メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2021.04.04

第22回早稲田スポーツ新聞大賞 結果発表

 大変長らくお待たせいたしました! 読者の皆様からの投票、ならびに早スポ記者の投票により2020年度輝かしい活躍を見せた選手・体育各部を選出する、『第22回早稲田スポーツ新聞大賞』の結果発表を致します。今回も1000人を超える読者の皆様から投票をいただきました。この場を借りて厚くお礼申し上げます。

※なお、この投票結果については、4月4日発行の「新入生歓迎号」の2面にも掲載されております。当ページと合わせて是非ご覧ください。

※新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の影響で新歓号の発行が延期されたため、本大賞結果発表も例年より遅れることとなりました。何卒ご了承ください。

〇個人賞部門

【個人大賞】

大塚達宣(男子バレーボール・スポ3=京都・洛南)得票数243

【敢闘賞】※個人大賞部門の次点より当新聞会が選定

早川隆久(野球・令3スポ卒=現東北楽天ゴールデンイーグルス)得票数204

〇団体賞部門

【団体大賞】

男子バレーボール部 得票数281

〇新人賞部門

【新人大賞】

西山真瑚(フィギュアスケート・人通2=東京・目黒日大)得票数364

★早稲田スポーツ新聞大賞

 早稲田スポーツ新聞会40周年を記念して2000年(平12)から設けられた読者参加型企画。個人大賞、団体大賞、新人賞、敢闘賞の4部門に分けて受賞者を選定し、新入生歓迎号とホームページ上で発表している。ホームページ・ツイッターによる読者投票を1票1ポイントの合計点から各賞を決定する。

(編集 小山亜美)

<< 一覧へ戻る