉・秀明英光)7-5、6-1丹野翔太(日大)
○古田陸人(スポ3=愛知・名古屋)6-1、6-1近藤大基(慶大)

▽男子ダブルス

2回戦
○古田・今井組6-0、6-2小堺遠馬・長船雅喜組(ともに亜大)

▽女子シングルス

準々決勝
○宮地0-6、6-2、6-4山崎香
○吉冨愛子(スポ2=愛知・椙山女学園)6-1、6-2岩井綾音(スポ1=青森・秀明八千代)
●辻6-3、2-6、4-6山下ちなみ(青学大)

▽女子ダブルス

2回戦
●定兼由佳(社3=福岡・柳川)・山崎香組2-6、3-6池田玲・安形玲耶組(ともに慶大)
○間中早紀(スポ3=東京・早実)・宮地組3-6、7-6(5)、6-4梶谷桜舞(スポ2=東京・富士見丘)・林恵里奈(スポ1=福井・仁愛女)組

コメント

宮地真知香(社2=愛知・折尾愛真)

――シングルスの試合から振り返っていただきます。第1セットをとられてしまった要因と、その時の心境をお願いします

クレーコートが自分のプレー的に合わないっていうのがあって、きのうも帰りが遅くて、朝とかも毎日4時半とかに起きているので、きつかったです。あと相手もすごい良くて、最初は何してもダメだなという感じだったんですけど、2セット目からは色々作戦を立てて、立て直しました。

――具体的にどの辺を変えたのでしょうか

(自分の)ボールが浅くて相手が打ちやすそうだったので、しっかり深く打っていって、先にとにかく先に攻めようと思って、開き直って攻めていきました。

――先輩の山崎香選手が相手でしたが、印象はどうでしたか

どんなショットも、全部のショットが、オールマイティーで全部上手いので、ここを突いていけばとか、バックの方が、フォアの方が、というのが無いので、ここを狙おうという作戦よりは、ミスしてでも先に攻めようと思いました。

――次戦の山下選手はどういった選手という印象ですか

結構ボールも早いので、クレーコートでは結構厳しいかなって思うんですけど、サーブも早いし、ストロークもいいので。

――脚にテーピングを巻かれていましたが、脚はどういった状態ですか

そんなケガをしているっていうわけではなくて。いつもハード(コート)でやっていて、こういうクレー(コート)でやると滑って、脚の内側の筋肉のいつも使わないところを使うので、そこがちょっと弱くて痛めやすいというのがあって。ひどくならない内に筋肉固定して。こっちの方が動きやすいのでこうしています。

――次にダブルスの試合ですが、中断試合ということで何か影響はありましたか

流れがどうとかはなかったので、あんまり影響はなかったです。

――第2セットでゲームカウント2-5までいきましたがどのように巻き返しましたか

2-5までは私と間中さんのお互いのいいところが出ていなかったので、お互いのやることをしっかりしようという話をしたら、結構うまくはまりました。そこからはお互い良い試合ができたかなと思います。

――次戦の金子真理子・入江真子組(ともに専大)の印象は何かありますか

全然やったことがないんですけど、二人ともダブルスが上手いので、きょう勝ったことを自信にして、きょうみたいな試合ができたらいいなと思います。

――最後に今大会の意気込みをお願いします

残り試合少ないので頑張ります。

辻恵子(教1=東京・早実)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

ファイナル(セット)で負けてしまうという結果だったんですけど、ファースト(セット)取ってから少し守りに入る部分が多かったので、もう少し1年生らしさというか強気で攻めていけたらもうちょっとポイントが取れたのかなと思います。

――相手とは関東学生トーナメント(春関)のときにも対戦していますが、そのときと今回とで何か違いはありましたか

春関のときは相手の方が就活中であまりテニスできていないとおっしゃっていたんですけど、今大会はすごく気合いも入っていて私の前の試合もすごく強い人だったんですけどそれにもちゃんと勝っていて、強かったです。

――マッチポイントを握ってもなかなか決めきれない場面が多かったように思われたのですが、いかがですか

ポイントになったときに相手が守ることなくちゃんと攻めてきて、こっちはどっちかというと守りに入ることが多かったので落とすことが多かったです。

――クレーコートの感想はいかがでしたか

クレーでできて良かったです。

――今大会を通して何か課題は見つかりましたか

インカレ(全日本学生選手権)がもうすぐあるので、自分からもう少し攻めていけるように気迫も出して、1年生らしく誰にでも向かって戦っていけるようにしたいと思います。

――あとインカレまで2週間程ですがどのように調整していきたいなどありますか

あしたは1日休んでその後からいつも通りの練習になると思うんですけど、自分の課題であるサーブリターンが今回あまり良くなかったのでそこを重点的に調整して、インカレでは一本目から攻めていけるようにしたいと思います。