軟式庭球部

2013.08.06

第67回全日本大学対抗選手権 8月3日 山形市総合スポーツセンターテニスコートほか

連覇に向け好発進!

 関東春季リーグ戦、全日本大学王座決定戦に続き、女子部が狙うのは全日本大学対抗選手権(インカレ)制覇。初日は龍谷大、昭和学院短大と激突したがどちらもストレートで撃破し、前回女王というプレッシャーをはねのけ順調な滑り出しを見せた。

 2回戦から登場したワセダは、初めに龍谷大と対戦した。1番手として出場した加瀬祐佳(スポ2=東京・文大杉並)・脇田愛(社3=岡山・就実)組が4-0で勝利し流れをつくると、2番手には小林奈央(スポ2=香川・尽誠学園)・石井友梨主将(人4=広島・鈴峰女)組が登場。昨年のインカレ個人戦で優勝を飾ったペアであり、息のあったプレーで圧倒し力の差を見せつけた。続く3番手の柏原真由美(スポ4=広島・鈴峰女)・大槻麗(スポ3=広島翔洋)組も相手に1ポイントも与えない完全試合を成し遂げ、3回戦進出を決めた。

ボレーをする脇田

 迎えた昭和学院短大戦。加瀬が相手を左右に揺さぶり返ってきた甘いボールを、脇田が長身というリーチを存分に生かしコートにたたき込む。立ち上がりの1ゲームこそ落としたものの、4-1で快勝した。小林・石井組は小林がカットサーブで崩し、石井が巧みなボレーで点を積み重ねる。終始安定したコンビネーションで相手を翻弄(ほんろう)し圧勝。柏原・大槻組は一時3-1とされ窮地に追い込まれたが、2ゲーム連取し追い上げると勝負はファイナルゲームへ。波に乗った柏原・大槻組は相手のミスを誘い7-3でファイナルゲームを奪取し、ワセダは3回戦を突破した。

圧巻の強さを見せつけた小林・石井主将組

 2連覇が懸かる今大会だが選手たちが意識している様子はあまりない。「楽しんでやれば結果はついてくる」という柏原の言葉が全てを体現している。現状のチームで、現状のメンバーで優勝をつかめるか。あす、決戦を迎える。

(記事 加藤千暁、写真 岩本剛志)

結果

▽2回戦
早大○3-0龍谷大
加瀬・脇田○4-0藤岡・二村
小林・石井○4-0森本・山本
柏原・大槻○4-0徳富・森

▽3回戦
早大○3-0昭和学院短大
加瀬・脇田○4-1石田・黒川
小林・石井○4-1湯浅・高橋
柏原・大槻○4-3茂住・板垣

コメント

石井友梨主将(人4=広島・鈴峰女)

――きょうの試合を振り返って

みんな相手を受けることなく向かって行けたので、そこはすごく良かったかなと思います。

――チームの調子としてはいかがですか

全員がそろってインカレ前合宿できたのがきのうだけだったので、その分やはり他大と比べたらみんなのできが良いかといったらそうでもないですけれど、できが悪い方が良いこともあるのであすから徐々に上げていけたらいいなと思います。

――ご自身の調子は

4年間で1番悪いくらいなんですけど試合を重ねるにつれて良くなってはきているので、焦らずにやっていきたいです。

――小林さんとのペアはいかがですか

球筋が良いところがあって、相手を攻められるというか相手に差し込むボールがあるので私もそんなにしっかり守らなくていいというのと、大胆なポジションを取って(ボールを)追えるというのがすごくやりやすいです。

――インカレの目標は

もちろんインカレ2連覇です。

――あすに向けて一言

あしたはもっともっと相手もしつこくやってくるだろうし、実力的には結果としても残っている分やりにくいところもあるんですけど、自分たちが攻めていくという気持ちで向かって行けたらいいなと思います。

柏原真由美(スポ4=広島・鈴峰女)

――きょうの試合を振り返って

勝ちたいという思いが空回って、それが自分を固めてしまったので、腹くくってもっと楽しくテニスがやれればよかったです。

――チームは王座優勝からいい流れでしょうか

王座からのいい流れというよりは、チームとしてインカレ優勝という目標を掲げて、チームをつくってきました。それがみんなの中で強まっていい雰囲気になっています。

――ご自身の調子は

気持ちが先に出ている部分があるので、あすはじっくりやりたいです。楽しんでやれば結果はついてくると思います。

――連覇に対してプレッシャーはありますか

連覇というよりは私たちの代での優勝と考えていますので、特にはありません。

――あすに向けて

腹くくってみんなで楽しくテニスがしたいです。そして結果がついてくればと思います。