メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.06.07

接戦制しリーグ戦初白星!

TEAM 1P 2P 3P 4P
早大 12
新潟産大
▽得点者
大竹2、小西2、徳用2、田中2、小路2、齋藤2

 関東学生リーグ戦(リーグ戦)2試合を終えていまだ勝ち星のない早大はこの日、大雨の中で新潟産大と対戦した。試合は点を取りあう一進一退の展開となる。しかし、第3ピリオドに田中寧葉(スポ3=埼玉・秀明英光)のシュートで勝ち越しに成功すると新潟産大の攻撃をしのぎ、12-8で待望の白星となった。

ポストプレーで強さを見せた小西

 当日のアクシデントで斉藤美奈都(スポ4=茨城・聖徳大取手聖徳女)を欠き4年生一人のみで挑んだ試合は、第1ピリオドから両者譲らない攻防を見せる。互いに1点ずつを取ると、この試合からチームに合流した小西晃代(社3=埼玉・秀明英光)がポストプレーから見事なシュート。リードを奪うも、相手のセンターフォワード小出未来(新潟産大)を抑え切ることができず5-5と同点で第2ピリオドを終えた。

 こう着状態が続いたが、後半に入って流れは早大に傾いた。退水(※)からのピンチをGK長島佳世(人4=茨城・聖徳大取手聖徳女)がセーブ。長島はその後のピンチでも得点を与えずチームを鼓舞すると、田中、徳用万里奈(社1=埼玉・秀明英光)がゴールを決め一気に加点する。第3ピリオドを9-7で終えると、最終ピリオドでも3つのシュートで得点差を広げ待望のリーグ戦初勝利をつかんだ。

唯一の4年生として奮闘した長島

 試合後、木下智貴監督(平24年スポ卒=埼玉・伊奈学園)は「ベストメンバーではない中で良く戦った」と選手の働きを評した。これでリーグ戦は折り返し地点を迎え、次戦は東女体大とのマッチアップとなる。前回の試合では第1ピリオドに大量失点を喫しているだけに、「最初から飛ばしていきたい」(小路安希、スポ2=埼玉・秀明英光)と選手たちも気合は十分だ。東女体大相手にリベンジを果たせるか、注目が集まる。

※重大なファウルを犯した選手は、20秒間ディフェンスに参加できない。

(記事 角田望、写真 荒巻美奈)

関連記事

王者相手に確かな手応え、課題はスタミナ(6/03)

序盤の失点響き敗戦(5/31)

コメント

木下智貴監督(平24年スポ卒=埼玉・伊奈学園)

――きょうの試合を全体的に振り返ってみていかがですか

急遽病人がでてしまったり、主将(固城侑美、スポ4=東京・藤村女)もいないという状況で、ベストメンバーではない中で良く戦ったかなと思います。

――先週の初戦後のインタビューでは上級生のリーダーシップという点を話されていましたが、ここ2試合ではどうでしたか

先週の日曜日も良くなってきたかなと感じましたし、きょうも4年生は一人だったんですけど3年生と協力し合いながら上級生としてまとめていたので良かったと思います。

――相手センターフォワードの6番の選手に苦しんでいました

ワセダのチームカラー的にああいう選手とは合わないので、毎回ですが戸惑いましたね。

――リーグ戦半分を振り返ってみていかがですか

まだベストメンバーで試合できたことがなくて、それがあしたなので、あしたどういう試合をするかでことし1年がなんとなく分かると思います。

――これからの修正点を挙げるならどこですか

退水というプレーのときに決定率も阻止率もすごい低くて、それで今季から新しいルールに変わって退水が増えるだろうということで、攻撃と守りの決定率、阻止率を高めることが勝利につながると思うのでそこですね。

長島佳世(人4=茨城・聖徳大取手聖徳女)

――試合を終えての感想は

きょうは4年生が私しかいない中での試合だったので、同期には申し訳ない試合をしていしまったと思います。

――どういった点が納得いきませんでしたか

永退者も出していて、そこで点を取らなければならないのになかなか点が取れなかったり、簡単なパスミスとかで逆に点を取られてしまったりしていたので、そういった部分が反省点です。

――中盤までは取りつ取られつという展開になりました。きょうはどういったゲームプランだったのでしょうか

基本はあたりで試合をしていましたが、あたり遅れだったりとか意思の疎通ができていなくてミスが多くなってしましたね。

――しかし、第4ピリオドに連続得点を奪い試合を決めました。リーグ戦初勝利となりましたが

喜んでいいはずなんですけど、あんまり喜べないなと…。

――4年生唯一の出場者として意識していたことは

いつもは美奈都(斉藤、スポ4=茨城・聖徳大付聖徳女)とか侑美(固城主将、スポ4=東京・藤村女)がゲームメイクしてくれるんですけど、ゲームメイクや指示を出してくれる人がきょうはいなかったので、どうしようという戸惑いもありました。でも私なりにできることをやって試合に臨めたかなと思います。

――雨の中の試合となりましたが、プレーに影響はありませんでしたか

少し寒かったのと、風があるとボールの向きとかも変わってしまう部分はありますが、でもきょうはそんなに影響なかったと思います。

――これでリーグ戦も折り返し地点です。いまのチーム状況をどのように捉えていますか

まだちょっと歯車がかみ合っていないなと感じる部分が多くあるので、そこは練習中にしっかりと埋めていって、しっかりと歯車が合うようなゲームができるチームになれればと思っています。

――ことしは1年生も多いチームとなっていますが、雰囲気は

毎年ワセダは仲が良いチームなんですけど、私も1年生はもともと顔見知りでしたし、さらに明るくなったなと。ちょっとうるさくなった感じはあります(笑)。でも本当に雰囲気は良いですね。

――今後に向けて

ワセダはカウンターで攻めるチームだと思っているので、カウンターを出せるように私がセーブして、プレイヤーにもっと楽にプレーさせてあげられるようなプレーを私もしていきたいです。

小西晃代(社3=埼玉・秀明英光)

――きょうの試合を振り返って

4年生がいなくて指針を出す人がいなかったのですが、1年生もすごく頑張ってくれて良かったです。でも、全体的にディフェンス、オフェンスの流れが悪かったのでもっとしっかりとミーティングなりして、全員の意識統一が大事だなと思いました。

――きょうはリーグ戦初勝利となりましたね

私はいなかったのですが、日体大戦の時にすごく良い試合をしていたということを聞いていて、新潟産業にはきょねんの試合で負けていたので、勝ちたいなと思っていました。

――日本代表の合宿を終えてきょうが初めてのワセダのチームでの試合となりましたが、何か意識されたことはありますか

代表と戦術が違うので、帰ってきてから初めてこっちで一緒にゲームをしたので合わせなくてはいけないなと思ったのですが、合わせられなかったですね(笑)。

――代表とワセダでは戦術は大きく異なりますか

戦術も違いますし、オフェンスにしてもディフェンスにしても意識することが違ったりするので、その辺はしっかりと切り替えてやらなければいけなかったなと思います。

――ことしのワセダのチームの印象は

1年生がまだ入ってきたばかりなのですが、積極的に頑張ってくれていてこれからも継続してやってくれたら嬉しいですし、きょうは4年生が一人しかいなかったのですが、いない間に2、3年生でみんなでしっかりとやっていたんだなと思いました。

――最後にあしたに向けてお願いします

あしたは東女体大戦で、個人的にきょうはダメダメだったので。もう一回いまからミーティングをするのですが、そこで意識統一してあした勝ちたいなと思います。

小路安希(スポ2=埼玉・秀明英光)

――初勝利おめでとうございます。きょうの試合を振り返ってチームの雰囲気はいかがでしたか

4年生の2人が休みだったのですが、1~3年生のみんなでそれなりに団結してできた試合だったと思います。

――では、ご自身のプレーはいかがでしたか

まあまあです(笑)。

――ご自身のプレーに点数をつけるとしたらどれくらいですか

50点ですね。きょうはいつもと違って、いこい(大竹、教1=東京・藤村女)が右に入っていたのですが、新しい人との連携ということもあって、いつもと違う感覚だったのでそこで少し調子が上がりませんでした。

――ここで折り返しとなりますが、3試合の中で一番思い出に残った試合はありますか

日体大との試合ですね。いつも、日体はリーグ戦などでは1位のチームなのですが、第3ピリオドまで互角に戦えたことが良かった試合でした。あと、やっぱり日体大とやった時のほうがみんなガツガツしていましたね。相手によってチームの雰囲気が違います。

――残り3試合となりましたが、どのように戦っていきたいですか

とりあえず新潟産業には勝てたので、もう一回勝ちたいと思います。あと、日体大にも勝ちたいです。東京女子大は、この間の試合の第1ピリオドで良くない結果だったので、最初から飛ばしていきたいです。

徳用万里奈(社1=埼玉・秀明英光)
――今季初勝利となりました。試合を振り返っていかがですか
試合には勝ったんですけど、まだまだ足を引っ張ってしまう部分がありました。
――相手のセンターフォワードが強力だということで、センターバックとして何か対策はありましたか
チームで決めごととして、ディフェンス中心のチームなので、だいたいこういうところについているから、ということでポジションを決めていました。
――早大に入って間もないですが、周りとの連携ということで、やりにくさはないですか
先輩方がサポートしてくれているので大丈夫なんですけど、やっぱり強い人と当たることが多いので、そこは負けずに頑張っていきたいです。
――ご自身の持ち味はどのようなものだと思われますか
他の人より足は強い方だと思うので、そこで強い人と当たっても負けないような選手になりたいです。
――プレーの中で、反省点はありましたか
自分としてはもうちょっとパス回しなどで視野を広く持って、しっかりと丁寧にパスをだせるといいと思います。
――関東学生リーグ戦も1周目が終わりました。2周目に向けて、一言お願いします
先輩達、チームの足を引っ張らずにしっかり自分のやりたいことをやって戦っていきたいと思います。

<< 一覧へ戻る