メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.06.01

エースが被弾し、先勝許す/慶大1回戦

慶大1回戦
慶大
早大
(慶)○加藤拓-小笠原、須藤

(早)●有原、内田-土屋

◇(慶) (本塁打)竹内惇2号2ラン

 (早) (二塁打)小野田、武藤

 観客で埋め尽くされた満員のスタンド。勝ち点を手にした方が優勝という状況。早慶戦――。春季リーグ戦最終節を迎えた神宮球場は高揚感で異様な熱気に包まれていた。勝てば優勝に王手をかけることとなる慶大1回戦は相手の暴投で早大が先制するも、7回に6番・竹内惇に2点本塁打を浴び逆転を許す。その後好機をうかがうも点を返すことができず1ー2。エース有原航平(スポ4=広島・広陵)がまさかの今季初黒星を喫し、早大は天王山のカード初戦を落とした。

 この日も第1戦の先発のマウンドに上がったのはエース有原。 初回から150キロ越えの直球で三者凡退に抑え、上々な立ち上がりを見せる。走者を出してもテンポの良い投球を続け、6回まで無失点。先発としての役割をしっかりと果たしていた。しかし7回一死の場面で藤本知に安打を許すと、迎えるは今季好調の竹内惇。暴投の直後の5球目を右翼スタンドに運ばれ、逆転の2点本塁打とされてしまう。歓喜に沸くライバルを横目に膝に手をつき肩を落とす有原の姿がそこにはあった。それでも直後、抜ければ長打という当たりを中堅手・中澤彰太(スポ2=静岡)が飛び込み、流れをこれ以上相手に渡さないとばかりの好捕球。その後代わった内田聖人(教3=東京・早実)も2回を一人も走者を出さない好投で締め、味方の反撃を待った。

力投するも負け投手となった有原

 5回に相手の暴投で先制点を挙げたものの、慶大先発・加藤拓也の前に拙攻に終わった打撃陣。初回は安打と盗塁で1死二塁の好機をつくり、2、4回には先頭打者が二塁打で出塁するもいずれも得点には至らず。得点圏に走者を進めながら決定打を欠く場面が目立った。5回には武藤風行(スポ4=石川・金沢泉丘)の鋭い打球を中堅手・藤本知の好守に阻まれるなど相手が守備からリズムをつくりあげていく一方で、早大は徐々に調子を上げる加藤拓の勢いに抑え込まれ、追い上げならず。防御率リーグトップの実力者が淡然と立ちふさがった。

7回の好機で凡退し肩を落とす重信

 互いに観客をくぎ付けにするプレーが飛び出し、これぞ伝統の一戦という両校の意地と意地のぶつかり合いを感じさせたこの試合。その度に球場全体から惜しみない拍手が送られ、岡村猛監督(昭53二文卒=佐賀西)も「早慶戦らしいいいゲーム」と評した。しかし、「負けたら何にもならない」と続けたように『勝利』というかたちで結果を残せなかったことが悔やまれる。早大がカードの初戦を落とすのは今季初。11季ぶりの完全優勝に向けて残された道は連勝のみとなった。窮地に立たされたいまこそ、その真価が問われている。

(記事 荒巻美奈、写真 建部沙紀、目良夕貴)

★今季初被弾…

 ここまで被本塁打はゼロだった早大。春季リーグ戦11試合目にしてチーム初被弾を喫した。あすは今季計12本塁打を誇る稲穂打線の『お返し』となる本塁打は生まれるか!?

有原

黄字は打点付き

早大打者成績
打順 守備 名前
(二) 中村奨吾 .220 三ゴ    遊ゴ    四球    左飛      
(左) 重信慎之介 .250 左安    右飛    打妨    一ゴ      
(中) 中澤彰太 .289 空振    左飛    左飛       三直   
(一) 武藤風行 .439 四球       右2 中飛       遊ゴ   
(三) 茂木栄五郎 .308 中飛       左飛    見振    二ゴ   
(右) 小野田俊介 .333    左2    捕邪    三ゴ       一邪
(遊) 河原右京 .233    三犠    四球    空振       遊ゴ
(捕) 土屋遼太 .385    右飛    二ゴ       投安      
石井一成 .100                         空振
(投) 有原航平 .100    空振       右飛            
三倉健 .000                投犠      
内田聖人 1.000                           
早大投手成績
名前
有原航平 1.41
内田聖人 0.84
関連記事

投打に粘り 勝ち点を4に伸ばす/明大3回戦(5/19)

竹内が粘投も中継ぎ陣が踏ん張れず/明大2回戦(5/18)

有原の好投で明大に先勝/明大1回戦(5/17)

コメント

岡村猛監督(昭53二文卒=佐賀西)

――試合を終えてみて一言お願いします

早慶戦らしいいいゲームでしたけどね。負けたら何にもならないのでまたあした頑張るしかないです。

――中澤彰太選手(スポ2=静岡)や慶大でも藤本知輝選手であったりと気迫あふれるプレーが多々見られました

そうですね。非常に双方とも集中していいプレーが多かったように思います。

――本塁打での失点は今季初とのことです

そうでしたか。こっちもホームランを打つこともあるし、当然打たないこともありますからね。打った竹内惇君のバッティングが素晴らしかったと思います。

――有原航平投手(スポ4=広島・広陵)の調子はどう映りましたか

悪くなかったと思いますよ。辛抱強く投げてくれていましたから。

――打線に関しては加藤拓也投手(3年)のストレートに押し負けてるように見えましたが、いかが思いますか

やっぱり防御率が物語っているようにそんなに失点しないピッチャーなわけですから、なかなか簡単には得点できないということなんでしょう。実績通りというとこじゃないでしょうか。

――いつもと違う雰囲気の中で選手の方々は平静にプレーできていたでしょうか

普通にやってくれていたと思います。ただ結果が結果だけにそれが全てだと思いますね。

――最後にあすに向けて意気込みを

絶対勝ちたいと思います。

<< 一覧へ戻る