メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.05.31

序盤の失点響き敗戦

TEAM 1P 2P 3P 4P
東女体大 15
早大
▽得点者
小路5、田中2、斉藤

 男子部の関東学生リーグ戦(リーグ戦)開幕から1週間遅れたこの日、女子部のリーグ戦も始まった。初戦は強敵・東女体大との対戦。昨年度の日本学生選手権で白星を挙げた相手に対し、第1ピリオドに攻め立てられ大量7点のリードを許す。中盤に追い上げを見せるも序盤の得点差が響き黒星スタートとなった。

 今季初の公式戦となった東女体大戦。早大は固城侑美主将(スポ4=東京・藤村女)、小西晃代(社3=埼玉・秀明英光)の主力2人が日本代表の強化合宿でチームから離れている中での戦いとなった。第1ピリオド、連携がうまくかみ合わずに劣勢に立たされると連続失点を奪われる。田中寧葉(スポ3=埼玉・秀明英光)を中心に早大も相手ゴールを脅かすもののポストに嫌われ得点はならず。「完全に泳げていなかった」と斉藤美奈都(スポ4=茨城・聖徳大取手聖徳女)が分析するように7点ビハインドの0-7というまさかの立ち上がりとなってしまった。

5得点の小路

 チームで修正点を話し合い迎えた第2ピリオドに入ると、早大は徐々に自分たちの泳ぎを見せ始める。開始直後に田中の遠目からのシュートで待望の得点を挙げると、小路安希(スポ2=埼玉・秀明英光)のミドルシュートで加点。点差を縮め、第3ピリオド終了時には4点差にまで追い詰めた。だが、最終ピリオドでは大竹いこい(教1=東京・藤村女)のパスから田中がゴールを決めるもその後再び突き放され8-15で敗戦。強敵相手に勝利を収めることはできなかった。

ディフェンスで活躍した徳用

 敗れたものの、大学生として初試合となったルーキーたちも躍動したこの試合。齋藤有寿(スポ1=山形工)は体の強さを武器に相手の退水(※)を誘発しチャンスをつくり、徳用万里奈(社1=埼玉・秀明英光)は守備で持ち味を発揮するなど、大竹、大久保映見(人1=大阪・茨木)と4人のルーキー全員が出場しそれぞれ個性を出した。あしたは女王・日体大とのゲームが控える。きょう出た課題を再確認し、全員が挑戦者の気持ちを持ち貪欲に勝利を奪いにいく。

※重大なファウルを犯した選手は、20秒間ディフェンスに参加できない。

(記事 角田望、写真 芝原健輔)

コメント

木下智貴監督(平24スポ卒=埼玉・伊奈学園)

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

全然駄目だったというのが正直なところです。

――今シーズン初戦ということでしたが、手応えや課題はどこに感じましたか

上級生のリーダーシップをもっと期待したいなと。きょうは全然それが見受けられなかったので。

――第2ピリオド以降は競った展開でしたが、第1ピリオドと変わったところはどこですか

上級生の統率力、試合への気持ちが2ピリ目で変わって、4ピリ目で切れてしまったのかなと思います。

――1年生の動きはいかがでしたか

いままで高校生としてプレーしてて、レベルが上がった大学生としての初戦だったので、良く頑張っていたと思います。

――次戦に向けて修正したい点は

上級生のリーダーシップですね。自分も(リーダーシップを)発揮しないといけないのですが、上級生と自分が頑張りたいと思います。

斉藤美奈都(スポ4=茨城・聖徳大取手聖徳女)
――今季初戦、戦ってみていかがでしたか
チーム的にもまだ合わない部分も多かったですし、退水を決めきれなかったのが一番大きいのと、個人的には永久退水になってしまったので、そこは反省点かなと思います。
――ついた点差ほどの力の差はないように見受けられましたが、いかがですか
そうですね。練習試合もさせてもらっていた中で、そんなに力の差はないと思うんですけど、公式戦でルールも変わって初めてだったので、合わせられなかったというのもあります。あとはアップ不足というのも関係してくるんですけど、泳げていなかったというのが一番の原因かなと思います。
――第1ピリオドの点差が最後まで響きました。やはり体が温まっていなかったということでしょうか
そうですね。完全にみんな泳げていなかったですね…。気持ちを引き締めてまたあした頑張らないとな、と思います。
――日本代表に入っている固城侑美主将(スポ4=東京・藤村女)、小西晃代選手(社3=埼玉・秀明英光)がいない中で、ルーキーが出場しました。上級生の目から見て、いかがでしたか
有寿(齋藤、スポ1=山形工)も、いこい(大竹、教1=東京・藤村女)も頑張ってくれて、私が永久退水している間に映見(大久保、人1=大阪・茨木)も出られて、すごく良かったと思います。万里奈(徳用、社1=埼玉・秀明英光)もディフェンスの面でも活躍してくれていたし、良かったですね。
――あしたは昨季王者・日体大との試合となります。意気込みを
あしたはホームのプールなので自分達のやりたいプレーをちゃんと出せるように頑張ります。

齋藤有寿(スポ1=山形工)

――初戦を終えて、率直な感想をお願いします

やはり大学の初めての試合ということで、楽しみで迎えたんですけど実際にやってみたらすごくレベルが高くて、ついていくのにいっぱいいっぱいだったので、すごく課題の残る試合でした。

――リーグ戦に向けてはどのような準備をしてきましたか

チームがなかなか練習時間も合わなくて、バラバラで練習することが多かったので、できるだけ時間があるときにチームの連携の確認などをしてきました。あと体力面も強化してきました。

――きょうの試合を振り返って

課題がたくさん見つかったので、それを明日の次の試合でそれをしっかり克服してチームの勝利に貢献できるようになりたいです。

――攻めきれないところもありましたが

やはりそこも大きな課題だと思うので先輩方や同期の子たちと動きの確認をして次に結び付けられるようにしたいです。

――リーグ戦の目標は

キャプテンが不在ということでなかなかチームが定まらない感じはするんですけど、後の試合も全勝していってリーグ優勝したいと思います。

――次戦に向けての意気込みをお願いします

私自身が得点を取るポジションなので、もっと得点に絡んでいきたいです。

<< 一覧へ戻る